子ども達が読むと良いな~、と思うのはどんな本?と聞くと、幼稚園の先生や本屋の青田さんも「すべてが良いものではない」と言います。名作と呼ばれる本はどんな本だと思いますか?と聞いてみました。

せっかくですので、推薦書を少しずつ紹介したいと思います。

 

 

この本は「トンちゃんってそういうネコ」。ひだまりさんご推薦です。

絵本は白黒ですが、トンちゃんの説明が文になっています。

 

 

トンちゃんのめはみどりでハナはピンク。

ページをめくるごとに少しずつトンちゃんというネコが頭の中でみえてきます。

中盤からは、トンちゃんと他の猫のちがいが書かれています。

最初に白黒の絵と字だけでトンちゃんを想像していき、中盤になるとトンちゃんの動きや心に引き込まれていきます。

そしてその結末は・・・字はなく絵で描かれています。

 

2度目に読むと、その少ない文字や大きなトンちゃんの絵のこまやかな描写に気づき、結末はわかっていても泣いてしまう。そんなお話です。

 

お話は単純なのですが大人が何度読んでも心にのこる、1度読んでで心が動かされるものでした。本当に伝えたいメッセージがある本は、衝撃があり、感動があり、大人が読んでもそれは「感じる」ものだと思います。

 

良い本は楽しい、かわいい、印象だけでなく心が動くことが大事だな~、と改めて思いました。

 

トンちゃんの本、ご興味ある方は一度読んでみて下さい、感動です!

 

 

新着情報一覧へ