6月28日から30日までの三日間、英国ボービントン戦車博物館で開催される「タンクフェスト」にて九五式軽戦車がお披露目の予定です。

 

 

自分は前日の27日(木)には現地入りして、修復作業が完了した九五式軽戦車の領収検査に臨みます。

 

現在「タンクフェスト」で読み上げられる英文テキストの校正をしておりますが、本文中に「NPO法人防衛技術博物館を創る会の協力で修復作業が完了し、彼ら日本人のご厚意で本日の展示が実施される」という趣旨の一文もあり、感無量です。

 

九五式軽戦車の修復作業は最終段階を迎えており、ポーランドの工場では運転席ダッシュボードが完成しました。

 

 

たった一枚のダッシュボード部品製作のためだけに金型を作成し、鉄板を絞って成型してます・・・

 

 

車体への取り付け金具との接続には、バネを使用して悪路走行時の衝撃からメーターや照明器具を保護しています。もちろん、形状も機能もしっかり再現されします。

 

 

いよいよお披露目まで一か月を切り、工場では完成に向けての追い込み作業の真っ最中です・・・現地に見学に行きたいですが、彼らの作業のお邪魔になってしまうので、ぐっとこらえて英国での対面を楽しみに待ちましょう!(^^)!

 

実行者:小林 雅彦

新着情報一覧へ