READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
さがす
達成

子ども達のために日本の食もオーガニックにする映画を制作したい

心土不二

心土不二

子ども達のために日本の食もオーガニックにする映画を制作したい
支援募集終了日までに集まった支援金をプロジェクト実行者は受け取ります(All-or-Nothing方式)。支援募集は9月30日(水)午後11:00までです。

支援総額

19,005,000

目標金額 10,000,000円

190%
支援者
1,443人
残り
4日
1,443人 が支援しています

応援コメント
goron
goron36分前頑張ってください!頑張ってください!
Miwa Kanai
Miwa Kanai3時間前いつも山田さんの取組み、活動には感謝しております。私の地元の農家は現状を知らないどころか、喜んで農薬化学肥料を使っている所が…いつも山田さんの取組み、活動には感謝しております。私の地元の農家は現状を知らないどころか、喜んで農薬化学肥料を使っている所がまだまだ多いです。 他…
松本由美
松本由美6時間前食の安心安全は求めるものの、 低コストを選んだり、農場の現実や 農薬の怖さなどは、あまり考えたことがありませんでした。 …食の安心安全は求めるものの、 低コストを選んだり、農場の現実や 農薬の怖さなどは、あまり考えたことがありませんでした。 これを機会に多くの方々に…
プロジェクトの支援にすすむ(※ログインが必要です)
97お気に入り登録97人がお気に入りしています
支援募集終了日までに集まった支援金をプロジェクト実行者は受け取ります(All-or-Nothing方式)。支援募集は9月30日(水)午後11:00までです。

97お気に入り登録97人がお気に入りしています

プロジェクト本文

______________________________________________________________________________________

 

ドキュメンタリー映画「食の安全を守る人々(仮題)」

 

監督/撮影/編集  原村政樹

プロデューサー  山田正彦

企画    一般社団法人心土不二

______________________________________________________________________________________

 

取材で訪れたモンタナ州で拝んだ美しい夕焼け

 

 

◆映画をつくろうと思ったきっかけ

 

主要農作物種子法廃止、グリホサート規制緩和、表記無しのゲノム編集食品流通への動き、など、TPPに端を発する急速なグローバル化で日本の農と食にこれまで以上の危機が押し寄せています。

 

しかしマスコミはほとんど報道せず、日本に暮らす多くの市民の危機感は薄いのが現状…

この趨勢が続けば多国籍アグリビジネスによる支配が強まり、食料自給率のさらなる低下が進みます。

 

「このまま野放しにしておいてはならない」と闘い続ける山田正彦が、2018年12月にドキュメンタリー映画で警鐘を鳴らすことを決意。

2019年2月より映画の制作を開始しました。

 

監督には長年、農業をテーマに制作を続けている原村政樹を起用、山田と二人三脚で精力的に撮影を行っています。

 

◆映画の内容について

 

 

 

 

 

 

 

撮影は2019年2月、国会議員を中心にグリホサート残留の頭髪検査からスタートしました。

 

 

映画制作の始まり。頭髪検査にご協力いただいた国会議員の一部

 

 

自治体の種子条例制定に向けたシンポジウムなど、山田の活動を追いながら、国内の動きはもとより、韓国、アメリカと外国での事情を取材、世界の流れから日本の食と農を問い直す作品を目指しています。

 

 

 

◇主な構成(予定)

 

1 国会議員の頭髪検査:グリホサートなど、農薬・除草剤の人体への残留結果

 

 

2 モンサント裁判:原告のジョンソンさんとケネディーJr.弁護士インタビュー

”最後のインタビュー”として受けてくださったドウェイン・リー・ジョンソンさん

 

ロバート・ケネディJr.弁護士


 

 

3 モンサントと闘う母:ゼン・ハニーカットさんの活動(Moms Across America

 

 

4 身近なオーガニック食品:アメリカと韓国のスーパーマーケット

 

5 グリホサート・GMOの危険性:セラリーニ教授の実証研究(フランス・カーン大学)

 

 

7 日本のスナック菓子などへの警告:カリフォルニア州での発がん性警告表示

 

 

8 ゲノム編集食品の危険性:イグナシオ・チャペラ教授(カリフォルニア大学)の警告

 

 

9 種子法廃止に抵抗する地方自治体:種子条例制定への動き

 

 

10 農業試験場の役割:主食のコメは如何にして守られてきたのか

コメの種子栽培(原原種)異株の取り除き

 

11 広島のジーンバンク:膨大な伝統野菜の種子の発掘と保存

 

 

12 ネオニコチノイドの被害:長野県の実態(被害者と治療にあたる医師)

 

保育園児の普段の絵(上)と農薬の空中散布直後の絵(下)

 

13 変貌するアメリカ農業:有機農業に取り組むアメリカ中西部の大規模農家たち

有機農家で農学博士のロバート・クインさん

n

大規模有機農家 ロイ・ベンジャミンさん

 

 

14 学校給食をオーガニック食材に:韓国と千葉県いすみ市の取り組み

韓国の学校給食

 

栄養教諭が一人一人の児童の様子を見て話しかけながら回ります。

 

いすみ市の小学校の給食風景

 

<以上を山田が取材・インタビューする動きを追いながら描きます>

 

※現在、種子・種苗の映画は別立てで制作中です

 

映画完成・・・2020年秋

 

 

◆山田正彦よりメッセージ

まずは、日本では全く言っていいほど報道されない、知らされない海外の現状と日本の今をこの映画を観て知っていただきたい。

そして未来の子どもたちのために私たちに何ができるか、すぐにでも皆で実行に移しましょう。

動けば変わります。

 

山田正彦

 

◇プロフィール

弁護士・元農林水産大臣

1942年生まれ。長崎県五島で牧場経営や肉屋の経営などの経験の後、弁護士として開業しサラ金問題に取り組む。

1993年衆議院選挙に初当選し5期務める。菅内閣で農林水産大臣、農業者個別所得補償を実現。

 

TPP反対運動で大臣を辞め、今日までグローバリゼーションと闘っている。

 

2015年1月「TPP交渉差止・違憲訴訟の会」設立(弁護団共同代表)

2017年7月「日本の種子(たね)を守る会」設立(顧問)

2019年5月「デトックス・プロジェクト・ジャパン(DPJ)」設立(共同代表)

 

現在においては、TPPや種子法廃止の問題点を明らかにすべく現地調査を行い、

各地で講演や勉強会を行いながら地方の条例による独自の農業・食料政策を提言している。
併せて現在は種苗法改定に対する反対運動、給食をオーガニックにするための活動を行っている。

 

著書に「農政」大転換、アメリカも批准できないTPP協定の内容は、こうだった!、タネはどうなる?!、売り渡される食の安全、など多数。

 

 

◆原村政樹映画監督よりメッセージ

人は食べ物がなければ生きていけません。

それらはすべて大地が織りなす複雑な生命世界が支えています。目には見えない数えられないほどの土壌微生物が黙々と働いて、農作物を育んでいます。生命誕生以来、途方もない時間をかけ、そして今、私たちは生かされているのです。それを僅か数十年で開発した技術で人間が支配出来ると思いあがり、人間と自然界を分断し、さらに力のある者たちが金儲けをしようとしているのです。

人と自然が交歓する現代の姿を取り戻したい、そう長年想い続けてきた私は、日本の農業と食の安全を守るために闘う山田正彦さんと出会い、共感したことから、この映画の監督を引き受け、その正しさはすでに2年を超える撮影を経て益々強固な確信となっています。

是非、多くの皆様のご支援を賜りたく、お願い申し上げます。

 

原村政樹映画監督

 

◇プロフィール

1957年千葉県生まれ。上智大学卒業後、助監督を経て1988年に東南アジアの熱帯林破壊を

テーマにした「開発と環境 ~ 緑と水と大地そして人間」(JICA企画)監督デビュー。

医療・看護・建築・伝統文化・国際協力などの短編映画・テレビ番組の制作を経て、

2004年「海女のリャンさん」(キネマ旬報ベストテン第一位・文化庁文化記録映画大賞)で長編映画の制作を開始。

2006年「いのち耕す人々」(キネマ旬報ベストテン第四位・文化庁文化記録映画優秀賞・文化庁文化記録映画優秀賞)

2008年「里山っ子たち」(キネマ旬報ベストテン第三位・アース・ビジョン地球環境映画祭アース・ビジョン賞)

2013年「天に栄える村」(キネマ旬報ベストテン第五位・グリーンイメージ国際環境映画祭グリーンイメージ賞)

2015年「無音の叫び声」の映画と書籍は「農業ジャーナリスト賞」W受賞。その後フリーとなり、2017年「武蔵野 ~ 江戸の循環農業が息づく」(キネマ旬報ベストテン第六位・グリーンイメージ国際環境映画祭グリーンイメージ賞)

2019年「お百姓さんになりたい」

フリーとなってからの2作品は、監督・撮影・編集を一人で行った。

 

 

______________________________________________

 

◆制作スケジュールとご支援金の使い道について


◇制作予定スケジュール
2019年2月~2020年8月  :撮影
2019年9月~2020年8月  :編集
2020年9月~2020年10月:仕上げ

 
◇ご支援金の使い道について
映画制作及び映画パンフレット等関連印刷物の制作資金として活用させていただきます。

 

リターンについて

本プロジェクトを支援して下さった皆さまには、Readyforでの支援でしか手に入らないリターンもご用意しております。

なお、リターンの内容が変更になる可能性がありますのでご了承ください。

 

このプロジェクトに関するお問い合わせ
一般社団法人心土不二
住所:〒102-0093 東京都千代田区平河町2-3-10-216
Fax.03-5211-6880 E-mail:shindofuji.2020@gmail.com 

 

_________________________________

・プロジェクトの終了要項

映画制作完了予定日       
2020年10月30日

撮影場所   
アメリカ
・マムズアクロスアメリカ https://ja.momsacrossamerica.com/
・ロバートケネディJr.弁護士
https://www.facebook.com/rfkjr/
・Mr.Roy Benjamin
Devon, Montana

韓国
・清州市役所
http://www.cheongju.go.kr/japanese/index.do
・ウォルゴック小学校
http://school.cbe.go.kr/wallgok-e/M01
・閔勝奎氏
https://cnnongup.chungnam.go.kr/jpn/main.cs

日本
・たかはしクリニック
https://www.takahashi-clinic.net/
・夷隅小学校
http://www.chiba-a.jp/isumi-e/
・NPO法人民間稲作研究所
https://www.inasaku.org/
・国会議員
http://www.shugiin.go.jp/internet/index.nsf/html/index.htm

上映完了予定日
なし

上映場所   
なし

_________________________________

プロジェクトの詳細をひらく

プロフィール

リターン

3,000

alt

3000円コース:お礼メール付き

■山田正彦からのお礼メール

支援者
330人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年1月
このリターンを購入する

5,000

alt

5000円コース:直筆サイン入り書籍

■山田正彦からのお礼メール
■山田正彦執筆本直筆サイン入りいずれか一冊
「売り渡される食の安全」or「タネはどうなる?!」or「アメリカも批准できないTPP協定の内容は、こうだった!」
※お選びいただいた書籍が万が一終了した場合は、ご連絡させて頂きます。その際は他の書籍をお選びいただきたくご了承ください。

支援者
390人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年1月
このリターンを購入する

10,000

alt

10000円コース:映画の最後にも支援者様のお名前を掲載します!

■山田正彦からのお礼メール
■山田正彦執筆本直筆サイン入りいずれか一冊
「売り渡される食の安全」or「タネはどうなる?!」or「アメリカも批准できないTPP協定の内容は、こうだった!」
※お選びいただいた書籍が万が一終了した場合は、ご連絡させて頂きます。その際は他の書籍をお選びいただきたくご了承ください。
■映画の最後にお名前の掲載
※注意事項:このリターンに関する条件の詳細については、リンク先(https://readyfor.jp/terms_of_service#appendix)の「リターンに関するご留意事項」をご確認ください。

支援者
532人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年1月
このリターンを購入する

30,000

alt

30000円コース:パンフレット&オーガニック食品セット付き!

■山田正彦からのお礼メール
■山田正彦執筆本直筆サイン入りいずれか一冊
「売り渡される食の安全」or「タネはどうなる?!」or「アメリカも批准できないTPP協定の内容は、こうだった!」
※お選びいただいた書籍が万が一終了した場合は、ご連絡させて頂きます。その際は他の書籍をお選びいただきたくご了承ください。
■映画の最後にお名前の掲載

※注意事項:このリターンに関する条件の詳細については、リンク先(https://readyfor.jp/terms_of_service#appendix)の「リターンに関するご留意事項」をご確認ください。
■映画のパンフレット
■民間稲作研究所の有機農作物の加工品(お蕎麦、菜種油、玄米菓子などからおまかせセット)

支援者
135人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年1月
このリターンを購入する

50,000

alt

50000円コース:特典DVD付き!

■山田正彦からのお礼メール
■山田正彦執筆本直筆サイン入りいずれか一冊
「売り渡される食の安全」or「タネはどうなる?!」or「アメリカも批准できないTPP協定の内容は、こうだった!」
※お選びいただいた書籍が万が一終了した場合は、ご連絡させて頂きます。その際は他の書籍をお選びいただきたくご了承ください。
■映画の最後にお名前の掲載

※注意事項:このリターンに関する条件の詳細については、リンク先(https://readyfor.jp/terms_of_service#appendix)の「リターンに関するご留意事項」をご確認ください。
■映画のパンフレット
■民間稲作研究所の有機農作物の加工品(お蕎麦、菜種油、玄米菓子などからおまかせセット)
■特典DVD(インタビュー集 約20分)

支援者
46人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年1月
このリターンを購入する

100,000

alt

100000円コース:映画上映用DVD貸出付きコース(上映人数30名まで)

■山田正彦からのお礼メール
■山田正彦執筆本直筆サイン入りいずれか一冊
「売り渡される食の安全」or「タネはどうなる?!」or「アメリカも批准できないTPP協定の内容は、こうだった!」
※お選びいただいた書籍が万が一終了した場合は、ご連絡させて頂きます。その際は他の書籍をお選びいただきたくご了承ください。
■映画の最後にお名前の掲載

※注意事項:このリターンに関する条件の詳細については、リンク先(https://readyfor.jp/terms_of_service#appendix)の「リターンに関するご留意事項」をご確認ください。
■映画のパンフレット
■民間稲作研究所の有機農作物の加工品(お蕎麦、菜種油、玄米菓子などからおまかせセット)
■特典DVD(インタビュー集 約20分)
■映画上映用DVD貸出(但し、上映1回限定)
※ただし、上映人数は30名までの上映会とさせていただきます。

支援者
13人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年1月
このリターンを購入する

300,000

alt

300000円コース映画上映用DVD貸出付きコース(上映人数無制限)

■山田正彦からのお礼メール
■山田正彦執筆本直筆サイン入りいずれか一冊
「売り渡される食の安全」or「タネはどうなる?!」or「アメリカも批准できないTPP協定の内容は、こうだった!」
※お選びいただいた書籍が万が一終了した場合は、ご連絡させて頂きます。その際は他の書籍をお選びいただきたくご了承ください。
■映画の最後にお名前の掲載

※注意事項:このリターンに関する条件の詳細については、リンク先(https://readyfor.jp/terms_of_service#appendix)の「リターンに関するご留意事項」をご確認ください。
■映画のパンフレット
■民間稲作研究所の有機農作物の加工品(お蕎麦、菜種油、玄米菓子などからおまかせセット)
■特典DVD(インタビュー集 約20分)
■映画上映用DVD貸出(但し、上映1回限定)
※上映人数は無制限です。
※上映に関しては、原村監督と相談のうえ決定とする。

支援者
2人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年1月
このリターンを購入する

500,000

alt

500000円コース:映画上映用DVD貸出付きコース(上映人数無制限+講演会付き)

■山田正彦からのお礼メール
■山田正彦執筆本直筆サイン入りいずれか一冊
「売り渡される食の安全」or「タネはどうなる?!」or「アメリカも批准できないTPP協定の内容は、こうだった!」
※お選びいただいた書籍が万が一終了した場合は、ご連絡させて頂きます。その際は他の書籍をお選びいただきたくご了承ください。
■映画の最後にお名前の掲載
※注意事項:このリターンに関する条件の詳細については、リンク先(https://readyfor.jp/terms_of_service#appendix)の「リターンに関するご留意事項」をご確認ください。
■映画のパンフレット
■民間稲作研究所の有機農作物の加工品(お蕎麦、菜種油、玄米菓子などからおまかせセット)
■特典DVD(インタビュー集 約20分)
■映画上映用DVD貸出(但し、上映1回限定)
※上映人数は無制限。
※上映に関しては、原村監督と相談のうえ決定。
■映画上映時に講演に伺います。
※原村政樹監督又は山田正彦が講演に参ります。
※開催地は国内限定。
※交通費・宿泊費は、個別に別途ご相談させていただきます。

支援者
4人
在庫数
1
発送予定
2021年1月
このリターンを購入する

プロフィール

あなたにおすすめのプロジェクト

達成

プラスチックとどう共生していくか。みんなでエコを考える場を!

宇山 浩(大阪大学工学研究科教授)宇山 浩(大阪大学工学研究科教授)

#環境保護

233%
現在
2,803,000円
寄附者
96人
残り
4日

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの支援にすすむ支援にすすむ

プロジェクトの相談をする