今回は選手会の目指す活動を具体的に紹介させていただきます。本日は、「サッカーイベント」についてになります!

 

現在、日本に帰国したときに子どもたちと一緒にボールを蹴れる場所は限られています。僕らのような選手でも子供たちはサインや写真撮影を求めてくれます。実力ではJリーグの選手や日本代表の選手には劣るけれど、ボールを一緒に蹴ることで子どもたちが目を輝かせてくれることは本当に嬉しいことです。

 

「選手会」を設立すること、そしてイベントの仕組みをしっかりと構築することで、 ''毎オフシーズンのイベント開催'' そして ''全国地方での開催'' を目指していきます。

 

応援している身近な海外サッカー選手の参加するイベントが自分たちの街で開催されるようになることで、普段、サッカー選手と触れ合う機会の少ない地域の子どもにも新しい「きっかけ」となります。

 

 

今回開催させていただくイベント(夢で世界を飛び越えるサッカーアクティベーション)のように、海外でプレーする選手と子供の交流できる場を提供し、選手は自分を知ってもらい応援してもらえるファンを作る『きっかけ』、子供は世界中の選手とプレーすることで新たな世界を知り、繋がれる『きっかけ』となります。

 

イベントでは、それぞれの選手たちがプレーする国によって子どもたちをチーム分けし、そのチームごとに挨拶やサッカー中に使える言葉に触れられる機会を作ります。

 

例えば、皆さんが普段英語でよく使う「Good!」は、サッカーの最中では「Well done!」(ウェル ダン)と言います。「良くやった!」という意味合いの完了形となるので、表現が異なるのです。

 

1番身近な英語でも、知らない表現を知るだけでも新しい発見です。では、タイ語、イタリア語、ポルトガル語、韓国語では何て言うのだろうか?このようなたった一言の小さなことでも色々な国でプレーしてきた経験から世界を知る『きっかけ』と『繋がり』を与えられます。

 

 

 

 

「結果のみが評価である勝負の世界で選手として稼いでいない選手に "価値" はない。」

 

 

 

本当にそうだろうか。

 

 

 

純粋に目を輝かせる子どもとボール蹴ることだけでも、必ず意味があると信じています。こういったイベントから日本、そして世界のサッカー界発展に貢献できるように「選手会」設立を進めていきます!

 

 

最後までご覧いただきありがとうございました!

 

 

 

 

【 進捗報告 】

 

昨日、大学サッカー部時代の同級生であり、地元、埼玉で小学生、中学生のクラブチームを設立した大久保翼と7年ぶりに再会しました!

 

2人でずっと居残り練習して切磋琢磨していた大学時代と今も変わらず、お互いの活動に刺激をもらいました。

 

そして、海外サッカー選手会へのご理解と賛同をいただき、ご支援までしてくれたことに感謝します。

 

 

翼、ありがとう^^

 

 

クラウドファンディング 期間「19日」

目標支援金額まで129,000円。

 

引き続きご支援のほど宜しくお願いします!

【ご支援・シェア拡散にご協力お願い致します!】

https://readyfor.jp/projects/yu-kuboki

 

個人または企業様からのイベントに関する、相談・質問等がありましたら、info@yukuboki.netまで気軽にご連絡ください。

 

久保木優

 

新着情報一覧へ