READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
さがす
成立

保護猫のコンちゃんを失明の危機から救いたい!

増田隼人

増田隼人

保護猫のコンちゃんを失明の危機から救いたい!

支援総額

240,000

目標金額 130,000円

支援者
31人
募集終了日
2020年8月10日
31人 が支援しました
プロジェクトは成立しました!
8お気に入り登録8人がお気に入りしています

終了報告を読む


8お気に入り登録8人がお気に入りしています

プロジェクト本文

▼自己紹介

 

 ページをご覧いただきありがとうございます。増田隼人と申します。クラウドファンディングの利用は初めての経験になります。

 現在私は二歳になる愛猫と共に暮らしておりますが、二週間ほど前の雨の日に一匹の子猫と出会いました。子猫は生後2か月ほどの小さな雌猫で、コンちゃんといいます。

雨の中、必死に命を繋いでいたコンちゃんを助けるため、この子がこれから多くの綺麗なもの、楽しいものをちゃんと目に映して生きていけるようにするため、皆様のご支援を何卒よろしくお願い申し上げます。

 

 

▼プロジェクトを立ち上げたきっかけ

 

 私がその猫の存在に気がついたのは六月の中旬頃、雨の日の夜でした。

 地面を叩きつけるような強い雨音に混じって、外から鳴き声が聞こえてきたのです。

 私の住居は4階にありますので、猫は相当声を振り絞って鳴いていたのでしょう。鳴き声は20分も30分もずっと聞こえ続けていたように思います。

 

 だけどそのときの私は特に気に留めることもなく、その声を無視してしまいました。こんな雨に晒されて野良猫は大変だなと、他人事のように感じたのを覚えています。

 しかし、猫の声は次の日もその次の日も聞こえてきました。

 

 その週は毎夜のように雨が降っていて、私もだんだんその猫の様子が気がかりになってきました。

 とはいえ、うちではすでに他に猫を飼っていますし、経済的にそれほど余裕があるわけでもありません。一旦外には出たものの、ぐずぐず悩んで家に引き返してしまいました。

 今となってみれば、あのときすぐに動いていればと酷く後悔しています。

 

 

 

コンちゃん画像
保護数日後のコンちゃん      

 結局、私がその猫を目にしたのは初めて鳴き声を聞いた夜から3日ほど経った朝でした。

 家の前でやけにカラスが鳴いているなと思ったら、近くの茂みに子猫が隠れていたのです。私は今の飼い猫を生後4か月程の時期に飼い始めましたが、その子猫はそれよりもさらに幼いように見えました。

 子猫が隠れている茂みは、肉厚のギザギザした葉で覆われていて、うっかり手を伸ばすと肌を切りそうでした。子猫にとってもそこは決して居心地のいい場所ではなかったでしょう。けれども、カラスの攻撃や他の野良猫の縄張りを避けるには、たぶん他に居場所がなかったのだと思います。

 子猫の体は泥や目やにであちこちの毛が汚れて固まり、特に左目は赤くヤケドしたような色をしてふさがっていました。正直言って、かわいらしいとはとても言えない外見だったと思います。私はそこでまた少し怖じ気づきましたが、悩んだ末に、その子猫を家に連れ帰りました。

 

 

 

 

コンちゃん画像
結膜炎の治療中のコンちゃん

 私は連れ帰った子猫の体を洗い、先住猫のキャットフードをお湯でふやかして与えました。

 子猫はぐったりしていて、体を洗っているときも抵抗する力さえないようでした。鼻水も出ていて、くしゃみなのか咳なのか、発作のような異常な呼吸も時折起こします。その日は日曜でしたので翌朝に動物病院に連れていくと、重度の猫風邪と結膜炎だと診断され、薬を処方されました。

 獣医さんによると子猫は生後2か月くらいの年齢で、野良猫にしては人慣れしているので、元々は誰かに飼われていたか、軒先で餌やりだけでもされていたのではないかという話しです。

 捨てられてから感染症にかかってしまったのか、感染症にかかってから捨てられてしまったのかは分かりません。拾った当初は左記の画像よりもずっと目が酷い状態だったので、もしかしたら外見の問題で捨てられてしまったのかもしれません。里親を探すことも考えましたが、私はひとまず子猫の治療に専念することにしました。

 

 

 

 子猫は捨て猫にも関わらず人懐っこい性格で、どこかキツネのような見た目からコンちゃんと呼ぶことにしました。

 私が夜に眠っていると体を寄せてきて、こんな甘えん坊が雨の中何日も一人きりで泣いていたのかと思うと、胸が打たれる思いになりました。

 私がもっと早く助けていれば病気もここまで酷くならなかったかもしれないと思うと、コンちゃんには申し訳ない気持ちでいっぱいになります。

 

 

 

コンちゃん画像
甘えるように眠るコンちゃん

 

 

 

コンちゃん画像
エリザベスカラーを装着したコンちゃん  

 その後、毎日の投薬治療を経て猫風邪は快方に向かい、ふさがっていた片目も少しだけ開くようになりました。目薬を差そうとすると抵抗して暴れるようになり、手間がかかるようになった反面、その回復ぶりに嬉しくなりました。この頃には私もすっかりコンちゃんに情が移ってしまい、このまま家に引き取ることを考え始めました。

 ところが、つい先日、左目をよく見てみると、眼球の表面に傷が走り、そこに水疱のようなものができていました。眼球が充血し、頬の毛まで濡らすほど涙が溢れています。目元を拭おうとすると、ひどく痛がる素振りを見せました。

 急いで動物病院に再び連れていくと、目の状態が悪化して、潰瘍性角膜炎という症状を新たに起こしていると診断されました。水疱は傷ついて破れた角膜の内側から出てきてしまった房水と言われるもので、このまま悪化すると失明の恐れがあるとのことです。

 

 

 

  いまは首にエリザベスカラーを付けて保護していますが、風や埃などの小さな刺激を受けるだけでも痛みを感じ、状態が悪化しかねないことから、獣医さんからは早期に「瞬膜フラップ術」という手術を行うことを提案されました。簡単に言うと、眼球に刺激を与えないように瞼を縫合して一時的に閉じてしまい、角膜の治癒を促進する治療法だということです。

 

 

 本来ならば躊躇うことなく適切な処置をしてあげたいところですが、コロナウイルスの影響で収入が不安定になる中、当座の手術費用だけならまだしも、その後の通院費、ワクチン接種、去勢費用などの継続的な出費を考えていくと、私の蓄えで全て賄うのは経済的に厳しいのが実情です。

 

 たとえ片目が失明したとしても命に関わるほどの大事ではないし、拾った者の責任として自分自身で全て世話するのが当然だというご指摘も勿論あるでしょう。私自身、猫の一匹もちゃんと救えないのかと恥じ入る思いでいっぱいです。しかしそれでも私は、雨の中ずっと一人きりで放置してしまったこの子猫にできるだけのことをしてあげたいのです。

 

 どうかコンちゃんの目を守り、幸せな生活を送れるようにするため、皆様のご協力をいただけませんでしょうか?

 皆様の温かなご支援を伏してお願い申し上げます。

 

 

コンちゃん画像
先住猫の茶々丸とコンちゃん      

 

 

▼プロジェクトの内容

 

保護猫のコンちゃん(生後二か月)の治療および保護

・角膜潰瘍の手術(瞬膜フラップ術)の実施

・猫風邪・結膜炎・角膜炎の継続的治療

・ワクチン接種・去勢手術の実施

 

 

▼プロジェクトの展望・ビジョン

 

 現時点(6月28日)では猫風邪も完治しきっておらず、投薬治療を続けています。

 猫エイズや白血病などの基本的な検査は完了済みで、幸いなことにどれも陰性でした。

 角膜潰瘍の手術は行うならば早期の方がいいとのことなので、2020年7月上旬の実施を考えています。数週間から1か月ほど瞼を閉じた状態で角膜を保護し、その後抜糸をして経過観察する形になるかと思います。

 また、それに並行してワクチン接種など今後飼育していくための準備措置を行う予定です。

 術後はそのまま、責任を持って一緒に暮らしていく所存です。

 

 治療費の内約・大まかな見積もりは以下になります。

 

必要経費

・6月28日時点までの治療・検査費用:約30,000円

  ・診療費(通院:4回)

  ・薬代(猫風邪の飲み薬×2、結膜炎の点眼薬×2、ノミ取りの薬、消毒液)

  ・猫白血病、猫エイズなどの検査費

  ・エリザベスカラーの購入費

・角膜潰瘍の手術費:約50,000円(見込み)

・ワクチンの接種:約8,000円(見込み)

・去勢手術費用:約25,000円(見込み)

・クラウドファンディング手数料:約17,000円

 

                      合計:130,000円

 

※コンちゃんは野良猫で治療継続中のため、保険未加入となっています。

 

※上記のほか、術後の経過観察のための通院費などが別途必要となります。

 一回につき2千円~4千円ほどの請求になるかと思います。

 

 皆様のご協力を切にお願い申し上げます。

 

 

 

 

プロジェクト終了要項

治療・手術対象    
保護猫一匹(コンちゃん:雑種、生後2か月、メス)

治療・手術内容    
猫風邪および結膜炎、角膜潰瘍の投薬治療及び外科手術(瞬膜フラップ施術)・ワクチン接種、去勢費用

治療・手術完了予定日    
2020年8月31日

 

 

プロジェクトの詳細をひらく

プロフィール

埼玉県在住の増田隼人と申します。現在2歳の愛猫と共に生活していますが、生後二か月の子猫を拾ったのをきっかけに、この度クラウドファンドに初挑戦させていただきました。どうぞよろしくお願いいたします。

リターン

1,000

alt

コンちゃんお薬差し入れコース

コンちゃんの一種類当たりの薬代がおよそこの額になります。
支援してくださった方にはコンちゃんの経過報告も兼ねたお礼のメールと、コンちゃんの画像をお送りいたします。
支援金は全額、コンちゃんの治療費・保護費に充てさせていただきます。

支援者
5人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年9月

3,000

alt

コンちゃん通院支援コース

コンちゃんの1回の通院費がおよそこの額になります。
支援してくださった方にはコンちゃんの経過報告も兼ねたお礼のメールと、コンちゃんの画像をお送りいたします。
支援金は全額、コンちゃんの治療費・保護費に充てさせていただきます。

支援者
10人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年9月

5,000

alt

コンちゃんもっと通院支援コース

コンちゃんの1~2回の通院費がおよそこの額になります。
支援してくださった方にはコンちゃんが回復するまで複数回に分けて経過報告も兼ねたお礼のメールと、コンちゃんの画像をお送りいたします。
支援金は全額、コンちゃんの治療費・保護費に充てさせていただきます。

支援者
7人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年9月

10,000

alt

コンちゃん病気予防コース

コンちゃんのワクチン接種費用がおよそこの額になります。
支援してくださった方にはコンちゃんが回復するまで複数回に分けて経過報告も兼ねたお礼のメールと、コンちゃんの画像をお送りいたします。
支援金は全額、コンちゃんの治療費・保護費に充てさせていただきます。

支援者
7人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年9月

30,000

alt

コンちゃん手術支援コース

コンちゃんの角膜潰瘍の手術費用の約半分がこの額になります。
また、去勢手術の費用もおよそこの価格帯になります。
支援してくださった方にはコンちゃんが回復するまで複数回に分けてコンちゃんの経過報告を兼ねたお礼のメールと、コンちゃんの画像をお送りいたします。また、コンちゃんが回復した暁にはコンちゃんの動画データをメールにてお送りさせていただきます。
支援金は全額、コンちゃんの治療費・保護費に充てさせていただきます。

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年9月

50,000

alt

コンちゃんもっと手術を支援コース

コンちゃんの角膜潰瘍の手術費用がこの金額になります。
支援してくださった方にはコンちゃんが回復するまで複数回に分けて経過報告も兼ねたお礼のメールと、コンちゃんの画像をお送りいたします。コンちゃんが回復した暁にはコンちゃんの動画データをメールにてお送りさせていただきます。
支援金は全額、コンちゃんの治療費・保護費に充てさせていただきます。

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年9月

プロフィール

埼玉県在住の増田隼人と申します。現在2歳の愛猫と共に生活していますが、生後二か月の子猫を拾ったのをきっかけに、この度クラウドファンドに初挑戦させていただきました。どうぞよろしくお願いいたします。

あなたにおすすめのプロジェクト

宮城の不登校生が居場所に出会うためのネットワークを作りたい!

中村 みちよ中村 みちよ

#子ども・教育

72%
現在
255,000円
支援者
36人
残り
30日

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの応募・相談をする応募・相談をする

プロジェクトの相談をする