皆さんこんにちは

昨日までの、「その1,2」は本機の話で聞いた話でしたがここからは、プロジェクトその物の話となります

私は、1990 年代初頭から日本のアメリカン・カジュアル、ファッションのけん引役となったアパレルメーカー「リアルマッコイズ」の取締役として海外活動の業務のほとんどを統括しておりました


その後、1990年からNZ法人として経営していたしていたリアルマッコイズ・ニュージーランド社をベースとしてその直営工場を使い「THE FEW」と言うブランドを立ち上げ現在に至ります


また一方で、某航空雑誌でフライトジャケットの販売で培った人脈を駆使して、ライターを勤め、2004年にアメリカで見つけた零戦21型を取材し、その機体を飛行可能にして「日本に里帰りさせられたら」という夢を記事を書き、これがプロジェクトの始まりとでもいいましょうか・・


その後、日本のある地方自治体関係者から建設予定の博物館の為に零戦を是非とも探して欲しいとオファーがあり友人、知人を通じて、本機の買収契約を締結し、その契約を仲介するために米に ZeroEnterprise Inc.を設立しました


その後、2年近くを費やして最終的に零戦の機体の保全してきましたが、リーマンショックの影響で自治体からオファーのあったプロジェクトは頓挫し、売買契約の履行責任を取り、正に私財を投げうって本機オーナーとなりこの度晴れて日本へ里帰りさせることができました

<The Few  http://www.thefewmfg.com/catalog.cgi >