ご支援・応援してくださった皆さん、本日無事に目標金額に達成することができました!温かいサポート本当にありがとうございました。ただ、まだまだ挑戦は続きます。(詳細は明日お伝えします...!)

 

今日は、ゆかりん&みかりんからの応援メッセージです。


====================================================

 

私達が中谷さんと知り合うキッカケとなったのは、同じサーファー仲間の知人に連れられ、中谷さん率いるサーフクラシックの活動を見学させていただいたのが始まりでした。

 

初めて見学をさせていただいた時は、ただただ海に入る皆んなが楽しそうにハシャギ、そして全員が全員、最高の笑顔のがとても印象的でした。

 

そしてその数ヶ月後、同じ知人から中谷さんの活動がNHKで放送されると聞きました。その放送を観た時、全身に鳥肌が立ったのを覚えています。

 

その放送では、当時小学生の脳性麻痺で体に障害を抱えている想君が、サーフィンを心の底から楽しみにしている姿が目に焼き付きました。中谷さんの指導のもと、海に入り、何度も何度も板から落ちては立ち上がり、落ちては立ち上がりを繰り返していました。

 

その間、中谷さんは言葉掛けはすれども、手を貸すということはしませんでした。想君が自力で板に乗れる事を中谷さんはわかっていたのです。そんな状況を繰り返し、最後まで諦めなかった想君がとうとう板の上に立てたのです。

 

そして波に乗る事が出来ました。

 

その瞬間想君の笑顔や、後ろの方で優しく見守るように微笑んでる中谷さんの姿は、心から感動しました。

 

思わず、テレビの前で感涙しながら拍手していました。

 

そんな感動をテレビではなく、そばで、肌で感じたくて、中谷さんのお手伝いをさせていただこうと思い、活動に参加させていただいてます。サーフクラシックに参加させていただいて、約三年になりますが、たくさんの出会いがありました。

 

一人一人と思い出があります。

 

障害を抱え、色々な苦悩があったお話を聞きながら、恥ずかしながら涙をこぼしてしまった事もあります。そんな方達から、私達は逆にたくさんの勇気を頂き、いつもいつも背中を押して頂いてます。

 

特に私達は、まだまだサーフィンが下手なので笑笑

 

障害者の方達から、いつも必ず ありがとうございました  と、言っていただきますが、それはまるで逆で、毎回私達の方こそ、ありがとう  って気持ちでいっぱいになります。

 

中谷さんとは、活動以外にも色々な所で海に入ります。この活動の原点ともなる福島にも何度か行きました。

 

海を愛するがゆえに、色々な思いで、自問自答しながら見つけたこの活動は、きっと神様が中谷さんに指令を与えたのかな笑

 

中谷さんの障害者の方達への熱い思いや、海に対する思いは、出会った頃と今も全く変わっていません。そんな中谷さんには、私達は安心して付いていけます。そして一人でも多く、嬉しい・楽しい・またサーフィンがしたいと思える環境にできたら最高ですね!

 

不可能を可能にできる場所  サーフクラシック

 

皆んなが笑顔になれる場所  サーフクラシック

 

いつでも協力と応援していきますよ〜!


2月6日 ゆかりん・みかりん
 

新着情報一覧へ