皆さんの中のアフリカのイメージはどういったものでしょうか。

貧困に苦しむ人が多く、学校にいけない人が多い。道路が整備されておらず、水道も通っていない。そのようなイメージを抱いた方もいるのではないでしょうか。

 

自分はこの写真がアフリカだと知った時は驚きました。

 

 

自分の中のイメージとは怖いもので、現実とまったくかけ離れていることが多々あります。

 

僕がこのプロジェクトに関わろうと思った理由は、自分の視野を広げたかったからです 。このプロジェクトに関わる前は、アフリカの人たちは貧困に苦しんでいてかわいそう。もし募金する機会があれば募金してみたいな。などとまったくもってアフリカに興味をもっていませんでした。それゆえ、アフリカの現実も全くわからず、自分の中の偏見で

アフリカ=かわいそう

だと勝手に思っていました。

 

しかし、このプロジェクトを通じてわかったことは、私たちに比べ生活が豊かでないとしても心が貧しいとは限らないことです。アフリカの人たちの温かさにはどこか惹きつけられるものがあります。

 

これからも積極的に自分の視野を広げ、人の温かさを感じることができるようになりたいと思います。そして、その温かさを人に伝えていけるようになりたいです。


 

新着情報一覧へ