READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
さがす
成立

猫エイズ白血病 陽性発症 助けてあげたい!力をかしてください

衛藤美由紀

衛藤美由紀

猫エイズ白血病 陽性発症 助けてあげたい!力をかしてください

支援総額

237,000

目標金額 200,000円

支援者
50人
募集終了日
2020年9月24日
50人 が支援しました
プロジェクトは成立しました!
22お気に入り登録22人がお気に入りしています

22お気に入り登録22人がお気に入りしています

プロジェクト本文

 

暖かいご支援暖かい応援本当に本当にありがとうございました!

皆さまのおかげで、何とか立ち上げたプロジェクトを達成することができました!

本当に感謝してもしきれません。

助けてあげたいの一心で保護したものの、健康診断で突然の余命宣告、今思い出しても涙がでます。

何度も血液検査の結果間違えだと思いたかったです。

それでも、今ある命を懸命に生きようとするボボちゃんに私も心を打たれました。

痛々しい身体で一番辛いのはボボちゃんなのに、一生懸命喉を鳴らし私を癒そうとしてくれました。

そんな優しいこの子が、誰にも知られず苦しみながらひとりぼっちで亡くなっていくなんて、耐えられませんでした。

めいっぱいの愛情を注いであげようと、せめて最後の時がくるその時まで苦しみから救い出して、それまで安らかに過ごしてほしいと心から思いました。

保護する側の人間の勝手なエゴかもしれません、賛否両論あるかもしれません。

それでも、私は、ボボちゃんを見捨てることは出来なかったです。

勝手ではありますが、この先もかかる治療費の一部をこちらでご支援いただけたら本当に助かります。

皆さまの暖かいご支援で、ボボちゃんが苦しむ時に病院へ駆け込むことができます。

 

最終日までネクストゴール(目標金額35万円)に挑戦させていただきたく思います。

全てボボちゃんの治療費にあてさせていただきます。

最後まで暖かく見守っていただけたら幸いです。

どうかもう少しだけお力をお貸しください。

 

達成後は、ボボちゃんの経過報告をSNSで発信し続けようと思います。

また改めて、リターンのメールよりご連絡さしあげます。

お時間のある時にみにきていただけると、私もボボちゃんも嬉しく思います。

この度は本当に数多くのご支援本当にありがとうございました。

 

 

 

▼自己紹介

小さい頃から、生き物が大好きで生き物達に囲まれて生活してきました。

現在は、夫と子ども二人と猫二匹とごく普通の生活を送っています。

5年前に右前脚を事故か虐待で失った野良猫を保護しました。昨年母猫が行方不明になり雨の中凍えていた子猫を保護し一緒に暮らしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼プロジェクトを立ち上げたきっかけ

ある朝、玄関先に弱々しくうずくまった一匹の野良猫さんがいました。

8月上旬です。

 

 

みるからにやつれ風邪もひいているようす、右前脚もケガをしてジュクジュクしていました。

か細い声で一生懸命助けをもとめてきました。

このまま見捨てることはできないと、しかし、先月保護したばかりの仔猫もいるのでどうしたものかと悩みましたが、まずは保護して里親さんを探そうとすぐに決断しました。

何とか保護して病院へ。

ひとまず、骨折はなく噛まれ傷から炎症をおこしている、猫風邪もひいている、ノミダニも寄生しているので、炎症を抑える注射とノミダニ用のお薬をしてもらい、いったん帰宅しました。

脚はびっこを引きながらも、一生懸命エサに食らいついていました。

お腹ペコペコだったんだね…。汚れも臭いも酷かったけど、ストレスを与えないようにウエットタイプのシートで拭いてあげました。数日がたち、触れるくらいまでなついてくれました。

飼い猫だったのかな?

いろいろ検査も必要な為、体力が少し回復したところで再度受診しました。

年齢は推定5歳、オスの野良猫さん。血液検査の結果、猫エイズ白血病ともに陽性でした。

口の中は口内炎で腫れ上がりよだれも止まりません。

おそらく発症しているとのこと。右腹部にこぶし大の膨らみがあり、腹水か臓器が肥大しているか腫瘍とのこと。

もって3年とのこと。頭が真っ白になり、ただただなぜか人間が憎くてたまらなかった。

きっと、里親さんを探すのは困難だろうと、余生を幸せに穏やかに過ごさせてあげたいと心から思いました。

先住猫が居るため、完全隔離ではなれにある母屋に住んでもらうことにしました。

走り回るには十分な広さと庭にそのまま出入りできるよう、柵とネットを張りました。

これから、様々な病気が発症すると思われます。

私も初めてです、怖いです。それでも一日でも長く少しでも痛みを和らげてあげたい。

その為には莫大な医療費をわが家の家計できりつめるのはこれ以上難しく、藁をもすがる思いでここにたどり着きました。

人間のエゴにより、増えすぎた罪のない命が毎日たくさん失われています。

ちっぽけな私の行動ではどうしようもなく、ただ何かを感じわが家に助けをもとめにきた野良猫さんを助けてあげたいです。

苦しそうなお腹を擦りながら、涙が止まらない私に一生懸命ゴロゴロ喉を鳴らし心配してくれるこの子をどうか助ける力をかしていただけないでしょうか?

余命は短いと思います、残られた時間を痛みと苦しみから救いだしてあげたいです。

どうかどうかよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

▼プロジェクトの内容

保護猫のぼぼちゃんの猫エイズ白血病発症にともなう

さまざまな病気などの治療

残された余生を穏やかに過ごしてもらいたい為、痛みや苦しみの温和治療

 

 

 

 

 

 

 

▼プロジェクトの展望・ビジョン

 

右前脚のケガ治療

右腹部の膨らみの検査

これから発症するであろう様々な病気の治療

痛みや苦しみを伴う症状の改善、穏和治療

 

 

▼プロジェクト終了要項

 

療・手術対象    
ボボちゃん(猫 5歳 雑種)

 

治療・手術内容    
右前脚の治療継続
口内炎の穏和治療
エコー、レントゲンでの精密検査
白血病発症にともなう様々な症状の穏和治療

 

治療・手術完了予定日    
2021年8月1日

 

 

プロジェクトの詳細をひらく

プロフィール

子どもの頃から、生き物が大好きで、生き物に囲まれて過ごしてきました。 個人で細々と保護猫支援をしてきました。

リターン

2,000

ぼぼちゃんの余生を穏やかに

ぼぼちゃんの余生を穏やかに

お礼のメッセージとボボちゃんの写真をメールにて送らせてもらいます。

支援者
13人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年12月

3,000

ボボちゃんの余生をもっと穏やかに

ボボちゃんの余生をもっと穏やかに

お礼のメッセージとボボちゃんの写真をメールにて送らせてもらいます。

支援者
12人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年12月

5,000

ボボちゃんの余生をもっともっと穏やかに

ボボちゃんの余生をもっともっと穏やかに

お礼のメッセージとボボちゃんの写真をメールにて送らせてもらいます。
ご希望でしたら経過報告もメールで送ります。

支援者
17人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年12月

10,000

ボボちゃんの余生を穏やかに幸せに

ボボちゃんの余生を穏やかに幸せに

お礼のメッセージとボボちゃんの写真をメールにて送らせてもらいます。
ご希望でしたら経過報告もメールで送ります。

支援者
8人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年12月

プロフィール

子どもの頃から、生き物が大好きで、生き物に囲まれて過ごしてきました。 個人で細々と保護猫支援をしてきました。

あなたにおすすめのプロジェクト

達成

プラスチックとどう共生していくか。みんなでエコを考える場を!

宇山 浩(大阪大学工学研究科教授)宇山 浩(大阪大学工学研究科教授)

#環境保護

235%
現在
2,829,000円
寄附者
100人
残り
1日

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの応募・相談をする応募・相談をする

プロジェクトの相談をする