プロジェクト概要

生産者育成と普及のために、高知県伝統産業の備長炭の生産窯を新たに建設したい!

 

こんにちは、初めまして。備長炭 窯元「炭花」代表の吉野と申します。僕は、高知県室戸市に住んでいます。5年前に備長炭の生産者に憧れて高知県外から移住してきました。2年間の修行を経て、窯元「炭花」の備長炭を生産しております。

 

室戸市内で2016年夏までに備長炭を生産する窯「炭焼き窯」を新規建設し、現在稼働中の窯と合わせて2基にして、生産量のアップと生産者「炭焼き職人」の育成を窯元「炭花」がバックアップします。備長炭とは、製造時に高温で焼成されていることから、長時間燃焼し、炎や燻煙も出にくく、調理に向いている炭です。煙が少ないので、鰻屋や焼き鳥屋等の炭火焼を売り物にする料理屋に使用されます。このように、料理業界にはなくてはならない備長炭を残していきたいと思っています。

 

皆さん、僕と一緒に高知県伝統産業の普及と生産者育成をしませんか?

 

(作成中の備長炭です。)

 

 

初めて室戸市に踏み込んだとき、自然がたくさんあり、これらを活かした伝統産業の備長炭を世界中に知ってもらいたいと思いました。

 

5年前に室戸市に来た時に海、山、川、非常にたくさんの自然があり、それらを活かした伝統産業である備長炭の生産がとても魅力的で日本はもとより、世界の人に知ってもらいたいと思いましたが、需要に対し供給が追い付いていないという現状を知りました。それならば「炭焼き職人」を育成する体制を整えようと窯元「炭花」をつくりました。

 

(こんなに美しい森から私たちにはなくてはならない“生活”が生まれます。)

 

(森の中のウバメガシを伐採します。)

 

 

備長炭は、熟練の職人2週間かけて生み出す、とても繊細な作業によって作り出されます。

 

備長炭は、ウバメガシ等の硬い原木から作られます。炭焼温度は100度以上の高温で炭化します。その後、精錬をしながら「窯出し」という作業を経て窯の外に取り出します。その時の窯の内部は1300度にも達する高温で大変な作業です。消粉と言われる白い灰をかけて火を消し、冷却します。このような、高温均一を保つことや、丁度良いタイミングで窯から炭を出す作業は、かなりの技術を必要とします。

その窯が冷えないうちに、次の原木を入れます。その原木を窯の中で7日間前後で乾燥させ、その後、炭焼きを始めます。火を起こしてから焼き上がりまで、約1週間ほどかかり、その間、熟練職人が、火や煙の様子を調整します。このように、備長炭を作るには、熟練した技術を持った職人が2週間かけて生産しています。

 

(こちらで以上の作業を行います。)

 

 

丁寧に行う作業のため、時間がかかってしまいます。さらに生産を増やすために、「炭焼き窯」が必要なのです。

 

今回、備長炭を生産する「炭焼き窯」の新規建設費用120万円が足りません。備長炭を生産する行程は、とても繊細な作業のため、かなり時間がかかります。一つの窯では、生産者育成することもできないのです。伝統技術を遺すため、このプロジェクトはとても意義のある行為だと思っています。

 

(こちらが「炭焼窯」です。)

 

 

移住者や地元に戻りたい若者の仕事を確保し、地域活性化に繋げたい。世界に誇れる仕事として世界に発信できるようにしたい。

 

移住者や地元に戻りたい若者の仕事を確保し、人口が減りつつある地域に人が集まり地域活性化にもつながると期待しています。また「炭焼き」という伝統産業の備長炭の技術を継承して、まさに「メイドインジャパン」として世界に誇れる仕事ととしてこの地域の産業にしたいです。皆様、ご支援をお願い致します。

 

(炭焼窯を使って、多くの備長炭を生産し、生産者の育成をはかります!)

 

 

 

◆◇◆◇◆◇◆ リターンについて ◇◆◇◆◇◆◇◆
ご支援いただいた皆様にはお礼に下記のリターンをお送りします。

 

3,000円を支援していただいた方対象

・サンクスレター

・消臭用備長炭

10,000円を支援していただいた方対象

・サンクスレター
・消臭用備長炭・

・高級備長炭6キログラム(バーベキュー用、水質浄化用)1セット
 

30,000円を支援していただいた方対象

・サンクスレター
・消臭用備長炭

・高級備長炭6キログラム(バーベキュー用、水質浄化用)3セット

 

50,000円を支援していただいた方対象

・サンクスレター

・消臭用備長炭

・高級備長炭6キログラム(バーベキュー用、水質浄化用)3セット

・インテリア最高級備長炭12キログラム