プロジェクト概要

<目次>

1.はじめに

2.今回のプロジェクトで挑戦すること

3.今回のプロジェクトに挑戦する理由

4.プロジェクトの進め方

5.クラウドファンディングで進める理由

6.最後に

 

================

 

 

ページをご覧いただき、ありがとうございます。今回のプロジェクトの発起人 佐藤たけるです!

 

熊本県出身、東京在住の25歳で、普段は、WEBエンジニアの仕事をしております。

 

また、ラッパーとして東京都内でライブ活動も行なっております。

 

画像左の、メガネかけたホクロの人が僕です。
画像左の、メガネかけたホクロの人が僕です。

 

 

 

今回挑戦するのは、ブランドスイカ専門店のお店づくりです。

 

日本全国にあるブランドスイカ(高級スイカ)の農家さんと、スイカ好きを中心とした消費者さんを直接繋ぐ架け橋になるべく、このプロジェクトを立ち上げました。

 

たくさんの方を繋ぐ架け橋となるべく、インターネット上にお店を構え、誰でも好みのスイカをわかりやすく購入できるサイトを作ります。

 

その名も、ブランドスイカ専門店「あまいスイカ」です!

 

※あまいスイカTOPページ完成イメージ

 

※あまいスイカショップ詳細ページ完成イメージ

 

このサイトでは、地域性やこだわりを持った全国のスイカ農家さんが、腕によりをかけたブランドスイカを出品します。

 

ブランドスイカとは、普段食べることのできない、スーパーには売ってない、品質が保証されたスイカのことです。

 

「高級フルーツ」と言えば、マンゴーやメロンをイメージされる方が多いと思いますが、実はスイカの中にも、高級フルーツに分類されるものがあります。

 

今年、北海道で行われた高級スイカの初競りでは、1玉75万円という価格で落札され、話題になりました。

 

あまくて美味しいスイカはツルが青く、しま模様がハッキリしている。

 

スイカは、トマトよりもリコピンが豊富に含まれており、老化防止や疲労回復の効果があるとされています。健康的で美味しいのはもちろんのこと、美容業界でも注目されており、スイカの化粧水が販売されているほどです。子どもがムシャムシャと食べているイメージのあるスイカですが、女性のニーズも高まっているのです。

 

農家さんにお願いして、老若男女問わず愛されるスイカに、大切な人の名前やメッセージを彫ってもらい、「贈り物」として相手に届ける。「あまいスイカ」では、そんな素敵な販売方法が可能になっています。

 

ブランドスイカの認知や新たな可能性を広めていくとともに、大切な人への贈り物としても使っていただけることを目指して、このプロジェクトを進めています。

 

スイカがある程度大きくなると、このようにメッセージを自由に書くことができる。
​​スイカの柔らかい皮の部分に書くので、スイカ自体は痛まないとのこと。

 

 

 

今回「あまいスイカ」を制作・リリースしようと思った理由は、2つあります。

 

1つ目は、シンプルに僕が「スイカが大好き」だからです。

 

全国からブランドスイカを取り寄せて食べるほどスイカが好きで、今年は13玉スイカを食べました。

 

スイカを好きになったきっかけは、高校生の時、知り合いのスイカ農家さんからいただいた「ブランドスイカ」でした。ブランドスイカというものを初めて食べたのですが、その甘さと美味しさに感動し、すっかり魅了されていました。

 

大学を中退した後、初めての職場で嫌がらせにあい、もう死にたいと思うほど苦しんだ時、スイカを食べている時だけは幸せだと感じました。これまで、スイカに何度も助けられました。

 

僕にとってスイカは、元気をくれる食べ物です。

 

今何かに苦しんでいる人にも、美味しいスイカを食べて元気になってほしいし、このプロジェクトを通して、1人でも多くの方に「スイカを食べて感動する」実体験をして欲しいと思っています。

 

「感動するくらい美味しいスイカ」を、一人でも多くの人に食べてほしい。

 

2つ目は、全国的にブランドスイカ農家さんが減少しているからです。

 

近年、"後継問題の深刻化"と、"こだわるほど儲からない仕組み"を理由に、ブランドスイカ農家さんがどんどん減少しています。

 

僕がスイカ好きになったきっかけをくれたスイカ農家さんも、上記の理由から、スイカ農家を引退されました。

 

スイカ好きの僕にとって、本当に美味しいスイカを作る農家さんが、次々に辞めていってしまうのが、もう悲しくて悲しくて。

 

以前、実際にスイカ農家さんに会いに行った時、オーナーの方から、「現状だと、息子に自信を持って "継いでくれ" とは言えない」と言われ、その一言がすごくショックで、落ち込みました。

 

スイカ農家の未来のために、僕は何ができるだろう。日本のスイカ業界をもっと盛り上げたい!という気持ちから、このプロジェクトを始めることを決心しました。

 

 

 

 

僕は、スイカづくりのプロではないので、「美味しいスイカ」を突き詰めて作ることは、その道のプロであるスイカ農家さんにお任せすることにしました。

 

では、僕にできることは何か?これまでITの会社で働いていた経験を活かし、スイカ農家さんの悩みを一気に解決できるサービスや仕組みを作ることなのでは?という考えに至りました。

 

 

僕がまずやったのは、スイカ農家さんのもとへ実際に足を運び、直接、”悩み” を聞きに行くこと。

 

複数の農家さんに直接お話を伺うことで、「スイカ農家の未来のために、僕ができることは何か?」がだんだんと見えてきました。

 

生産者の悩みを聞いた上で、売り手と買い手の双方にメリットが生まれるような仕組みづくりを考えました。そして辿り着いたのが、ブランドスイカ専門店「あまいスイカ」なのです。

 

このように直接お話を伺う中で、僕の熱意を真っ先に受け取ってくれて、「サイトが完成次第、すぐにうちのスイカを出品したい!」「全国にスイカファンを増やすために、是非出品したい!」「スイカ農家として、このような新しい取り組みにかけてみたい!」などと仰ってくださるスイカ農家さんにたくさん出会いました。

 

このプロジェクトに協力いただけることになった、熊本のブランドスイカ農家「つのだふぁ〜む」さんから、応援メッセージをいただきました。

 

このプロジェクトにご協力いただいたブランドスイカ農家さん、「つのだふぁ〜む」さんからの応援コメント。

 

サイトの仕様についても、多くの方にアドバイスをいただいたり、時にはお叱りいただきながら、日々アップデートを重ねています。

 

 

 

このサイトを、一人でも多くの方に知ってほしい!という気持ちや、資金調達という目的も、当然あります。でもそれ以上に、言葉にすることで、未来は変えられるんだということを、多くの方に伝えたいのです。

 

「こんなものあったら面白そう!」「あれやってみたいな!」など、素敵なアイディアを持っている方はたくさんいます。でも、実際に行動を起こすのはそのうち何%でしょうか。行動し、未来を変えて実現させるのはそのうち何%でしょうか。

 

今できない理由なんていくらでも思いつくし、後回しにすることなんて簡単です。

 

思っているだけなんて、もったいない。

 

言葉にすることは、行動で表せる。行動することで、未来は変えられる。

 

これは、いちラッパーとしても、僕個人としても、伝えたいことなんです。

 

なんの力もない、ただの会社員である僕が、リスクを背負うことも覚悟の上で、クラウドファンディングに初めて挑戦します。

 

このプロジェクトを通して、少しでも未来を良い方向へ変えていければと思ってます。

 

ラッパーとしてライブ中のタケル(画像左)。右は相方。

 

 

 

真っ直ぐに美味しいスイカを届けたい、スイカをもっと楽しんでもらえる仕組みを作るため、現時点で最大限できること、最善の選択肢を考え、悩みながら試行錯誤しております。

 

大好きなスイカの、そしてスイカ農家さんの現状を変えるための第一歩。それこそがこのプロジェクト、ブランドスイカ専門店「あまいスイカ」のオープンなのです。

 

このクラウドファンディング達成後は、アップデートを重ねながら、さまざまなコラボなども企画していきたいと思っています。

 

SNSでの投票の結果、​​「あまいスイカ」のロゴはこれに決まりました!

 

今回リターンでスイカを送っていただく「つのだふぁ~む」さんは、「こんな美味しいスイカ初めて食べた!」「来年も絶対買いたい!」と、お客様からも絶賛の農家さんです。お店では買えない、ここでしか買えない選りすぐりのスイカになってます。

 

試しに一度、ブランドスイカを食べていただいて、ご意見やご感想などいただけると幸いです。

 

勝手ながら、1人でも多くの方を巻き込んで「あまいスイカ」をオープンしたいと思っております!

 

ぜひ皆さまのご支援ご協力を、よろしくお願いいたします!!

 

カットスイカを全力でほおばる僕。​

 

スイカ大好き。​​​​​​

 

================

*お名前掲載のリターンに関する条件の詳細については、リンク先(https://readyfor.jp/terms_of_service#appendix)の「リターンに関するご留意事項」をご確認ください。

 


最新の新着情報

このプロジェクトを支援する
(※ログインが必要です)