READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

シリア難民を支援する環を広げたい!難民の声を映像で発信

佐藤 友紀

佐藤 友紀

シリア難民を支援する環を広げたい!難民の声を映像で発信

支援総額

1,040,000

目標金額 800,000円

支援者
64人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
9お気に入り登録9人がお気に入りしています

9お気に入り登録9人がお気に入りしています
2016年06月11日 14:15

イベントを開催します!(7/23 土曜日)

みなさん、こんにちは。

「目を閉じれば、いつもそこにー故郷、私が愛したシリア」の上映会を明治大学(駿河台キャンパス@御茶ノ水)で実施できることになりました。

 

***上映会概要***
日時: 2016年7月23日(土) 13:00-17:00
場所: 明治大学駿河台キャンパス@御茶ノ水駅徒歩5分
先着: 無料(先着170名まで)
    下記のURLの「応募はこちら」からお申し込みください。
詳細: 詳細はウェブでご覧下さい。
    http://m-kishi.com/movie
***********

 

私を含め、この映画制作に携わったメンバーみんなで開催予定です。映画制作に至るまでの過程、私たちの思いなどを、監督の藤井沙織さんをはじめ、制作のプロセスに関わったメンバーが登壇し、トークをします。また、トークには、シリアで取材をされていたジャーナリストの藤原亮司さんにも登壇いただく予定です。更に更に、写真展も同時開催です。盛りだくさんですね。

 

お時間が合えば、是非お越しください。

 

また、大変申し訳ありませんが、今後のこのプロジェクトの「新着情報」のアップは7月23日イベント実施後、そのご報告をもって終了とさせていただきますこと、予めご了承ください。多くの方に長い間、たくさんの励ましのお言葉を頂き、本当にありがたい場でしたが、これをもって一つ区切りとさせていただきたく、宜しくお願いいたします。

 

今後も、シリアのことを知りたい!という方には、以下のサイトをお勧めしています。

シリア支援団体「サダーカ」

 

シリアの刺繍「イブラ・ワ・ハイト」

 

また、私達の友人が本を出しましたのでこちらもご紹介をさせていただきます。

安田菜津紀「君とまた、あの場所へーシリア難民の明日ー」

http://www.shinchosha.co.jp/book/350031

小松由佳(映画に出てきた日本にいるシリア人の奥様です)

「オリーブの丘へ続くシリアの小道で ふるさとを失った難民たちの日々」

http://yukakomatsu.jp/news/news.html

 

23日には多くの皆様にお会いできれば嬉しいです。どうぞ宜しくお願いいたします。

一覧に戻る

リターン

3,000

①シリア伝統刺繍を通じた女性支援活動「イブラワハイト」のポストカード
 御礼メッセージを記載し送付いたします。全5種類。柄はお任せ下さい。

支援者
10人
在庫数
制限なし

10,000

上記①に加え

②シリア難民ドキュメンタリーDVD(暫定版)を送付
③映像のエンドロールに名前が入る権利
(※制作時間を考慮し、暫定版DVDについては2015年3月末までの発送を予定しております。)

支援者
43人
在庫数
制限なし

30,000

上記①+②+③に加え

④30,000円を寄付してくれた方の応援映像をDVD(暫定版・最終版)に収録する権利
⑤アレッポ石鹸:シリアで有名な自然派石鹸
⑥トートバッグ:シリア伝統刺繍を通じた女性支援活動「イブラワハイト」の特製トートバック。色、モチーフはお任せ下さい。

支援者
7人
在庫数
制限なし

50,000

上記①+②+③+④+⑤+⑥に加え

⑦上映会及び関係者とのディナー会:シリア難民ドキュメンタリーDVD(暫定版)の上映会と関係者との食事会にご招待いたします。

支援者
5人
在庫数
制限なし

プロジェクトの相談をする