サンフェイスグループで主に障がい者・児のヘルパーなどで勤務しています。毛馬理です。ブラジリアン柔術を始めて7年目になりました。

 

ブラジリアン柔術を始めたきっかけは、単純に運動する機会を作るためでした。ストレスがたまって、調子を崩すことが多かったのでストレス発散のため勧められたのが柔術でした。

それまで、格闘技とは無縁の生活をしていたので、体の動かし方ひとつとっても全くできなかったので最初はついていくのがやっとでした。

それが半年、一年、二年といつの間にか時が過ぎ、ようやく体が動けるようになってきました。

おかげで、肩周りの筋肉が発達して身体介護をする際に利用者さんから「ええ筋肉してるわ」と言われるようになりました。

 

柔術の試合も何度か出ましたが、基本的に柔術の試合は体育館に試合コートがいくつもあって、自分の順番が来たら名前を呼ばれ試合を消化していく形です。

 

僕は【ZION#1】で助っ人として試合に出場したのですが、試合は入場曲に合わせて入り、DJの流す音楽が試合中も流れ、さらに試合コートは四方をギャラリーが埋め尽くしているので、いつも以上の力が発揮できました。

 

また、自分が出場しない試合もすぐ近くで観れて臨場感がすごく、迫力もプロの格闘技を見てるのかなと錯覚するほどでした。


去年の成功を受けて今回は前年以上の大会にしたいと思いますので

是非とも皆様のお力添えをよろしくお願い致します!

新着情報一覧へ