こんばんは。パレスチナ・アマルの北村です。

 

クラウドファンディングへの挑戦も明日までとなりました。本当にたくさんの方々にサポート頂きまして、ありがたく思います。

 

今朝、アマルのfacebookで、3月に来日しましたガザの起業家の女性たちのビデオを紹介いたしました。ガザから日本への道のり、そしてガザへ。彼女たちには、ああ見えていたんですね。

 

人の出入りが厳しく制限されているガザ。彼女たちにとって、もちろんはじめての経験で、とても感動したそうです。

 

ガザの起業家アマルさん。

アマルって、本当にアラブではよくある名前なんですね。

 

マジード・マシュハラウィさん。

マジードさんは、焼却灰を利用して建材であるブロックの開発をしています。

 

「今は小さなタネだけど、大きな木になって戻って来きます!」

 

保守的なガザから、こんなに若くて才気あふれる女性が出てくるなんて、おもしろいなぁと思いました。彼女たちのビジネスがうまくいきますように!

 

久々のガザの人とのふれあい。

そうそう、そうだったんだ!と改めて思いました。

 

ガザの人たちは、とても明るくてホスピタリティーがあって、たくましくて。こちらが元気をもらうんです。

 

あの厳しい状況で、どうしてこんなにやさしくなれるんだろう?

私がパレスチナに魅了されたのも、そんな思いがあったからです。

 

Thanks for your support , you are part of our amazing trip.

アマルさんが、facebookにそうコメントをくれました。

 

私のamazing tripは、これから始まります。

 

クラウドファンディングは、いよいよ明日で終了です。

最後まで応援、よろしくお願いいたします。

 

https://readyfor.jp/projects/sulafa-japan