本年3 月のフィールドワークで、現在マノヘリ村で生活を送る住民を対象に、村落を悉皆的に調査し、生活習慣やより潜在的なニーズを抽出しました。また、地域に根付いた建築建設を目指すため、現地で手に入る建築材料の確認と一般的工法の調査等も行ってきました。

現在、こうして得られた知見を基に、住民参加型のプログラムを組み込んだ建築事業を展開していきます。また、村に、パブリックスペースがどう形成されているのかにも着目しながら、それらを柔軟に設計へ反映させる仕組みを考えていきたいと思っています。