皆様、こんにちは。ご無沙汰しております。NPO法人W・I・N・G―路をはこぶ スタッフの田代です。久し振りの新着情報更新となりました。

 

あっという間に作品の制作も佳境に入って参りました!そして、今回のプロジェクトのハイライトである展覧会「あることについて」(12/1~12/26)も、スタートまであと半月を残すばかりとなっております!

 

展示発表に先立ちまして、展覧会のご案内ダイレクトメールが出来上がりましたので、この場をお借りしてご紹介させていただこうと思います。

 

 

 

 

 

 

「在ることについて」そして「或ることについて」

 

重症心身障害者と呼ばれる人たち=「或る人たち」にフォーカスを当て、彼らと日常を共にする人たち=「或る人たち」との絆に触れていく中で次々と湧き出てくる「或ることたち」。

 

断片である「或ること」たちを一つ一つ丁寧に拾い集めていくことを通じて、本体である「在ること」を感じ取る。その「よすが」として音・写真・言葉たちが「作品」という姿を借りてこの世に生まれます。

 

わたしの身体、わたしの想い、わたしとつながる誰か、わたし自身――その存在を、今、ここで信じるために。「あること」の可視化・可聴化への挑戦を、皆様の目で見届け、耳で聞き届けていただくことができましたら幸いです。

 

 

 

 

 

新着情報一覧へ