プロジェクト概要

思い入れのある服を大切にし続けてほしい。想い入れのある白シャツをインディゴで染め直し、もう一度着てもらえるプロジェクトを始めます!

 

初めまして、大月勉と申します。 アパレル卸業に携わり28年。現在はアメリカ西海岸発のブランド、Sweep!!の総代理店として、輸入、プロデュース、卸業を営んでおります。

 

日々を彩る服には、大切な思い出と一緒にあります。あなたにも、たとえ古くなってしまっても、着れなくなってしまっても大切にしている洋服があるのではないでしょうか?

 

服も思い出も大切にしてほしい。想い入れのある白シャツを染め直すことで、もう一度着れるように蘇えらせ、大切な想いと共に、先につなげていくサービスを始めます。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
誰にでも大切な服があると思います

 

 

アパレル業界で働く者として、お客様への押し売りではなく、「お客様に喜んでいただく」という原点に立ち戻る必要があると感じていました。

 

近年アパレル業界は停滞傾向が強く、洋服にかけられる予算は減り、簡単に物が売れる時代ではなくなってきました。 色々と頭をひねり、売り方、提案の仕方を変えたり、イベントにより集客を計ったり、手を替え品を替え、という状況です。

 

そんな中、お取引先の小売店さんとの会話の中で、押し売りではなく、必然的に集客、売り上げに繋がるような仕掛けはないだろうか、という話が出ました。 売る側からの押し付けではなく、今こそ、お客様に喜んでいただく、という原点に立ち戻る時だと考えました。

 

服には思い出が宿ります。その大切な思い出も、それが宿る服も、いつでも着ることができる状態で大切にしてもらいたい。 クローゼットにある着古した白いシャツを インディゴで染め直すことで、シャツも思い出も甦らせます。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
白いシャツを インディゴで染め直すことで、シャツも思い出も甦らせます

 

 

“シャツ(思い)が甦る” クローゼットにある着古した白いシャツをインディゴで甦らせます!

 

今回のプロジェクトは、皆様のご支援によりクローゼットにある着古した白いシャツを インディゴで染め直すサービスを行います。それは単純にシャツの色を染め直すということではなく、その人それぞれの思い入れをシャツを染め直し、甦えらせることによって、先に繋げるということです。

 

随分着古したけど、捨てられない白いシャツ。プレゼントしてもらった、初めて一緒に行った買い物で買った 理由は様々だけど、その人にとって思い入れの強いシャツがあります。 新品に買い替えればいい、という簡単なことではない大切なシャツ。 それは大事な思い出に似てるかもしれません。

 

そんな大切なシャツを、大切な思いも先へ繋げます。 クローゼットに新しい色を加えられ、また 簡単に使い捨てしない、エシカルなプロジェクトです。

 

簡単に使い捨てしない、エシカルなプロジェクトです

 

 

簡単に使い捨てしない、エシカルな取り組みにつなげていきたい

 

“シャツ(思い)が甦る” この言葉に集約されるように、今回のプロジェクトは単純にシャツを蘇らせることが目的ではありません。大切なシャツを、インディゴで染め直し甦らせることで、大切な思いも先へ繋げるのが大きな目的です。

 

そしてそのサービスが、簡単に使い捨てしない、エシカル(社会貢献)な活動に、意識しないで参加していることになります。 わざわざエシカルというと、大げさですが、ハッピーになる行動が社会貢献に繋がります。 この考え、活動に賛同していただける小売店を増やし、全国的な活動に広げて行きたいと思います。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
よろしくお願いします!

 

このプロジェクトを始めるためには、皆様の応援が必要です。どうかよろしくお願いします!

 

 

リターンについて

 

・御礼のメール

 

・ホームページにサポーターとしてお名前を掲載


・シャツの染め直しのサービスを受けられる権利

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd


・インディゴ染めのTシャツ


・オックスフォードのシャツ

1fb34ca0ce2ce6300d1af7b63d7a16a2fa5d3228