クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

37年続く市民映像祭『TVF』を未来につなげたい!

小林はくどう  (NPO/市民がつくるTVF代表)

小林はくどう (NPO/市民がつくるTVF代表)

37年続く市民映像祭『TVF』を未来につなげたい!
支援総額
2,620,000

目標 2,500,000円

支援者
147人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
2お気に入り登録2人がお気に入りしています

2お気に入り登録2人がお気に入りしています
2015年03月19日 04:57

★新聞で報道されました! ★関連イベントのお知らせ!

クラウドファンディングの募集期間も、残すところ12日となりました。

まだご検討中の方、是非私たちを応援してください!!

すでにご支援を申し出て頂いた方、是非皆さまのお知り合いの方などにシェアし呼び掛けて頂くなど、なお一層のご協力をお願いいたします!!

 

 

 

 

★ 毎日新聞で大きく報道されました!!

 

3月18日(水)の毎日新聞、朝刊(東京版)社会面で、TVFの存続を危惧する記事が大きく掲載されました。

 

 

●【毎日新聞WEB】でもご覧頂けます。

    ➡ こちら(初めての方は無料登録が必要です)

 

 

この記事では、TVFの《歴史》的価値に重点を置き、存続させる意義を強調して報道して下さいました。

そして、それと並んで大切なのが、《今》新たに生まれる映像作品の発表、評価、そして映像によるコミュニケーションの場という役割です。 YouTubeの発達で“ファーストフード”的動画が急増する中、手間も尺もじっくり投入した“スローフード”のような上質の動画を作りたい、見たい、---そんな人たちにとって、TVFの消滅は、大きな喪失になります。無くなってから惜しんでも、手遅れなのです!!

 

 

 

 

 

★ TVF作品上映・関連イベントのお知らせ!!

 

 

■ 名古屋で『高校生・大学生「戦争ってなに?」交流会』が開催されます!

 

今年のTVF2015ビデオ大賞作品『アジア太平洋戦争、中国の2つの戦場』を制作した同朋高等学校(名古屋市中村区)が、同作品と椙山女学園大学(名古屋市千種区)の作品『風船爆弾』の上映と、戦争体験者の証言、研究者のコメント、学生によるパネルディスカッションなど、若者が捉えた「戦争」について多くの学生たちや研究者が参加して開催されます。

中京地区の皆さん。どうぞお気軽にご参加ください!

 

   3月21日(土)13時半~

   真宗大谷派名古屋別院(東別院)3階 名古屋市中区橘2-8-55

   ※地下鉄名城線「東別院」駅 徒歩5分

   お問い合せ: 052-331-9578 名古屋別院教化センター 宮田

 

TVF2015ビデオ大賞『アジア太平洋戦争、中国の二つの戦場』のご視聴

    ➡ https://www.youtube.com/watch?v=GGtr992fzPY

 

 

 

■ 立川市で『第25回 立川空襲を語り歌いつぐつどい』が開催されます!

 

4月4日、5日の2日間に渡り開催される『立川空襲を…』において、4日に「映像で考える70年」と題して、TVF入賞者で、長年戦争をテーマに映像作品をつくり続けているフォトジャーナリスト、鈴木賢士さんのTVF2014入賞作品『本土初空襲の犠牲者』、TVF2015入賞作品『生きて伝える』などの上映と、同氏のトークフォーラムが開催されます!

都内、近県にお住まいの方。是非足をお運びください!

 

   4月4日(土)13時半~ (イベントは4日、5日の2日間)

   立川市柴崎学習館 地下ホール 東京都立川市柴崎町2-15-8

   ※JR立川駅南口 徒歩10分

   お問い合せ: 042-524-2773

 

TVF2014入賞作品『本土初空襲の犠牲者~早稲田中学に焼夷弾直撃』

➡ https://www.youtube.com/watch?v=GqaMja3j2ms&feature=youtu.be

 

TVF2015入賞作品『生きて伝える~戦災孤児、吉田由美子さん』

➡ https://www.youtube.com/watch?v=NX43BcCZBnM

 

 

 

 

 

★【お振込み】でご支援頂いた方のご紹介 2!

 

こちらのREADYFORサイトで【クレジットカードで引換券を購入】によらず、直接NPOへご支援のお申し出を頂いた方を、前回に引き続きご紹介します。

 

  谷口正治さま(姫路市)

  李 容旭さま(稲城市)

  竹内 寛さま(川崎市)

 

責任もって大切に有効に使わせて頂きます。ありがとうございました!

 

*****************************************************************************************

 

【お振込みによるご支援】

 クレジットカードをお持ちでない方や、現金でのご支援も可能です!

   詳しくは⇒ https://readyfor.jp/projects/tvf/announcements/21499

 

*****************************************************************************************

 

 

 

 

 

★ 作品紹介 第5弾!!

 

過去37年、TVFに参加した53,784本の作品群の中から、ランダムに幾つかご紹介しております。画面をクリックしてご視聴ください!!

 

 

■ 11/53,784『想いは時空(とき)をこえて』

 

3・11をテーマとした動画はTVFにも沢山寄せられていますが、この作品は、震災の四半世紀も前のあるエピソードと結びつくことで、奇跡のような実話が映像に刻まれています。
1986年秋、長野県の中学1年生たちが飛ばした風船を拾ったのは、陸前高田から東京に出稼ぎに来ていた、大工の吉田さん。以来、中学卒業まで続いた文通は、お互いの大切な「思い出」として胸にしまわれました。
時は流れ、あの大津波。卒業生たちは、吉田さんの安否を心配します。かろうじて逃げ切った彼は、しかし自宅もろとも、大切にしてきた400通の手紙を全て失っていました。今や40才になった当時の中学生達は、それを知って動き出しました。
「大事な思い出を奪われたなら、今からそれ以上の思い出をもう一度作ろう!」---それは、誰も思っていなかった、第2章の始まりでした。

   《TVF2015(2015年) 松商学園高等学校放送部 長野県 19'58"》

 


 

 

一覧に戻る

リターン

3,000円(税込)

A/TVFからのサンクスレター(Eメール)
B/TVFホームページへのお名前の掲載(希望されない方を除く)

支援者
69人
在庫数
制限なし

10,000円(税込)

A/ TVFからのサンクスレター(郵送)
B/ TVFホームページへのお名前の掲載(希望されない方を除く)
C /パンフレットなど刊行物へのお名前の掲載(希望されない方を除く)
D/ TVF2016サポーター準会員への登録(各種TVF催しへ会員として優待ほか)

支援者
60人
在庫数
制限なし

30,000円(税込)

A/ TVFからのサンクスレター(郵送)
B/ TVFホームページへのお名前の掲載(希望されない方を除く)
C /パンフレットなど刊行物へのお名前の掲載(希望されない方を除く)
D/ TVF2016サポーター正会員への登録(作品集DVD進呈、各種TVF催しへ会員として優待ほか)
E/TVF審査委員3名からメッセージカード(直筆サイン、指名不可)

支援者
18人
在庫数
制限なし

50,000円(税込)

A/TVFからのサンクスレター(郵送)
B/TVFホームページへのお名前の掲載(希望されない方を除く)
C/パンフレットなど刊行物へのお名前の掲載(希望されない方を除く)
D/TVF2016サポーター正会員への登録(作品集DVD進呈、各種TVF催しへ会員として優待ほか)
E/TVF審査委員5名からメッセージカード(直筆サイン、指名不可)

支援者
7人
在庫数
制限なし

100,000円(税込)

A/ TVFからのサンクスレター(郵送)
B/TVFホームページへのお名前の掲載(希望されない方を除く)
C/パンフレットなど刊行物へのお名前の掲載(希望されない方を除く)
D/TVF2016サポーター正会員への登録(作品集DVD進呈、各種TVF催しへ会員として優待ほか)
E/TVF審査委員5名からメッセージカード(直筆サイン、指名不可)
F/全国どこでも講師(ゲスト)派遣(小林、佐藤、下村のいずれか1名)(要日程協議調整、出張費別途)
または
小林はくどう氏の版画(額装、直筆サイン入り)

支援者
2人
在庫数
制限なし

200,000円(税込)

A/ TVFからのサンクスレター(郵送)
B/TVFホームページへのお名前の掲載(希望されない方を除く)
C/パンフレットなど刊行物へのお名前の掲載(希望されない方を除く)
D/TVF2016サポーター正会員への登録(作品集DVD進呈、各種TVF催しへ会員として優待ほか)
E/TVF審査委員5名からメッセージカード(直筆サイン、指名不可)
F/全国どこでも講師(ゲスト)派遣(小林、佐藤、下村のいずれか1名)(要日程協議調整、出張費別途)
または
小林はくどう氏の版画(額装、直筆サイン入り)
G/アワードの協賛として授賞に参加し「Presented by ~」としてお名前を記載(希望されない方を除く)

支援者
0人
在庫数
制限なし

プロジェクトの相談をする