オンラインクラスが開始されました!

皆さん、ナマステ。

 

新着状況のご報告が遅くなってしまい申し訳ありません。

ネパールではオンラインクラスがついに開始されました。

 

 

現地では新しく就任したマネージャーのPrabin(プラビン)が精力的に活動をしてくれ、バラムタ校では予定通りオンラインクラスが開始されました。

 

 

このオンラインプロジェクトの教師を探すということも結構大変でしたが、

手を抜かずに選定を行い、とてもふさわしいと候補者を採用することができています。
採用後の五月末の2日間に渡り、カトマンズののオフィスで、採用したカトマンズの教師とリンチュンブン市の教師とのワークショップも実施しています。

このワークショップによって、メンバー同士、今後のアイデアや仕事の詳細、遠隔地でコミュニケーションを取ったり、いろいろ事を調整していくための教育システムについて理解し合えたと考えています。



現地スタッフ(Timi Ma Nepal)のメンバーと教師たち

 

 

カトマンズ側も生徒の様子がわかり、双方向でお互いの状況を把握しながら教えるようにしています。

今回の最初のトライアルはたまたま上手くいきましたが、まだまだ通信環境が不安定なため、安定して授業を行うレベルとはなっていません。

新マネージャーのプラビンは現地のプロバイダーを変更するなど、解決に向けて精力的に活動を続けています。

通信環境の課題だけではなく、学校のマネジメントの課題も残っています。

 

次回はプラビンの現地レポートとして、プロジェクトの進捗状況の詳細をお届けしたいと思います。

 

【イベントのご案内】

7月28日にネパールの教育についてのイベントを開催します。

本オンライン教育についてもお話しますので、

ご興味があれば、ぜひ参加してください。

 

 

今回の報告は以上となります。

 

引き続き、応援よろしくお願いいたします。

Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています