呼吸器を使っていると日常で色んな勘違いが起きます。

 

例えば、「死にそうなんでしょ?」という思い込み…

 

 違うんです~💦

 

 私にとって呼吸器というのは、目が悪い人が眼鏡をかけることで快適に過ごすのと同じ感覚なんです。呼吸が少し他の人より弱いから使うことでより快適に過ごしているだけなんです(^^♪

 

 そう感じてくれたら、呼吸器ユーザーがグッと近くに感じられたでしょうか?

 

 ただ…

 違いは眼鏡はどれだけ高くても400万もしませんよね?

 その違いはあるものの、呼吸器というのは、私にとって、日常を地域で自分らしくくらしていくために必要なたくさんの物の1つに過ぎないのです。

 

 みんなも、呼吸器ユーザーが地域で見かけたら、ジロジロ見るのではなく、「眼鏡をかけた人がいた」的な感覚で「呼吸器をつけた人がいた」なぁ~と気軽に話しかけてください。

 

 もしかすると、ものすごく面白い人かもしれませんよ~🎶

新着情報一覧へ