クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

横浜・伊勢佐木町の空室を活用しアート支援の拠点をつくりたい!

石神夏希

石神夏希

横浜・伊勢佐木町の空室を活用しアート支援の拠点をつくりたい!
支援総額
1,621,000

目標 1,200,000円

支援者
165人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
10お気に入り登録10人がお気に入りしています

10お気に入り登録10人がお気に入りしています
2016年11月01日 13:47

The CAVEを始めた理由(石神夏希)

こんにちは。

このクラウドファンディングの呼びかけ人もしている、石神夏希です。

今日は、The CAVEをやりたいと思った個人的な理由をお伝えしてみます。

 

10年前、 自分の劇団ペピン結構設計で『北仲WHITE』というBankART 1929さんと森ビルさんがつくったクリエイティブ拠点に入居しました。割と大きめの角部屋を借りることができ、窓から望む横浜港の景色から「ペピンポート」という名前をつけました。

 

その頃、私を含むペピンの設立メンバーはほぼ同時に学校を卒業して社会人になったばかり。他のメンバーはみんな学生でした。今考えれば危なっかしいですが、「毎月みんなで出せるお金を出し合って家賃に達すれば借り続けよう。足りなくなったら退去しよう」と決めて、毎月ほんとに「いくら出せる?」とやっていました。

 

1年半後に全員退去、そしてビルの取り壊しが決まっていたので期間限定でしたが、私たちにとって初めてのスタジオ。場所を持つことにどんな意味があるのか、それだけまとまったお金を投資して何が得られるのか、未経験だから全然わかりませんでした。だけど「考えてもわからないなら、やってみよう」と決めました。


古いテナントビルの一室で、最初は本当にホコリだらけで、何度も繰り返し掃除して、それでも雑巾が真っ黒になったのを覚えています。まだ何もない寒い部屋でコートを着て、床に置いたコーヒーメーカーでみんなでコーヒーを飲んだ時間が楽しくて、今でも時々思い出します。

 

入居している1年半は正直、何が面白かったかよく覚えていません。会社員生活はしんどいし、忙しすぎて北仲に行けないし。その代わり、学生のメンバーより少しは稼いでいたから、家賃が足りなくなりそうになったら多めに出して、「お金を出せない人は私の分も行って、たくさん使って」とお願いしていました。


そんな中でも時々「サロン」と称してパーティをやったり、自分たちが忙しくて使えない時は、友達の劇団の公演に使ってもらったりもしました。とにかく、使われないのが一番まずいと思っていました。

そして大学の友人である坂口祐くんにお願いして、スタジオにリノベーションしてもらいました。そこで『蜜の味』という演劇作品をつくりながら、だんだん劇場へとリノベーションしてもらい、最後にそこで上演して、舞台セットごとビルは取り壊されました。
不思議と感慨はなくて、正直「あーやっと終わる」という気分でした。

 

(演劇のセットを組んで劇場化されたペピンポート@北仲WHITE、2006年)

 

当時はそこまでは実感できなかったけど、今なら、あんな風に贅沢に時間と空間を使って、自由に実験できた北仲のすごさが分かります。

 

今日、私はパラダイス仏生山という演劇公演のため、高松に滞在しています。プロジェクトが始まったそもそものきっかけは、この時の坂口くん。彼に紹介され、5年前に仏生山を訪れたことでした。

 

そして The CAVEを一緒に始めた嶋田洋平さんも、当時「みかんぐみ」という建築設計事務所のスタッフとして北仲に入居していました。ですが、当時は一度も会ったことがありませんでした。
きっかけはやっぱり5年前、たまたま宴会の席で隣になって「私も北仲にいたんです」と話しかけたこと。その結果、嶋田さんがリノベーションまちづくりに取り組む北九州市小倉の商店街に3年間、関わらせてもらい、嶋田さんの本を書いて、今回 The CAVEを始めました。

 

場所を持つ意味は、未だにうまく言葉にできません。実感できたのは取り壊されてから5年後くらいでしたが、それを教えてくれたのは、やっぱり北仲でした。

 

場所に投資して、その価値が返ってくるまでには、きっとそういう年月が必要なのだと思います。だけどその価値は、長く続く。

 

だから The CAVEもすぐにうまくいくだろうなんて思っていません。大変なことばかりだし、一円も儲からないし、まわりの人に謝ったりお願いしたりしてばっかりで情けなくなることも多いです。

でも、巡り巡って何年か後に予想だにしない面白いことが起きるはず。今の自分が予想できることより、できないことの方がサプライズみたいで面白いから。

 

そんな思いで、 The CAVEを始めました。
自分も関わってみようかな、ちょっと「場所」というものの可能性に投資してみようかな、という方は、ぜひ応援をいただけると嬉しいです。

 

⇒11/15(火)まで!クラウドファンディング募集中
『横浜・伊勢佐木町の空室を活用しアート支援の拠点をつくりたい!』

一覧に戻る

リターン

3,000円(税込)

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

お礼のメッセージとお名前掲載!

◎お礼のメッセージ
◎公式サイトにお名前を掲示

心をこめてお礼のメッセージを送らせて頂きます。またThe CAVEウェブサイトに支援者としてお名前を掲載させて頂きます。

支援者
76人
在庫数
制限なし
発送予定
2016年12月

10,000円(税込)

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

オリジナルステッカー&「バル333伊勢佐木」ランチ券

◎The CAVEオリジナルステッカー
◎お礼のメッセージ
◎公式サイトにお名前を掲示
◎「バル333伊勢佐木」ランチ券
◎The CAVEイメージデッサンポストカード

オリジナルステッカーと、The CAVE内で営業している伊勢佐木バル333のランチ券をプレゼントします!自社農園直送のお野菜とお肉を味わってみてください。

支援者
78人
在庫数
制限なし
発送予定
2016年12月

30,000円(税込)

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

「バル333伊勢佐木」ランチ券&主催イベント無料招待

◎The CAVEオリジナルステッカー
◎お礼のメッセージ
◎公式サイトにお名前を掲示
◎「バル333伊勢佐木」ランチ券
◎The CAVE主催イベント無料招待1回
 ※2016〜2017年度内
◎The CAVEイメージデッサンポストカード

オリジナルステッカー&ランチ券に加え、The CAVE発起人やアドバイザリーメンバーが主催するイベントに無料招待します!芸術文化、建築、都市、まちづくり、場づくり、リノベーションなどに関心のある方におすすめです。

支援者
5人
在庫数
制限なし
発送予定
2016年12月

50,000円(税込)

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

メンバー限定感謝パーティ@「バル333伊勢佐木」

◎The CAVEオリジナルステッカー
◎お礼のメッセージ
◎公式サイトにお名前を掲示
◎プロジェクトメンバーが感謝パーティを開催
◎The CAVEイメージデッサンポストカード

ステッカーやお礼のメッセージに加え、発起人たちがあなたのためにプライベートな感謝パーティを開催します。ぜひ色々とお話しましょう。プロジェクト相談や人生相談もどうぞ!

支援者
5人
在庫数
5
発送予定
2016年12月

100,000円(税込)

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

メンバー限定の感謝パーティ&The CAVE半日利用権

◎The CAVEオリジナルステッカー
◎お礼のメッセージ
◎公式サイトにお名前を掲示
◎プロジェクトメンバーが感謝パーティを開催
◎The CAVEの半日利用権

ステッカー&お礼メール、プライベートな感謝パーティご招待に加え、The CAVEを半日使う権利を差し上げます!
ご自分でイベントを開催していただくのはもちろん、ご自分の応援したいアーティストに空間を提供するパトロン方式もおすすめです!

★半日利用権について
※利用日時の調整や内容については、通常と同じルールやガイドラインに従っていただきます。The CAVEプログラム・ディレクターがお打合せさせていただきます。
※支援したいアーティストやクリエイターに譲ることもできます。The CAVEが作家をご紹介することも可能です。
※伊勢佐木バル333のフード&ドリンク付きイベント企画もご相談を承ります(飲食は有料です)。

支援者
1人
在庫数
1
発送予定
2016年12月

プロジェクトの相談をする