サンフェイスで『グループホームひまわり』や『アート教室suntrap』を担当しながら、ブラジリアン柔術教室に参加している奥井です。

 

ブラジリアン柔術教室に最初に参加したのは、もう何年か前になるのですが、一度ドロップアウトしまして・・・。

今回『ZION♯2』の開催をきっかけにして、再開することになりました。

 

もともと「柔術」に興味があったというわけではなかったのですが、サンフェイスで教室が始まるということで、どんなものなのか知っておこうと始めました。

 

身体を動かすことは好きだったので、(物覚えが悪いながら)やってみると 楽しくて、さらにスパーリングなどでの意地というか悔しさというか・・・そんな感じで続けていました。

 

ドロップアウトはしたものの、決してイヤになったわけではなく、自分の中での自己(時間)管理がうまく出来ず、一度クリアにしようとした結果だったのですが、そんな中で、昨年『ZION♯1』が開催されました。

 

『エンターテイメント型ブラジリアン柔術大会』として、日本初の試みがたくさん詰まったイベント『ZION♯1』。

僕自身、映像や音楽、アートなどが以前から好きだったので、楽しめる要素は盛りだくさんでした!

 

その上でも、柔術の試合というものをまったく新しい目で面白く観ることの出 来るイベントでした!

 

映像や音響、照明を駆使して行われる試合は、まるでアクション映画のクライマックス1シーンを観ているかのような迫力で、ドラマ性にも溢れていました。

 

また、ついに日本初のサポートクラスが日ごろの練習の成果を堂々と、思い切り見せる(魅せる)ことが出来たときこそが、本当の意味でのクライマックスになっていたかと思います。

 

今回の『ZION♯2』では、イベント全体としても、そしてサポートクラスの皆も、さらにパワーアップした形でお届け出来るよう、必死に励んでいます。

 

だからこそ、いろんな方々にこのイベントを知ってもらいたい、観てもらいたい!!

 

そしてイベントを作り 上げる力を貸して頂きたいのです。

 

ご協力よろしくお願いします!!

新着情報一覧へ