READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
成立

原発事故により避難したママたちのブックレットを作りたい!

芝野章子

芝野章子

原発事故により避難したママたちのブックレットを作りたい!

支援総額

219,000

目標金額 200,000円

支援者
27人
募集終了日
2014年5月29日
プロジェクトは成立しました!
7お気に入り登録7人がお気に入りしています

7お気に入り登録7人がお気に入りしています
2014年05月18日 10:19

経済的打撃~実態調査から


被災者はよく聞かれます。
「何に一番困っていますか???」
以下の結果に答えがあるような気がします。
避難費用・・・避難・移住のためにかかった費用(引越し費用等)は、100~200万円が30パーセント、50~100万円が27パーセントとなっています。高額になった人たちには、複数回引越しをした人が含まれています。
50万以下 10
50~100万 16
101~200万 18
201~300万 5
301~400万 6
500万以上 3
無回答 2
合計 60
貯蓄減少金額・・・貯蓄が減少したり、なくなった人は、全部で81パーセントいます。減少額は、100万円程度の人が多いのですが、それは、避難・移住にかかった費用と重なってきます。また生活の赤字を、貯蓄を崩して埋めている人もいます。貯蓄が少なくなると、将来の生活や子どもの教育資金への不安が出てきます
15万 1
50万 2
80万 1
100万 15
120~150万 1
150万 3
200万 5
280万 1
300~350万 1
400万 2
?百万 1
たくさん 1
貯蓄なくなった 1
非該当(減少してない・わからない) 9

不明 3
合計 60

家計の状況・・・二重生活の支出増、転職・退職による収入減などのため苦しくなっています。
非常に厳しい 25
厳しくなった 26

変わらない 7
無回答 2
合計 60

一覧に戻る

リターン

3,000

alt

サンクスレター

支援者
13人
在庫数
制限なし

10,000

alt

・サンクスレター
・避難ママの体験記を3冊

支援者
11人
在庫数
19

20,000

alt

・サンクスレター
・避難ママの体験記を5冊
・ふわりネットワークのHPにお名前を掲載
・福島のお母さんたちが作った会津木綿ボタンか、新地町のおばあちゃんたちが作ったナイロンたわし、どちらかひとつお送りします。

支援者
2人
在庫数
8

30,000

alt

・サンクスレター
・避難ママの体験記を7冊
・ふわりネットワークのHPにお名前を掲載
・福島のお母さんたちが作った会津木綿ボタン1つ
・新地町のおばあちゃんたちが作ったナイロンたわし1つ

支援者
1人
在庫数
6

100,000

alt

・サンクスレター
・避難ママの体験記10冊
・ふわりネットワークのHPにお名前を掲載
・福島のお母さんたちが作った会津木綿ボタン3つ
・新地町のおばあちゃんたちが作ったナイロンたわし3つ

支援者
0人
在庫数
5

プロジェクトの相談をする