今回も選手会の目指す具体的な活動を紹介させていただきます。本日は、オフシーズンの「合同合宿」についての話になります!

 

海外でプレーする選手たちはオフシーズンになるとシーズン中の疲れを癒すために日本へ帰国してきます。そして、各々のオフをすごした後、多くの選手は次のシーズンに向けてコンディションを整える必要があります。

 

しかし、各選手が抱える問題として「十分にトレーニングができる環境がない。」「一人でするトレーニングには限界がある。」と言ったものがあります。

 

 

それなら日本を飛び出す前の選手を集めてコンディションを作りを目的とした合宿をするのはどうだろうか。

 

 

 

 

 

【 セカンドキャリアのためのデュアルキャリア 】

 

ありがたいことに海外サッカー選手のオフシーズンの現状に理解をしていただき、グランドと宿泊施設の提供にご協力していただける環境が関東圏内にあります。ここ数年、僕自身もその環境でコンディション作りをさせていただきました。

 

そういった環境により多くの海外サッカー選手が集まれるものにできれば、コンディションを作る目的以外に新しい活動を生み出すことにも繋がります。

 

 

例えば、午前中に選手同士で練習を行います。一人で身体を動かすよりもトレーニングの幅が広がり、良い相乗効果を生み出せます。更には、選手同士で海外の情報交換もできチーム探しの選択肢が広がります。

 

そして、夕方からはその地域の小学生へのスクールにゲスト参加、中学生の選手への指導、高校生への講演会などの活動ができます。これらは実際に僕自身がやらせていただいた活動でもあります。

 

 

個人の活動から「選手会」の活動として幅を広げることにより、小学生、中学生、高校生たちはたくさんの選手と交流することになります。サッカーイベントもひとつの「きっかけ」作りとなりますが、より濃い時間を現役選手と過ごすことで得られるものはたくさんあります。

 

 

 

現役中にセカンドキャリアを考えても何をしたら良いのかわからない選手や、何もできない選手がいます。サッカー選手としてできることは決して難しいことではなく、若い選手たちと一緒にサッカーすること、同じピッチに立って選手をみることが何より大きな意味を持ちます。それは引退後に指導者にならないとしても、選手としての今の自分を客観的に見れる機会、物事を言葉にして伝えることを学ぶ機会になります。

 

この合宿の活動で得られることは現役選手として翌シーズンの準備をすると同時に「指導経験」「発信力」「ファンを作る」ことに繋がり、その先の活動の幅が広がります。つまり、セカンドキャリアを見据えたデュアルキャリアとなります。

 

 

 

【 選手会の大切にするもの 】

 

「海外サッカー選手会」で目指す中で、「繋がり」をとても大切にしています。

 

合同合宿でも子供や地域と深く関わることで、「選手会」や僕ら海外現役サッカー選手を身近に感じてもらいたいと思っています。そして、その繋がりが皆んなからの温かい応援となります。ただ選手を集めてコンディションを作るだけの時間にするのは勿体無いことです。「現役選手と未来の選手」「世界と日本」「想いと想い」を繋げることで、今と未来が繋がる良いサイクルを作り出せるチャンスにもなります。

 

これも「0から1を作る」ことです。今はまだ目に見えないものでも、ひとつひとつの活動が必ず良い未来に繋がると信じています。

 

 

本日も最後までご覧いただき、ありがとうございました^^

 

 

 

【 エンドロールに名前記載 】

 

ご支援者様への共通リターン項目として、後日作成するイベントムービーのエンドロールにお名前を記載させていただきます。イベントを、そして「選手会」を皆さまと共に作っていくことが、より大きなサッカー界発展に繋がると思っています!

 

 

【 進捗報告 】

 

クラウドファンディング 期間「16日」

目標支援金額まで121,000円。

 

【 引き続きご支援・シェア拡散のご協力お願い致します! 】

https://readyfor.jp/projects/yu-kuboki

 

個人または企業様からのイベントに関する、相談・質問等がありましたら、info@yukuboki.netまで気軽にご連絡ください。

 

久保木優

 

 

 

新着情報一覧へ