おかげさまで現在446名の方からご支援が寄せられています。ありがとうございます。

 

目標達成にはまだまだ更に2,000名からのご支援が必要という計算になります!

 

ご支援を検討中の方にお願いです。クレジットカードでのご支援なら、決済は最終日の4月30日となりますので、手続きは今すぐにお願いできませんか?

 

本当に成功するの?というような様子見の方も多いとお思います。

 

すべて自分の不徳の致すところですが、やり切りますので実行者小林を信じて頂くしかありません!今回のチャンスを逃せば、この九五式軽戦車は二度と祖国の土を踏むことはありません……。

 

◇ ◇ ◇

 

本日も欧州からの最新の情報をお届け致します。

 

前回は一回目のゆっくり、おっかなびっくりの試運転の様子をお伝えしましたが、今回は元気に走り回る様子をご覧いただけます!

 

 

いかがでしょうか? 健気にクルクル回る様子がご覧いただけましたか?

 

こうやって履帯(キャタピラ)の跡を眺めると、思いの外小回りが利くことが判りますね。トレッドと履帯の接地長によって旋回半径が決まるとすれば、20トン位までの第二次大戦初期の戦車は超信地旋回できなくても、戦術上問題ないというのが判ります。

 

 

繰り返しになりますが、このプロジェクトを成功させるには、あなたのご支援が必要です!支援とはご寄付だけではありません、このプロジェクトのことを多くの人に広めてくだだい!もちろん、2度目、3度目のご寄付も大歓迎です。

 

今週には、6月の英国ボービントン戦車博物館のタンクフェストに向けての移送手段やスケジュールの打ち合わせも始まります。いよいよ最終段階に入った本プロジェクトへの応援をお待ちしております。

 

実行者:小林 雅彦

 

新着情報一覧へ