READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
さがす
ログインログイン・登録

【児童発達支援】子どもたちの成長の“いっぽ”を繋げたい。

片野由香

片野由香

【児童発達支援】子どもたちの成長の“いっぽ”を繋げたい。
このクラウドファンディングは達成しませんでした。支援予約はすべてキャンセルとなります。銀行振込みにより支援を行った方には、当社より返金が行われます。

支援総額

20,000

目標金額 2,000,000円

支援者
1人
募集終了日
2021年1月30日
募集は終了しました
1お気に入り登録
1人がお気に入りしています
このクラウドファンディングは達成しませんでした。支援予約はすべてキャンセルとなります。銀行振込みにより支援を行った方には、当社より返金が行われます。

1お気に入り登録
1人がお気に入りしています

プロジェクト本文

 

◉ごあいさつ

 

初めまして。プロジェクトリーダーの片野です。

私たちのプロジェクトを見て頂きありがとうございます。

 

短大を卒業後、保育園、学童クラブ、療育教室の仕事に携わってきました。

今までたくさんの子どもたちに出会い、子どもたちと共に経験し学んできました。

 

子どもたちの成長で

「先生、こんな事も出来るようになったよ」

など嬉しいこともたくさんありました。

その反面、保育士として子どもの成長で分からないこともたくさんありました。

「なんで泣き止まないんだろう・・」

「なんでお友達を叩くんだろう」

「なんで叫ぶのかな」など

保育士から見る目と療育から見る目では全く関わり方が違う事に気が付きました。

その中で、療育のプロである宮森と出会い、子どもたちの変化を目の前で見ていました。

よく聞く、発達障害と言う言葉。この言葉だけを耳にすると、障害なんだ・・と思われる方もいるかと思います。まずは受け入れ、子どもと関わり方を一つ変えるだけで、必ず変わります。

なかなか我が子を認められず、苦労される保護者の方もたくさんいらっしゃるかと思います。

 

法人名(予定)でもある「いっぽ」はその名の通り、一歩踏み出すことの勇気を・・と言う意味で付けました。私もこの法人設立のためにいっぽを踏み出します。

 

 

私たちプロジェクトチームは共に同じ療育教室で学んできた仲間です。

これまでいた事業所で療育をする中で、自分の療育の在り方が確立されていきました。

私と同じような信念を持った仲間で立ち上げたプロジェクトです。

最後までご覧頂ければ幸いです。

 

 

 

 

 

◉プロジェクトを立ち上げたきっかけ

 

先ほども触れましたが、最後に携わっていた療育教室で出会った児童発達支援管理責任者の宮森の療育に感銘を受けました。保育に携わってきた中で、これまで出会ってきた人の中で、これだけ養育者と子どもと真剣に向き合う人を見たことがなかったのです。宮森含め、他メンバーも私を信じてくれ協力してくれるからこそ、このプロジェクトを立ち上げるきっかけにもなりました。

 

 

みなさん、知っていますか?

現代の社会生活において、集団に適応する力が乏しく、色んなことが周りの友だちや大人と合わず、

何がどうおかしいのか、何が違うのか間違っているのか分かり合えず、上手に折り合いをつける

術を知らず、ただただ生き苦しさを感じている子どもたちがたくさんいることを知っていますか?

 

そのような生き苦しさを感じながら必死で毎日を過ごし、心のクッションをすり減らした挙句、

結果・・・

引きこもりや不登校、家庭内暴力、犯罪などの二次障害に発展し、誰にも理解されずに苦しんで大人になった人がいることを知っていますか?

 

このように誰からも理解されず、受け入れてもらえずに苦しんでいる人たちは、自らが望んでこのような事象を引き起こしているのでは決してなく、養育者がそのように育てたのでも無いのです。

 

「発達障害」と言う言葉をよく耳にするようになった方も多いと思います。

 

「発達障害」は外観では分かりずらく、発達に凹凸があるため、人よりも優れた力を持っているが、その反面、人よりも乏しい面があります。個性という表現で一括りにされることも多く、自分自身でもモヤモヤするところはあるんだけれど、これと言ってはっきりとした自覚症状がないため、発見されにくいのです。

 

一緒に生活している家族も育てにくさは感じていて、分かり合えず理解できないと感じてはいるものの

見た目は普通だしある部分は欠落していてもある部分は優れていると感じるところもあるので

それが障害と自覚するまでに時間を要してしまうケースが多いのです。

 

障害であることをなかなか受け入れられず、なんかおかしいと感じてはいるものの我が子は違う

成長とともに緩和されいくと信じてしまったり、周りの大人が友達が受け入れ、このこに合った配慮

があれば社会生活が問題なく送れる。周りが悪いと考え方を転換させてしまい、臭いものに蓋をし、見てみぬふりをした結果、取り返しが付かなくなってしまうケースもあるのです。

 

集団生活で生きにくさを感じ、集団生活に適応する力を身につけるにはどうしたら良いのか、どうしたら早期発見に繋がるのか・・という点に着目し、、

 

結果、早期療育というところにたどり着きました。

 

保育に携わるなかで、集団生活に適応できずみんなから外れ、問題行動ばかり起こし注意しても応じられず、好きなこととなると周りの子どもよりも能力は特化しているが、苦手なことには一切関わらない。なんていう子どもや、親の言うことが聞けず思い通りにならないと癇癪を起こし、手がつけられず、子育てに悩まれている親子さんたちをたくさん見てきました。

 

乳児期ではずっと眠っていて手のかからない子、言葉を発せず同じ行動を繰り返したりグルグル回ったり、高いところに登りたがったり。その逆もあり、泣いてばかりで夜も眠ってくれない。

抱っこしていないとすぐに泣いてしまう、食事も好きなものしか食べない。食べられるものが限られている。毎日同じ食事でも平気。など、どこか変わっているし育てにくい子。

このようなケースをいく通りも見てきました。

 

  • なんでこうなの?
  • どうして同じ失敗を繰り返すの?
  • 言っている言葉がどうして通じないの?
  • どうしていつも同じなの?
  • どうして思い通りにならないとパニック、癇癪を起こすの?

 

  • 私には理解できないところで大笑いする
  • 手を繋いで歩けない
  • じっとしていられない
  • 途中で中断することができない
  • こだわりが強い
  • 生活ルーティーンがある

 

なぜ?と思うお子様を育てている養育者の方たちは、自分の育て方に問題があるからと責め、改善する術もなく、苦しんでおられるのです。

 

誰にも相談できずに・・・

 

学びを重ね5年間療育の仕事に携わってまいりました。そして、たくさんの心からの笑顔を見てきました。その笑顔をもっともっと増やしたい、力になりたい。その一心で私たちは自分たちで療育教室を設立したいと思い、プロジェクトを立ち上げました。

 

 

       穴の開いたビーズにヒモを通す教材です。

       指先をうまく使う練習をする課題に使います。ビーズは色々

       な色があり、色の学びにもなります。また、ビーズを数える

       事で数の学習も行えます。

 

 

 

◉プロジェクトの展望・ビジョン

 

療育とは「治療」「保育」を組み合わせた言葉です。

発達障害の特性は環境要因などによって様々あり、答えは一つではないため、様々な技法を用いて

一人一人にあった支援をしていく必要があるのです。

 

  ネジブロックは色の違いを区別しながら形を合わせることが

  できます。また、手首をひねってネジを回す微細運動もできます。

  これは手首をひねる練習だけではなく、気持ちのコントロール

  の練習でもあります。

 

 

 

そして、その子を取り巻く人たち全員が同じ方向を見て一貫した対応を心がけながら、共に支援していくことこそが本当の療育なのです。

一人でも多くの養育者様の力になり、一人でも多くの困り感を抱えている子どもたちを心の底から笑顔にしたい。

 

「どうせ分かってもらえない」ではなく、分かって理解し、受け入れ、共に様々なことを学びながらできなかったことをできるようにし、分からなかった感覚を分かる感覚に変えていく療育を行って行きたいという思いしか無いのです。

 

 

悪いうみを出し、望ましい行動に変えていくお手伝いをしたいのです。

 

 

私どもが作る療育教室は魔法の教室ではありません。

一人一人の特性を見極め、一人一人に合った技法でその子を取り巻く資源も含め、家族の皆様とともに一緒に支援していく療育を目指します。

 

早期発見早期療育を実行し、笑顔で豊かな気持ちで大人社会に巣立てるようお役に立ちたい。

そのような強い信念を持っております。

困っている養育者様、困り感を抱え込んでいるお子様方をしっかりお支え致します。

 

 

このプロジェクトが成功し、皆様からご支援いただいた資金は

●物件の初期費用

●内装工事の費用

●備品の購入

●広告費

など、事業所開設するための第一歩に充てさせて頂きます。

 

私どもはまだ法人格を持っていません。このプロジェクトと同時進行で法人設立も進めています。

設立に関する知識はないかもしれません。

しかし、療育には全力で取り組んできました。

療育に対する知識や思い、信念は誰にも負けない自信があります。

 

 

質の良い療育を提供し、たくさんの養育者様、

お子様方を笑顔にする自信があります。

 

生きづらさを感じている子どもたちの成長への、

未来への第一歩に手を貸していただけませんか?

どうぞ宜しくお願いいたします。

 

 

 

 

【プロジェクト終了要項】


オープン完了予定日    
2021年4月1日

 

建築・改修場所    
埼玉県所沢市

 

建築・改修後の用途    
児童発達支援を運営

 

その他    
本クラウドファンディングで実施するプロジェクトの履行に必要な保育士資格はすでに取得済みです。児童発達管理責任者の資格を持つ人材も確保済みですので、開所後は設備が整っていればすぐに支援を始められます。
リーダーの片野も児童発達管理責任者の資格を2021年中に取得予定です。

プロフィール

リターン

3,000

3,000円支援

3,000円支援

サンクスカードを送らせて頂きます。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年4月

10,000

10,000円支援

10,000円支援

サンクスカード
手作りのチラシ
を送らせて頂きます。

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年4月

30,000

30000円支援

30000円支援

サンクスカード
手作りのチラシ
事業所の写真
を送らせて頂きます。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年6月

50,000

50000円支援

50000円支援

サンクスカード
手作りのチラシ
事業所の写真
子どもたちからの感謝の手紙・絵
を送らせて頂きます。
また、代表から感謝のお電話をさせて頂きます。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年6月

100,000

100000円支援

100000円支援

サンクスカード
手作りのチラシ
事業所の写真
子どもたちからの感謝の手紙・絵
を送らせて頂きます。
また、代表から感謝のお電話をさせて頂きます。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年6月

プロフィール

あなたにおすすめのプロジェクト

社会的弱者支援事業-2021/04/01

秀紀秀紀

#医療・福祉

1%
現在
14,000円
支援者
5人
残り
3日

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの応募・相談をする
プロジェクトの相談をする