15年に渡る修復作業を終えて、今週末はポーランド国内で有志への感謝を込めた完成披露とお別れ会(彼らから見たら)を開催しているそうです。

 

 

その際に、恐らくは戦後初の燃料満タン給油を実施するためにガソリンスタンドに立ち寄った様子が送られて来ました!(^^)!

 

 

「軽油満タンお願いします」というと、主タンク100リットル、副タンク30リットルの計130リットルが入ります。・・・思ったより少ないですね。

 

今後の予定としては数日かけて、陸路でドイツを縦断しフランスの港からフェリーでドーバー海峡を横断、英国に海路上陸を果たした後にボービントン戦車博物館に到着予定です。

 

小林は26日に日本を出発し、ボービントン戦車博物館で九五式軽戦車の到着を待ち受ける予定です。

 

そして29日(土)、30日(日)の午後には同館のタンクフェストで歴史的なお披露目パレードを実施する予定です。戦前~戦後を通じて欧州で日本の戦車が走るのは初めてということで現地での注目度も高いとのこと。

 

支援者の皆様にはyoutubeにて当日の様子を出来るだけ早いタイミングで御報告させて頂きます。ご案内はREADYFOR様のシステムよりメール配信を予定しておりますので、よろしくお願い致します!

 

次回は戦車の領収検査の御報告になると思います(^^ゞ

 

実行者:小林 雅彦

新着情報一覧へ