プロジェクト概要

プロジェクトの終了が報告されました
2017年3月4日~2017年3月17日にかけて、スリランカで家の建築を行います!

 

初めまして!中央大学1年「C-Habitat」の川井洸輝です。私たち「C-Habitat」は国際NGO団体の「Habitat for Humanity」を母体に持つ学生団体です。


私たちはHabitat for Humanityの理念に基づき、毎週1回の全体ミーティングでの様々なワークショップ、長期休みには海外での住居建築活動、熊本ボランティアへの派遣に参加、募金活動を行っています。そして、今回は2017年度春に19名のメンバーがスリランカへ住居建築活動に行くことが決定しました。

 

しかし、現地で住居を建築する際に建築資材費として75万円が必要になります。私たち学生団体だけでは大きな金額です。そこで今回建築資材費として必要な75万円のうちの20万円をクラウドファンディングで集めたいです。どうか、皆さまの温かいご支援を頂けないでしょうか?

 

建築活動の様子です!

 

 

スリランカは総人口の4分の1が貧困層。自分の家がない人たちがいます。

 

私たちにとっては当たり前にあるものだと思う方がほとんどだと思います。私は2016年の夏に海外の貧困地に家を建てるという海外住居建築活動に初めて参加したことで「家、住居がどれだけ重要なものなのか、毎日安心して寝れることがどれだけ幸せなことなのか」知ることができました。これは、実際に自分の目で見て感じなければ、毎日不自由なく暮らせている今の幸せを理解することはできなかったことです。

 

私たちは活動するスリランカは、長年のコロンボを中心とした西部に焦点を当てた経済開発により、地方と都市の間で顕著な格差が広がっています。国全体の貧困層の削減は進んでおらず、総人口の4分の1が貧困層と言われている現状です。そんなスリランカの人のために私たちにできることは「家を建てるお手伝いをすること」そう思い、今回のプロジェクトに挑戦することにしました。

 

スリランカの子どもたちの写真です

 

 

活動先のスリランカ・キャンディはコロンボに次ぐ第2の経済の中心地

 

今回私たちが活動するのはスリランカのキャンディです。キャンディは、スリランカ国内ではコロンボに次ぐ第2の経済の中心地です。また仏教の聖地であり、シンハラ人による最後の王朝の都であり観光地として有名です。しかし、中心地を離れると周りには自然豊かな景色が広がり、住居などに関して不安を抱えている方が多くいらっしゃいます。

 

また、スリランカ識字率が高いなど、途上国の中では比較的発展している国と言われていますが、途上国であることに変わりはありません。内戦による被害、ゴミ問題などの大きな問題を抱えています。もちろん中には収入が少なく、安心して寝ることができない家に住んでいる人、十分な暮らしをできていない人も多くいます。だからこそ、私たちは彼らの住居を建てることで暮らしをより良いものにできるよう建築活動のお手伝いをしたいのです。

 

 

 

 

 

家の建築を通してコミュ二ケーションを、言葉は通じなくても心は繋がっている

 

私たちの母体である国際NGO団体「Habitat for Humanity」では、『A world where everyone has a decent place to live. (誰もがきちんとした場所で暮らせる世界)』という理念を掲げ、貧困地域の自立を目指して世界約80カ国以上で住居建築支援を行なっています。1976年に設立され、地域のコミュニティ支援から始まった活動は、今では世界100カ国で展開してしています!

 

私たちが現地の方々のお手伝いをし、自分で建てた家に住むホームオーナーさんは家に愛着を持つようになります。また、私たちや大工さんと一緒に建築作業をすることで自分で増築する技を習得し、異国から来た私たちと言葉は通じなくても「心は繋がっている、ひとりではない」という勇気が芽生えるのです。

 

貧困問題というのは簡単に解決するものではありません。しかし、私たち学生が住居建築活動をすることがたとえ小さな力だとしてもたくさん集まればきっと大きな力になるはずです。

 

この活動に共感してくださる方、応援したいという方、世界中の人々がより良い暮らしができるよう、どうかご支援よろしくお願いいたします!

 

 

 

【リターンについて】

 

■1,000円のリターン

・お礼のお手紙(活動報告書付き)

 

■3,000円のリターン

・お礼のお手紙(活動報告書付き)

・活動報告書にて名前記載(任意)

・現地の写真

 

■10,000円のリターン

・お礼のお手紙(活動報告書付き)

・活動報告書にて名前記載(任意)

・現地の写真

・スリランカのお土産

 

■30,000円のリターン

・お礼のお手紙(活動報告書付き)

・活動報告書にて名前記載(任意)

・現地の写真

・スリランカのお土産

・活動報告会へのご招待

 

●10,000円のリターン(応援コース)

・お礼のお手紙(活動報告書付き)

・活動報告書にて名前記載(任意)

 

●30,000円のリターン(応援コース)

・お礼のお手紙(活動報告書付き)

・活動報告書にて名前記載(任意)


最新の新着情報