プロジェクト概要

 

ぼくのつくる次の学校は、

校舎いらずで生徒の受け入れ数は無限大。

 

必要なのはりっぱな校舎じゃなく、

学ぶことの大切さ楽しさ。

 

ライブ映像配信という手段をつかって、

教育の質や教育の文化をネパール全国に。

 

すべての子ども達が夢を描けるように。

 

 

ぼくが故郷に学校をつくったわけ

 

はじめまして。NPO法人YouMe Nepal(ユメ ネパール)代表のライ・シャラドです。ぼくは今、日本で暮らし日本の会社で働いていますが、ネパールで生まれ、ネパールで育ちました。

 

日本の皆さんにはあまりなじみがないかもしれませんが、ネパールは世界最高のエベレスト山やブッダ生誕の地ルンビニなど世界に誇れる場所がたくさんあり、大自然に囲まれたとてもいい国です。

 

earth ball

 

はじめに、ぼくがなぜYouMe Nepalを始めたかを少しだけお話させてください。

 

ぼくの生まれたコタン郡のドルシム村は、ネパールでもとても田舎にあります。毎日一時間半かけて水を汲みに行っていたような場所です。本当になにもない場所なので、ぼくはよく水牛の上にのって口笛の練習をしていました。付近にはベンガルトラも出没していたので、うかつには森の中にはいれませんでした。

 

エベレストを望むぼくの故郷、コタン郡ドルシム村(手前にある山にしかみえないのが村です)

 

自然は素晴らしかったけど、村の暮らしは豊かではなく、きちんとした教育を受けられる環境ではありませんでした。先生が学校を欠席をすることは当たり前。授業といえば教科書を音読するくらいで、それ以上の教育は受けられませんでした。

 

そんな状況の中、コタン郡で、ぼく一人にだけ奇跡がおきました。

 

小学校のときにネパール全国から毎年99人だけ選ばれる特待生に選出され、国のお金で首都カトマンズのきちんとした教育を受けられることになったのです。

 

当時の家族写真。真ん中がぼくです。カトマンズへ向かう前で、これから3日間歩いて山々を超えて最寄りのバス停へ行き、そこからさらに14時間夜行バスに乗っていきます。

 

そのおかげで高校卒業後は奨学金で日本の大学に留学ができ、日本で就職し働いています。

 

でも、ぼくの故郷の同級生のほとんどは高校を卒業していません。みんな肉体労働者として国外に出稼ぎに出ています。

 

なぜなのでしょうか?

 

それはきちんとした教育を受けてきていないからです。

 

実はぼく自身も日本の教育現場を見てから、初めてネパールの教育が全く足りていないことに気がつきました。

 

「毎日ちゃんと同じ時間に始まって、ちゃんと挨拶して、ちゃんとどの学校も同じ質の教育を受けている。」

 

日本で暮らす皆さんにとってはそんな事は当たり前だと思うかもしれませんが、ネパールでは学校の先生のことを見るしくみが全く機能していないのです。1時間半かけて行った学校に先生が来なくて、そのまま帰ったこともあります。半年間以上、校長先生と連絡がとれない学校もありました。

 

ネパールでは、これが当たり前のことになってしまっているので誰も疑問を持たないのです。

 

でも、全く良い教育がないわけではありません。私立学校の割合は全体の20%で、ちゃんと質の高い教育が受けられます。でも、そこに行けるのは裕福な家庭の子ども達だけです。残された80%の公立学校の子ども達は質の良い教育を受けられません。その原因は多くの公立学校に優秀な先生達がいないし、集まらないからです。

 

そのため、多くの若者が高校を卒業しないまま中東やマレーシアなどの外国に出稼ぎに行くしかないのです。

 

毎日1,500人もの出稼ぎ労働者が、こうしてネパールを後にしています。

 

しかも、彼らは十分な教育も訓練もされないままに過酷で危険な労働につき、毎日4,5人もの人が出稼ぎ先で命を落とし、カトマンズの空港に遺体が戻ってきています。

 

カタールで働くネパール人労働者

 

ぼくは大学を卒業する頃に、これが「現代の奴隷制度」とまで言われている事実を知りました。


「このままでは故郷の同級生の子ども達も、きっと同じ将来になってしまう」

 

だから、その頃のぼくには、お金も経験も何もありませんでしたが「何かやらなきゃ」という思いで、いてもたってもいられず友達と手作りの校舎を作り始めました。

 

出来上がったのはトタン屋根のボロボロの校舎でしたが、あなた(you)と私(me)の夢の学校という思いを託しYouMe School(ユメ スクール)と名付けました。

 

2011年につくった最初の手作りの校舎。写真は斜めに見えますが校舎はちゃんと真っ直ぐ立っています。

 

 

故郷の希望の星になった、夢の学校

 

集まった生徒は8人、先生は1人からのスタートでした。

 

最初はとても大変でした。村の一部の人達からは「馬鹿じゃないのか」と笑われたりもしていました。

 

 

それでもきちんとした教育を受けてもらいたいと続けていたら、糸井重里さん始めどんどんと支援してくれる方が増えていき多くの保護者からの理解も得ることができてきました。

 

そして校舎を大きくし、より多くの子ども達を受け入れることができるようになりました。

 


「学ぶということは真似るということから始まる」

 

ぼくは、日本のいいところをたくさん真似しました。時間を守ること、約束を守ること、自分達のことは自分達でやること(掃除など)といったルールは生徒はもちろん先生達にも徹底しました。

 

 

ネパールで初となる健康診断や、日本の給食の文化も真似しました。

 


日本のあそび道具もたくさん持ち込みました。

 

 

日本の幼稚園の子ども達がみんな黄色いおそろいの帽子を被っていた姿が可愛いくて、YouMe Schoolのみんなにも帽子を配りました。今では赤い帽子がYouMe Schoolの生徒の証となっています。

 

カーストフリーのこの学校には、子ども達みんなが赤い帽子の「YouMe Schoolファミリー」として健康に勉強しています。

 

彼らはみんな笑顔を絶やさず、YouMe Schoolが大好きで毎日楽しく学校に通っているのです。

 

 

さらには周辺の子ども達までが「YouMe Schoolに通いたい!」と言ってくれるようになっていきました。この学校には片道2、3時間かけて通学している子どももいます。

 

イスナライちゃんは、5歳ながらに心配する両親を自ら説得し通学を勝ち取りました。

 

そうして、2校目も作ることができ、たった8人の子ども達から始まった夢は今では2校合わせて360人の子ども達へと広がりました。

 

コタン校

 

2校目となるモラン校

 

ぼくだけが、きちんと教育を受けられたことはもう過去の話になりました。故郷の多くの子ども達は、今は国に選ばれなくてもきちんとした教育を受けられるようになったのです。

 

YouMe Schoolの子ども達は夢を持つようになり、

YouMe Schoolは、ぼくの故郷の希望の星になりました。

 

 


それでもネパールは変わらない?

 

でも、ネパールから出稼ぎ労働に行き亡くなる人数は減っていません。4ヶ月前にも、ぼくの故郷の友達もサウジアラビアから遺体で帰ってきました。

 

ネパール全国の約5万校の公立学校に通う子ども達は640万人います。

 

ぼくは確かに360人に教育を届けてきましたがネパール全体で考えるとそれもまた選ばれた特別な子ども達なのです。

 

ぼくはいったいどうすればこの状況を変えられるだろうかと悩み続けていました。

 

 

そんな中、2015年9月10日に憲法が施行され、教育に関しても公立学校に対する各市長の裁量権が大幅に増したのです。

 

何かが変わるかもしれないと感じる中で、ぼくの故郷の隣の市のメジャー・ライ市長と出会いました。彼もまた、出稼ぎ労働者として海外で働き、故郷を良くしたいと思って、ネパールに帰ってきた若いリーダーでした。

 

「教育を元に自分の市を変えたい」という彼の思いに共感し、ぼく達は意気投合、「ついに公立学校も大きく変わる変革の時が来たんだ」と感じました。



次の学校の生徒は、ネパールのみんな

 

YouMe Schoolでの経験を、いまの公立学校に入れられる新しいしくみが必要だと考えました。

 

ぼくが出した結論は、自治体と協力して首都カトマンズに集中している質の高い教育とYouMe Schoolの教育の楽しさ・大切さの考えをセットにして、公立学校へ伝えるというものです。

 

教育を伝えるために、遠隔ライブ配信を使ってのオンライン学校にします。つまり、ぼくのつくる次の学校は、校舎を必要としない公立学校と寄り添う学校にするのです。

 

このプロジェクトでは生徒だけではなく、公立学校の先生達自身も教える能力を向上できるように先生への教育指導も並行して行います

 

今は公立学校の先生の数が足りておらず、小学校の先生がそのまま中学校や高校の先生をやっているところも少なくありません。子ども達に教えるべき教科書の内容が、自分でも良くわからないという先生が多くいます。

 

子ども達が学校へ積極的に行けるかどうかは、親の考えや環境に大きく影響されます。YouMe Schoolで行っているように定期的な保護者会もやります。

 

 

そして、ぼくがこの”校舎のない新しい学校”の校長先生として、YouMe Schoolとして大事にし育てた教育の文化や考え方を伝えていきます。

 

市長としっかりと手を取り合って、地域社会を巻き込んで学校の重要性や魅力を上げていきます。

 

ぼくの村の人達はYouMe Schoolができたことで、教育への考え方が大きく変わりました。ぼくは、それをこの市の公立学校に展開していきたいと考えています。

 

 

ぼくらが取り組むオンライン学校について

 

何をやるのか

 

遠隔ライブ映像でオンラインスクールのしくみを作り、カトマンズから直接地方の公立学校にライブ授業を行います。このアイデアは、日本の東大ネットアカデミーさんを参考にしています。

 

ライブ配信授業のイメージ

 

どこでやるのか

 

対象となるのは、リムチュンブン市の公立学校の生徒と教師です。最近、リムチュンブン市では3Gの通信インフラが構築され、通信授業ができる環境になっています。リムチュンブン市長はYouMe Schoolとの教育改革を望んでいて、クラウドファンディングが成功したら実施することを約束してくれました。

 

市長からは「生徒だけでなく、これまで支援の手が届かなかったコミュニティ全体の為になるプログラムを一緒に実施できることを楽しみにしている」との手紙を頂きました。

 

現地メンバーと握手するメジャー・ライ市長(右)/市長から頂いた手紙

 

新しい講師の手配は、首都カトマンズの大学 Deerwalk Institute of TechnologyとYouMe Schoolとが協力し提供します。この大学は、ネパール最大のIT系大学で設立者と学長がYouMe Schoolを応援してくれると約束してくれました。

 

ネパールで一番優秀なIT系の大学Deerwalk Institute of Technology

 

いつ、どうやってやるのか

 

2018年度は、SEE(中学校卒業試験)向けの映像授業などを行います。映像授業の科目は数学、英語、科学を予定しています。その他、教師の研修や保護者会の設立にも取り組んでいきます。

 

SEEという中学校卒業試験は、ネパールでは最も重要視されている試験です(鉄の門と称されています)。先生や家族にとっても関心がとても高いこの中学卒業試験の補強の教室を、最初のステップとして行います。

 

多くの生徒がこの試験を突破できず、留年を重ね、卒業しないまま出稼ぎ労働にでかけています。この試験に落ちる90%が数学、英語、科学のどれかの科目で落ちているので、まずはこの3科目を強化していきます。

 

各学校の位置関係です。

 

 

すべての子どもが夢を描ける未来へ

 

日本の皆さんが当たり前のように受けている教育は、質も文化も本当に素晴らしいと考えています。ぼくは、ネパールの全ての人も日本のようにきちんとした教育を当たり前に受けている未来を作りたいのです。

 

もし、このクラウドファンディングが成功し、遠隔ライブ映像を使った新しい学校のしくみが効果的だと実証されれば、リムチュンブン市では残りの学校に導入されていいきます。

 

このリムチュンブン市を教育改革のモデルケースとして、徐々にネパール全国766の自治体へと展開できれば、全国640万人の子ども達の未来を切り開くことができるのです。

 

これこそが、教育を通してネパールに希望をもたらす道筋だとぼくは信じています。

そしてネパールが変われば、同じ課題を持っているその他多くの発展途上国の教育も変わっていく可能性があります。

 

みなさま、「教育を通じて、すべての子ども達が夢を描き自ら未来へ向かって進むことのできるネパールに変えたいという、ぼくの夢へのご支援をお願いします。

 

 

 

支援金の使途

 

みなさまからご支援いただいたお金は、このプロジェクトの達成のために役立てます。また、リムチュンブン市側で必要な諸費用は市の負担として捻出いただきます。

 

■プロジェクトの準備費用:500,000円

現地調査、交渉や調整、専門人員手配やスタッフの交通費等

■設備費用:1,400,000円

インターネット設備、大型モニターやプロジェクター、カメラ、PC、音声機器等の初期設備購入や保守にかかる費用

■教師の人件費:2,500,000円

カトマンズの教師達の手配、期間中の雇用費用

■運用費用:1,000,000円 

光熱費や管理費用、現地スタッフ費用

■マーケティング費用:900,000円

現地での映像撮影、プロジェクトの成果を広げていく費用

■マネジメント費用:700,000円

現地渡航・滞在費含むプロジェクトのマネジメントに必要な諸費用

 

計7,000,000円

 

 

プロジェクトの主なサポーターのみなさま

 

株式会社 ほぼ日 代表取締役社長 糸井重里氏

ネパールの荒野に学校という芽を吹かせたライくんが、たんぽぽの綿毛を飛ばすように新しい計画をスタートさせるという。いい風が吹きますように。ネパールの若い人たちみんなが、たくさんの知恵を授かりますように。

 

 

漫画家 森下裕美氏

 

東京大学 総長室顧問 杉山健一氏

”オンライン授業プラットフォーム”のためのクラウドファンディングのローンチ 、おめでとうございます。この機能を有効に活用し、子ども達が楽しくかつ好奇心を持って学んでくれることを期待しかつ確信しております。

 

立命館アジア太平洋大学 学長 出口治明氏

「APUで学んだ人達が世界を変える」という立命館アジア太平洋大学(APU)のビジョンを、卒業生が体現されていること、本当に嬉しいです!心から応援しています。

 

ネパール 財務省 Mr. Gagan Bahadur BK

中国のことわざに「1年先を案ずるならば、稲を植えなさい。10年先なら木々を植えなさい。死ぬまでの将来を案ずるならば人を教育しなさい」というものがありますが、私はこれに強く共感します。

 

連邦制の導入に伴い、教育をはじめとしてネパールは様々な変革に挑戦しています。あなたの考えるライブ映像授業のプラットフォームはネパールの公立学校の教育水準を改善させる革新的ソリューションとなる大きな可能性を持っています。ネパール政府は2年以内に国民全員が読み書きをできるようにするという決定を下しました。そういった中での今回の試みに、心から感謝します。頑張ってください。

 


最新の新着情報

このプロジェクトを支援する
(※ログインが必要です)