はじめまして。
中央大学文学部2年の松本理沙と申します。わたしは以前にカンボジアの海外ボランティアに参加したことがあります。
その際には、孤児院の児童たちと交流したり物資を援助したりする活動をしました。
その活動のなかでも学べることは様々ありましたが、別の形での国際的なボランティアをしたいと思い、今回建築ボランティアへの参加を決めました。人々が暮らし、生きていくための家屋をつくる協力をしたいと思いました。
その活動の上で、他国の人々の実情にも触れ、家をつくるという物体的な貢献に携わるだけでなく国を越えて人と少しでも繋がる精神的な貢献も出来たら良いな、と思います。

この活動にご協力、ご理解くださる皆様、本当にありがとうございます。
新着情報一覧へ