READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす

通信制高校に関した先進事例のシンポジウムを仙台で開催したい

通信制高校に関した先進事例のシンポジウムを仙台で開催したい

支援総額

26,000

目標金額 400,000円

支援者
5人
募集終了日
2015年7月10日
募集は終了しました
0お気に入り登録0人がお気に入りしています
このクラウドファンディングは達成しませんでした。支援予約はすべてキャンセルとなります。銀行振込みにより支援を行った方には、当社より返金が行われます。

0お気に入り登録0人がお気に入りしています
2015年07月10日 08:12

何が生まれるのか(その22)

 おはようございます。

 

 私がまだ二十代だった頃、1週間に一度位、様々な子供達と一緒に夜を過ごすことがありました。

 

 大体、7,8人ぐらいの4,5歳から中学生までの子供達が、約一月のサイクルでそれぞれの子供が入れ替わりなが、一緒に生活していました。

 

 わたしは、その子供達のお世話役兼監視役でした。

 

 たまたまその時期は、私に親になった時期で、子供のかわいさが、実感として持てた時期でした。

 

 どの子も、親しみがありました。

 

 夕食後、時間に余裕があるときに、一人ひとりの子供達を前に座らせて、その子と対話しながら彼ら彼女らの似顔絵を描きました。

 

 一対一で子供と二人だけの世界の中で、一緒の時を共有できたことは、今でもとても大切な時間でした。

 

 絵は、全然似ていなかったけれど、子供達からも全く褒められなかったけれど、きちんと子供と向き合うことは大切なことです。

 

 でも、ただ「そこに座りなさい」では、退屈するだけです。

 

 子供と一緒の時間を過ごすには、何かの共通の目的なり、興味なりが必要です。

 

 一番に身近な興味は、勉強です。

 

 勉強を介して、子供と親しくなる。

 

 いや、親しくなれなくても、一緒の時間を過ごす。

 

 それは、とても大切なことだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

                            小熊

 

一覧に戻る

リターン

2,000

alt

サンクスレター+シンポジウム報告書(記録)の送付

支援者
2人
在庫数
制限なし

3,000

alt

サンクスレター+シンポジウム優先参加の権利(申し出があった場合は他の方に譲渡することも可能です。)

支援者
0人
在庫数
80

5,000

alt

サンクスレター+シンポジウム優先参加の権利(申し出があった場合は他の方に譲渡することも可能です。)+シンポジウム報告書(記録)の送付

支援者
2人
在庫数
38

10,000

alt

サンクスレター+シンポジウム優先参加の権利(申し出があった場合は他の方に譲渡することも可能です。)+シンポジウム報告書(記録)の送付+版画家明才作製のオリジナルポストカード(木版画)3枚

支援者
1人
在庫数
19

35,000

alt

サンクスレター+シンポジウム優先参加の権利(申し出があった場合は他の方に譲渡することも可能です。)+シンポジウム報告書(記録)の送付+当日午後6時半頃から約2時間のパネリストとの食事会参加権利

支援者
0人
在庫数
10

プロジェクトの相談をする