皆さま,劇団ショウダウンです。

 

Readyforの新着情報ではご無沙汰しております。おかげさまで皆さんからのご支援金も無事振り込まれ,「マナナン・マクリルの羅針盤」を多くの方に観て頂くためのプロジェクトが本格的にスタートしました。

 

今回の記事では,英語・韓国語PR制作の状況について報告します。


1.英語概要のブログへの掲載

まず,マナナン・マクリルの羅針盤について英語の案内記事をブログに掲載しました。

 

2.Twitterでの英語情報の発信

また,Twitterで英語での概要ツイートも作成して,時間をおいて自動で発信できるように設定しました。

 

 

3.公演フライヤーへの英語タイトル,韓国語タイトルの掲載

この他,英語の題名に加え,韓国語の題名も掲載した,2018年版の公演チラシを製作しております。

マナナン・マクリルの羅針盤2018年版フライヤー画像
マナナン・マクリルの羅針盤2018年版フライヤー

 

この他,劇場以外へのチラシ配布など色々な形で公演情報を知ってもらう取り組みを進めて参りたいと思います。字幕上映ステージは東京公演の以下のステージに限りますので,ぜひお見逃しないように︕

  • 英語字幕︓8月12日(日) 15時と19時の回
  • 韓国語字幕︓8月14日(火) 15時と19時の回
  • 日本語字幕︓8月15日(水) 15時と19時の回

4.6月30日(土),7月1日(日)公演,蒼のトーテム公演のお知らせ

さて,「マナナン・マクリルの羅針盤」に先立ち,6月30日(土),7月1日(日)には,劇団員竹内敦子による一人芝居「蒼のトーテム」が上演されます。

最後に,6月14日(木)に配信した劇団からのダイレクトメールを転載します。
竹内敦子の挑戦,ぜひ見届けて下さい。

 

「マナナン・マクリルの羅針盤」のフライヤーが世界で⼀番早く受け取れるのはこの「蒼のトーテム」の公演会場です。お時間のある方はぜひ,大阪・船場サザンシアターまでお越し下さいませ!会場でぜひご挨拶できれば,そしてご支援頂いたことを直接御礼申しあげられれば,と思います。

 

以上,劇団ショウダウンでした。

 

******************
皆さまこんにちは!劇団員の竹内敦子です!
今回は6月30日~7月1日に行われる本番のお知らせです◎

今回は!なんと!
わたくしが一人芝居をさせて頂くことになりました!!
入団してからまだ2年の若手ではありますがこのようなチャンスを頂き、興奮と緊張とでドキドキしながら稽古に励んでおります。


୨୧┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈୨୧
劇団ショウダウン竹内敦子一人芝居
『蒼のトーテム』

目が覚めると、上空には
抜けるような青空が広がっていた。

周りを見渡せば一面の緑。
草原の先、小高い丘の上に建つ
朽ちた灰色の教会。

目的も、場所も、
そして自分のことも
何もわからぬまま
少女は教会の扉をくぐる。


会場
船場サザンシアター
大阪府大阪市中央区南船場2丁目4-19 大和ビル16号館 B1F
アクセス
◆大阪市営堺筋線・長堀鶴見緑地線「長堀橋駅」2B号出口より徒歩約2分 ◆大阪市営御堂筋線・長堀鶴見緑地線「心斎橋駅」より徒歩約10分

日時
6/30(土) 11:00/15:00/19:30
7/1(日)  11:00/15:00/18:00

チケット
一般 3000円 学生 2000円
(当日前売共)

※全席自由席
※公演時間は80分~90分程度を予定しております。

予約: http://ticket.corich.jp/apply/91181/001/

作演出 ナツメクニオ


**
2016年入団後、いきなり東京オンリー公演『黒船』で大役を任されるや、その後の『ドラゴンカルト』『レインメーカー』でも欠かせない中心メンバーの役を任される竹内敦子。
芸大の映画学科出身という強みを生かし、ショウダウンキネマの予告編の編集などでもその能力を存分に発揮し、存在感を増してきた竹内が
一人芝居で 名誉ある演劇賞、池袋演劇祭での大賞を獲得した林遊眠の背中を借り、ショウダウンの一人芝居に挑む。
ナツメクニオが渾身の書き下ろしでお贈りする、ショウダウン久々の一人芝居の新作『蒼のトーテム』ぜひともご期待ください。

୨୧┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈୨୧


ただいま絶賛稽古中ではありますが
初めての挑戦、大きなハードル、敵は自分自身
本当に苦戦し葛藤し毎日逃げ出したくなるような気持ちになりながら、たまにうぎゃお~!と喚きながら稽古を進めております。
夜中に不安になって飛び起きる程です。
これが産みの苦しみなのだと、
でもきっとこれを超えた先にきっと素晴らしいものが待っていると信じてもがいております。

物語は不思議でファンタジーでキラキラくるくるする素敵なお話です!
フライヤーは暗そうな雰囲気ですが、結構明るい!?
しかしちゃんとフライヤーの伏線も回収しているダークファンタジー???

しっかり楽しめる作品になっております!
あとは!私が!頑張るだけ!!!
どうか、どうか見届けてほしいです。
どんなもんやと、観に来てください。


劇団ショウダウン 竹内敦子
******************

新着情報一覧へ