READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
さがす
ログインログイン・登録
成立

コロナの影響を受けた子供たちの食を支えよう〜昼の給食支援〜

コロナの影響を受けた子供たちの食を支えよう〜昼の給食支援〜

支援総額

240,000

目標金額 120,000円

支援者
20人
募集終了日
2020年6月30日
20人 が支援しました
プロジェクトは成立しました!
1お気に入り登録1人がお気に入りしています

終了報告を読む


1お気に入り登録1人がお気に入りしています

プロジェクト本文

「目標金額達成のお礼とネクストゴールについて」

みなさまのおかげで、6月10日より開始した今回のプロジェクトの目標金額を達成することができました。本当にありがとうございます。目標を達成できるか不安でしたが、たくさんの方からの応援コメントにとても励まされ、たくさんの方からのご支援で無事達成することができました。

 

今回のプロジェクト終了までの残りの期間でネクストゴールを目指したいと思います。ネクストゴールの目標金額は24万円に設定させて頂こうと思います。

今回の給食支援では食材費の他に光熱費、家賃などの細かい出費もかかっております。また、毎月第一日曜日に開催している「長後こども食堂」も運営者が全て負担しております。ネクストゴールを達成させることによってそれらの出費を少しでも補えたら、と思っております。

 

ネクストゴールを達成させて少しでも運営者の負担を少なくし、子ども達の居場所の「長後こども食堂」の運営を続けていけるように、みなさまからの温かいご支援を引き続きよろしくお願いします。

 

代表実行者:鳩貝潤

 

 

 

「コロナの影響で給食が無いこども達の為に給食の支援をしたいーー。」

【ご挨拶】

初めまして。今年日本大学に入学した大学1年の鳩貝潤と申します。

 

今回、協力したいと思った「長後こども食堂」を運営している高見さんと初めて知り合ったのは、長後元旦炊き出し隊という食事提供企画のボランティアに行った時でした。そこから「シェアカフェ長後食堂」で「長後こども食堂」を月1で開催しているのを知り、自分自身、将来食に関する事に携わりたいと思っていたため、「長後こども食堂」の活動にはとても興味を惹かれ、たびたびボランティアに行くようになりました。

 

自分は、藤沢市にある湘南キャンパスで、主に食品ビジネスを学び始める予定でした。しかし、現在は皆さんご存知の通り、新型コロナウイルスの影響で大学への登校は無く、こんな状況の中自分に何かできないか、と考えていました。そんな時に「長後こども食堂」がコロナの影響で生活に困っている方達の夕飯支援を毎日やることを知り、約30日間開催しているのを手伝ってきました。手伝う中で、その活動がどれだけの人に必要とされているか、どれだけのお金や労力がかかるかなどが見えてきました。そして今度はコロナの影響で給食が無く困っているこども達に、昼ごはん支援を始めると決めたそうで、そこでのボランティアもしようと決めました。

 

 

 

 

「今の自分が “誰か ”のためにできる事とは?」

夕飯支援を手伝って活動の大変さを知りました。運営者の高見さんは、給食支援はさらに大変な活動になるだろうと言っていました。

そのため、「自分も何かでこの活動の力になりたい」と思っていました。しかし、自分自身はどこにでもいるただの学生です。企業さんのように、何か食材などの物資をたくさん寄付することは出来ないし、募金をするにも学生が出せる金額などたかが知れています。それでも何か、自分にしかできることがなくても、力になる方法は無いかと考えた時、このクラウドファンディングを思いつきました。

 

プロジェクトを立ち上げるのは簡単なことではないです。金銭面の支援を求めたいけれど、当の運営者は運営やその他の活動で精一杯。プロジェクト立ち上げまでは手が回せない状況でした。そこで、ボランティアであり、余裕がある自分が代わりに立ち上げようと思い、今回のプロジェクトを始めました。

 

高見さんはこども食堂の他に動物保護活動などもしており、深夜バイトをして足りない資金を補っています。それでもやはり現状は厳しいようです。

ボランティアをしている中で、「江の島らーめん花みずき」というラーメン屋さんもコロナで経営が厳しい中、花みずきの常連さんの協力の元、売り上げの一部を使い、食材の寄付やスタッフの派遣などで「長後こども食堂」に協力をしてくださっているのを知りました。

 

他にも、地域の「ドキわくランド」というパチンコ屋さんや、蕎麦屋「長後庵」さん、水道屋「富士中商会」さん、その他多くの地域のお店さんや住民からの色々なご寄付で支えられているのを知りました。

 

そんな中、ちょっとしたお手伝いに来る、それだけでも本当にありがたいことだと高見さんは言ってくれますが、自分は「誰かが自分を犠牲にしてまで誰かのために頑張っている、そしてそのすぐ近くに自分もいる。」という状況の中で“ちょっとしたお手伝い”だけをして終わるのが嫌でした。

 

花みずきさんに感化されたのもあり、それなら自分は「自分を犠牲にして頑張っている誰か」の為に何かしたいと思い、クラウドファンディングを立ち上げそこで集めた資金を全額「長後こども食堂」に寄付をしようと考えました。

それなら、ただの学生でも出来る大きな事だと考えました。

 

人と人との助け合いはこのようにして繋がっていくんだと思っています。高見さんがこども達や地域のために頑張る、その高見さんの負担を減らすために自分が動く。そして、自分のプロジェクトを皆さんのご協力を得て達成させる。

 

どうかこのプロジェクトへご協力をよろしくお願いします。

 

 

 

「ごはんでこども達のお腹を満たし、笑顔に!!」

【活動内容】

活動名『地域のこども達を食で支えよう!昼の給食支援〜長後こども食堂〜』

学校は再開したけれど、給食の開始は遅れています。

6/1〜6/16の間の平日に毎日こども達の給食支援をします。

時間は12:00〜13:00

◎こども(高校生まで):無料

◎大人:200円以上の募金協力

お持ち帰りかその場で食べるかは自由で、お持ち帰りの場合はタッパーなどの容器を、その場で食べる場合はお椀、お箸等の持参をお願いしています。

 

今回クラウドファンディングで頂いた資金は全て食材費に充てさせていただきます。

1日につき1万円 × 12日間で計12万円を目標金額に設定させていただきました。

高見さんの想定では1日数十人〜100人程度ですが、当日にならなければ分からないので、最低ラインの1日1万円で計算させていただきました。

(月1のこども食堂では、40人〜90人が来ています。)

 

このご支援を必ずこども達の“笑顔 へと繋げて見せます。

 

 

 

 

 

 

「こども達に明るい未来をーー。」

先ほども言いましたが、今はコロナウイルスの影響で大学への登校はありません。そして、こども達もまた、学校への登校が無く、6月からやっと再開したばかりです。しかし、再開したからと言って元の学校生活に戻ったわけではありません。分散登校や短縮授業、もといコロナウイルスによって友達と仲良くおしゃべりしたり遊んだりすることは依然出来ないままでしょう。「せっかく学校へ行けるようになったのに・・・」とかえってストレスになってしまう可能性だってあります。

 

そんな辛い思いをしている、我慢をさせてしまっているこども達に、せめてごはんだけは何不自由なく、お腹いっぱい食べて欲しい。そして少しでも笑顔になって欲しい。そんな高見さんの想いに報いるために、そして何よりその想いを叶えてこども達を笑顔にし、明るい未来を迎えられるようにするために、自分はこのプロジェクトを達成させ、なおかつ、給食開始まで活動の手伝いを最後まで続けようと思っています。

 

【おわりに】

最後までご覧くださってありがとうございます。

このプロジェクトで運営者の高見さんや、食べに来てくれるこども達など、関わる全ての方たちの助けになれば、と思っております。

一学生の気持ちが皆さんの心に少しでも届いて、少しでもご支援をして頂けたら幸いです。

よろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

プロジェクト終了要項
寄贈するもの    
支援金

寄贈個数    
12万円

寄贈完了予定日    
2020年8月1日

寄贈先    
「長後こども食堂」

その他    
目標金額以上集まった場合は、今後のこども食堂の運営費に使用する。

 

 

 

 

 

 

 

プロジェクトの詳細をひらく

プロフィール

リターン

3,000

サンクスメール

サンクスメール

代表実行者から皆さんへのお礼のメール

支援者
5人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年7月

5,000

サンクスメール

サンクスメール

代表実行者から皆さんへのお礼のメール

支援者
13人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年7月

10,000

サンクスメール&活動報告メール

サンクスメール&活動報告メール

①代表実行者から皆さんへのお礼のメール
②給食支援の活動報告メール

支援者
4人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年7月

30,000

こども達からのメッセージ&「江の島らーめん花みずき」のラーメン3杯

こども達からのメッセージ&「江の島らーめん花みずき」のラーメン3杯

①「長後こども食堂」に来てくれているこども達からのメッセージを代表実行者が代わりにメールで送ります
②給食支援の活動報告メール
③「江の島らーめん花みずき」のラーメン3杯無料券(有効期限は2020年11月いっぱいまで、江の島らーめん花みずきでのみ使用可能)

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年7月

50,000

こども達からのメッセージ&「江の島らーめん花みずき」のラーメン5杯

こども達からのメッセージ&「江の島らーめん花みずき」のラーメン5杯

①「長後こども食堂」に来てくれているこども達からのメッセージを代表実行者が代わりにメールで送ります
②給食支援の活動報告メール
③「江の島らーめん花みずき」のラーメン5杯無料券(有効期限は2020年11月いっぱいまで、江の島らーめん花みずきでのみ使用可能)

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年7月

プロフィール

あなたにおすすめのプロジェクト

視覚障がい者単独歩行の支援装置開発に、より多くの声を聴きたい

今津 篤志(公立大学法人大阪 大阪市立大学 機械力学研究室)今津 篤志(公立大学法人大阪 大阪市立大学 ...

#医療・福祉

20%
現在
82,000円
寄附者
11人
残り
66日

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの応募・相談をする

プロジェクトの相談をする