皆さんこんにちは。僕の名前はロビンルイスです。今僕は国際NGOに勤めていて、自然災害にあった途上国の人々を救済するプロジェクトのコーディネーターをしています。

 

僕が西村祐子先生やデイヴボックマンさんといっしょにはじめてスモーキーマウンテンを訪れ、カマルフリーダの活動を目の当たりにしたのは2012年でした。

 

このコミュニティには極限状況にさらされながらも勇気をもってこの地域で生存の危機にさらされている人々、特に子供たちのためになる活動をしようとしているたくさんの人々に出会いました。

 

そのスモーキーマウンテンから意を決してセントマーサエステイトに移住を決めた人々は大きなステップを踏み出しました。その人々を支えるこのプロジェクトを僕もサポートしています。

 

コミュニティキッチンのプロジェクトはコミュニティの人々を繋ぎ、利益を与え、栄養のバランスがとれた食事を提供します。そして貴重な経験を与えてくれるでしょう。それは確実に若い世代に希望を与えるものとなるのです。

新着情報一覧へ