「11ヶ国の11人が行く南三陸スタディーツアー」はまず現地まで足を運んで、自分の目で見て肌で感じて、そして何か力になる、という前提で企画された。

 

そして、今あのYouth for 3.11がまさにそれを大規模にやろうとしている。東日本大震災から3年半、東北だけでなく、台風26号の被害を受けた伊豆大島をはじめ、災害に遭った地域に、県外からの学生ボランティアを送り続けている。

 

本当に素晴らしい活動だと思う。

何か災害があったとき、何かをしたいが、何をすればいいかわからない、ということを、実はみんな考えているだろう。

 

確かに今、不足しているのは若いボランティアたち。
震災から3年半が経って記憶も薄れてきた現在、復興活動が継続的に行われるには、人手は絶対に必要不可欠。

 

実は東北では、農業から漁業まで、幅広くボランティア活動の参加者を募集している。社会人は時間がなかなか取れないが、学生なら時間にちょっと余裕がある。

 

 

社会勉強にも、社会貢献にも、自己成長にもなる!

 

それをサポートしてくれるクラウドファンディングのプロジェクトが今行われている。
是非ご協力をよろしくお願いします!

 

リンク先:https://readyfor.jp/projects/youthfor311

新着情報一覧へ