先日、ソロモン国内での販売準備が着々と進んでいる様子をお伝えしました。

その販売開始に先駆けて、ソロモンの全国新聞「ソロモンスター(Solomon Star)」から取材を受けました。
PCCのマネージャーのJohnは、活動の歴史から現在を詳しく語り、記者の方々も興味深げで、PCCの活動も今後別記事で取り上げたいとのこと。

来月、現地駐在員が帰国する時に実際に記事が掲載された新聞を持ち帰ってもらう予定ですので、詳細は改めてお伝えします。
 


(右側で取材を受けているのがJohn。ソロモン諸島マライタ州PCCにて。)



気になるハチミツの売れ行きはというと…
首都ホニアラで営業活動を行ったところ結構な量のオーダーが入っているようです。
PCCの巣箱は準備中なので、まずは近隣の養蜂ネットワークを活用してハチミツを提供していくのですが、こうして需要が生まれることで、本当に少しずつではありますが、養蜂が現地の資源を活かした産業として育っていくことをとてもうれしく思います。

 

 

新着情報一覧へ