メッセージリレー第6弾「沖縄から平和を考える」 前川渚

 

みなさま、はじめまして。今年度沖縄自主派遣に参加させていただく、前川渚と申します。

先の大戦が終結し、今年で72年が経ちます。こんなに時間が経っているにも関わらず、今尚冷たい土の下に眠っている人がいる。信じ難いことではありましたが、昨年度初めて参加した沖縄にて悲しい現実を思い知ることになりました。

土の中から発見された御遺骨は70数年が経ち、脆く崩れてしまっていました。1人の人として確かに存在していた人。この人はどんな人だったのだろう。生きていたらどんな人生を歩んでいただろう。なぜこの人はここで死ななければならなかったのか。様々な思いが駆け巡りました。ご遺骨に思いを馳せると共に、わたしたちは二度と同じような目に遭ってはいけない。そう強く思いました。

自分の、この目で確かめた現実と感じた思いを胸に、遺骨収集という思いある活動を誠心誠意行います。ご声援よろしくお願い致します。