このページをご覧いただき、ありがとうございます。ついに残り時間が2時間となりました。19人の方にご支援いただき、54%まで来ることができました。

ここまでご支援頂いた思いと金額に、改めて、なんとしてもテストオープンを成功させたい、と思いを強くしています。

 

現状ですが、目標の30万円に対して、現在、約14万円が足りていません。

このクラウドファンディングは、目標金額に1円でも足りなければ、
ご支援が全額支援者様に返金されてしまいます。

何とか目標金額を達成し、みなさんに楽しんでいただけるよう、

展示を充実させたい。

 

このプロジェクトは、大学、大学院とクジラ・イルカの研究をしているなかで、すぐには実益に結びつかない研究ではないけれども、
実用に結びつく研究の下支えをしている研究が、厳しい状況にあることを踏まえ、微力ながらなんとかこの環境を改善したいと立ちあげたものです。
例えば、天文学がGPSの技術を経て、ナビゲーションを生んだように。
空を飛ぶ生き物の羽の形やイルカの形が、乗り物や空調機などの効率化に、
貢献するように。
すぐには利用されないものの、利用された際には大きな効果を生む、
この基礎研究分野は、継続して支援していかないと、
今後の可能性を大きく損なってしまうことになると思っています。

まずは、社会を変えたい、その基礎研究を支援する雰囲気が社会に醸成される。
それを狙い、科学に触れる博物館 Think Squareという場所を企画しました。
今回、展示自体は開催することができます。しかし、個人の力で立ち上げ、
準備したものなので、不十分な部分が多々あります。

 

そこで、よりよい展示にするために、みなさんのお力を貸していただけないでしょうか。お一人お一人の力を、本当に必要としています。

 

面白そう、興味があると少しでも思っていただいた方にお願いです。

そう思っていただける方を増やしていくために、

よりその思いを会場で強くしていただけるように。

残り2時間でご支援をいただけないでしょうか。

 

このファンディングが達成できなかったとしても、プロジェクトはもちろん続けていきます。しかし、より良いものになっていくスピードは、大きく損なわれてしまうと思っています。

第一歩のテストオープンだからこそ、しっかりとしたものとするために、多くの方のお力添えをいただきたい。厚かましいお願いではございますが、ご検討をお願いいたします。

 

必ず、知的好奇心を満たす時間を提供します!仮に、今回、満足いただけなかったとしても、次回には、提供します!

 

ホンモノの標本に触れるという、普段できない体験を、よりよい内容で、

みなさんにお届けできるよう、お力を貸してください!

 

よろしくお願いいたします。

 

 

新着情報一覧へ