この写真は、東北サファリパークで撮影しました。

手の中をよく見てみてください。

 

 

 

手の中にあるのはドリルです。

ほとんどのお客さんは気づいていませんが、象使いは手の中にドリルを隠し持っています

 

 

 

 

このドリルでゾウの頭を突き刺します。
ドリルで突き刺すことにより、客を乗せるために大人しくさせたり、

ゾウにお辞儀をさせ、ありがとうをさせます。

 

 

 

客は大喜びですが、実際はゾウはドリルを刺されて痛いので避けているだけなのです。

 

 

 

 

 

ゾウライドやショーは極めて非倫理的な行為であり、明らかな動物虐待です。

ドリルやブルフックで痛めつけます。

ブルフックとは、先が金属で尖ったフック状になった調教器具。これで急所を付き、あるいは殴り言うことを聞かせる。(写真は日立かみね動物園で撮影)

 

 

 

さらには、

岩手サファリパークでは、ゾウ使いがゾウの脇腹を殴り、

市原ぞうの国では、ゾウ使いは立ち上がらないゾウを蹴り上げていました。

 

 

 

 

 

そして、客が乗らないときはすぐに足に鎖を巻き、拘束します

そうすると、ゾウはすぐに異常行動をはじめます。

 

 

 

 

 

わかりますでしょうか。

ゾウは痛くて苦しくて悲しくて、精神的におかしくなっているのです。

経営者や飼育員はそんなことは百も承知でありながら綺麗事を言っています。

 

現実を見ましょう。

目を覚ましましょう

 

ゾウライドは楽しいでしょうか。

ゾウさんのショーは楽しいでしょうか。

お客さんが楽しむために、お金を落とすたびに、ゾウは痛めつけられている。

つまり、

ゾウを痛めつけるために、お金を払っているのです。

 

 

 

象に乗るのを拒否しましょう。

象のショーを楽しむのも拒否しましょう。

象の飼育もや拒否しましょう。

 

私たちは最悪最低のことをゾウたちにし続けています。

 

 

 

 

 

 

 

 

________________

 

南日本編でも、ゾウライドやゾウのショーを引き続き調査します。

 

皆様のおかげで着実に成立に近づいています。ありがとうございます。
引き続きぜひご支援、どうぞよろしくお願いいたします。
また、拡散もよろしくお願いいたします。

 

動物を解放しよう!

 

 

________________

 

現在把握できているゾウライドや、ゾウにショーを行わせている非倫理的な施設は、岩手サファリパーク東北サファリパーク那須ワールドモンキーパーク市原ゾウの国の4施設。

いずれも象使いは、手にドリルかブルフックをもって虐待しながら言うことを聞かせていました。

 

ゾウライドやショーを行なっている施設名。

そして苦しみ続けているゾウたちの名前。

女性が多いのがわかると思います。人間も動物も女性の方が搾取されやすい。

 

【岩手サファリパーク】

  ナッド(女性・ラオス)

  ブンミー(女性・ラオス)

【東北サファリパーク】 

  トンサイ(ラオス)

  ブントーン(ラオス)

【那須ワールドモンキーパーク】 

  カンビアン(ラオス)

  トンクーン(ラオス)

【市原ゾウの国】

  洋子(女性 1967?生)

  ミッキー(女性 1978?生)

  ランディー(女性 1979?生)

  ミニスター (女性 1986?生)

  テリー(男性 19921112生

  ブーリー(女性 1991118生)

  マミー(女性 1998124生)

  ゆめ花 (女性 2007503生)

  りり香(女性 2013903生)

  結希(男性 2014612生)

  ラージャ元気(男性 2017027生)

新着情報一覧へ