クラウドファンディング、残り1週間となりました。

来週6/29の金曜日23時が終了です。

現在60%まで来ました。残り20万円です。ここまで応援してくださった方、ありがとうございます。

 

さて、今回私がページにて訴求しているのは室内飼いの重要性もそうですが、

「保護猫の受け入れ」もとても重要視していることをお伝えしたいと思います。

 

 

地域猫活動で捕獲し、手術を施していただいた後の受け入れはもちろん、里親さんが中々決まらないハンデがある猫や、高齢の猫を主に預かっています。

 

今回のプロジェクトで目指す保護猫カフェ。

2階のサロンにてお預かりした里親募集の猫と触れ合えるように致します。

 

長期にわたり里親さんが見つからない猫を預かり、サロンで里親を募集します。

猫たちがストレスにならないよう、サロンと術後の預かりは部屋は別に用意します。

人馴れしてない猫も、サロンで預からない方針を取ります。

ストレスをかけないようにする為、頭数も増やしません。

 

 

あと残り20万円です。

重ね重ねですが、最後あと7日で、ご支援もそうですが、SNSやブログ、口コミでの情報拡散も大変力になります。

引き続き、長野県の地域猫への保護や啓発のための保護猫カフェ開設に向けて、応援のほどよろしくお願いします。

 

村山豊子

新着情報一覧へ