プロジェクト概要

【2016年2月中頃までに第2弾の発行が決定しました!】

 

京都市内で積極的に障がい者雇用を行っている企業の求人情報の掲載など、社会的に弱い立場にいる方々の就職をサポートする情報誌、1000部を発行し、無料配布します!

 

はじめまして、特定非営利活動法人CSビジネスサポート代表の志賀里世です。私たちは、2011年の発足以降、京都市内を中心に、障がい者など社会的弱者の方々の就労支援を行い、誰もが能力と環境にあった仕事と働き方を見つけ、やりがいや生きがいを感じて暮らせる社会の実現を目指してきました。

 

こうした活動の一環として、2014年には、様々な職場の紹介や就職までの道のりなどを紹介する情報誌を作成し、京都市内の病院や学校など箇所で無料配布を行いました。第1弾を発行すると、「どこに相談すればいいのかわかった!」や「どこに、どんな支援事業所があるかわかりやすくていい!」といった声も多く聞くことができました。

 

そこで、「自分達が作った冊子が、困っている方々の力になるなら!」と、今回第2弾の発行を決意したのです!

 

(「働く」までのステップと、どんなサポート機関があるのかを、イメージできるように図にしました。)

 

 

私自身、障がい者就労支援事業所を運営していた際、支援をする側とされる側の逆転現象というのをよく経験しました。

 

例えば、支援する側でありながら、コミュニケーションの取り方が特殊であったり、一枚の紙を折ることができない、会議の場で業務上必要な説明ができずパニックになるといったスタッフの姿を目にし、「障がい者と健常者」という線引きに、疑問を抱くようになったのです。障がい者手帳を持っていなくとも、他人とのコミュニケーションが上手く取れず、悩んでいる方もいます。また一方で、どれほど高い能力があっても、障がい者手帳を持つことで、「障がい者」という枠の中で捉えられ、仕事に就きにくいという現状に悩む方も多くいます。

 

特に、近年増加傾向にある発達障がいなどは、一見健常者と変わらず、知的能力も高い方が多いのですが、やはり症状が出てしまうとなかなか仕事に就くことが難しく、そこで継続して勤務することが難しくなる場合もあります。それぞれの個性に合わせて、発揮できる能力があるにも関わらず、情報不足からその能力を発揮する場を見つけることができずに悩んでいることは、本当にもったいないことだと思います。

 

(どこに、どんな支援事業所があり、どんなサポートが得意なのかを写真で紹介しています。)

 

 

しかし、社会的に弱い立場にいる方々が、自分の能力に合った適切な仕事場を見つけるには、まだまだ情報が乏しいのが現状です。

 

障がいの有無に関係なく、社会的弱者や求職困難者と言われる人たちは、インターネット検索の環境が整っていない、検索そのものが困難という方も多くいます。例えば、心の病などによって人生の途中で障がいを抱えた人の場合、相談機関にたどり着くまでに時間がかかります。理由としては、「就労支援」という言葉そのものに馴染みがなく、今の自分に必要な情報が把握できていないことがあります。また、インターネットで検索する際も、何というキーワード検索で検索したら良いのか分からないということもあります。

 

また、就労支援事業所の利用が始まったとしても、思うような就労支援が受けられず事業所を転々とし、結果、就職をあきらめ、経済的にも困窮した暮らしを余儀なくされる方も多くいます。そのため、こうした社会的弱者の方々が、必要な情報をより得やすくするためにも、彼らの生活圏内で情報を入手できるようにする必要があると考えたのです。

 

(理美容室が苦手な障害のある子供たちが少しずつ慣れるように、保育園などへ出張してカットする美容室を取材している様子です。)

 

 

第2弾では、就職までの道のりや求人情報、インターン情報などをフルカラーで36ページに渡り掲載し、京都市内の病院や障害者就労支援機関、私立大学、コンビニなど約100箇所に設置予定です!

 

今回掲載予定の内容としては、京都、大阪北摂エリアの障害者就労支援事業所の情報や、京都市内で障がい者就労支援をしている方や障がい者を雇用している企業の代表へのインタビュー記事をはじめ、そうした企業のインターンシップ制度など、就職に関するより具体的で実践することができる情報を掲載します。

 

例えば、就職までのプロセスとしては、実際に支援を受けて就職した人の体験談であったり、京都市内で積極的に障がい者雇用に力を入れている企業のインターンシップ受入れ情報などがあります。その他、全国の障害者雇用をしている企業を取材に訪れ、新たな雇用体制と取組などを掲載します。

 

前回第1弾を発行した際には、実際に掲載していた就労支援事業所に通いだした方もいらっしゃいます。自分の生活圏内で、適切な情報を得ることで、その後、就職と自立への大きな一歩が踏み出せた方がいらっしゃるということは、本当に嬉しく、継続して発行をしていきたいと強く願うようになりました。

 

(立上って数ヶ月の支援事業所を取材している様子。ここで聞く内容は、事業所紹介ページに反映されるためとても重要です!)

 

 

働きたくとも、なかなかその機会を見つけることができずにいる社会的弱者の方々が、就職と自立に向けた一歩が踏み出せるように、私たちは応援をしたいと思います!

 

心身に障がいを持った方や引きこもり生活を続けてきた方、一人親家庭の母子など、社会的に弱い立場にいる方の中で、「働きたい!」「働けるようになりたい!」と思いながらも、現状の制度の隙間から漏れたり、職に就くためのサポートを受けられない方に必要な情報を届け、掲載企業との連携によるサポートで、一人でも多くの人が職に就き、働きがいのある人生を送ることにつなげたいと思います。

 

また、企業の方々からは「これまで障害がある人は働く能力が低いと思っていたが、そうではないことがよくわかった」といった声を頂いており、こうした取り組みが、将来的には、企業にとって必要な人材の確保にも繋がることが期待されます。

 

最後に、ここまで読んで頂きありがとうございます!第2弾の発行に向け、みなさまご支援どうぞよろしくお願いします!

 

(次号、特集ページで紹介させていただくリゾートトラスト株式会社 東京人事総務事務支援センターです!)

 

 

★情報誌のコンテンツ内容(予定)のご紹介★

*以下のような内容で制作予定となります。

①働く人の紹介
②働くまでのプロセス
③就職をサポートする支援機関などの広告(有料)
④就職に必要なHOW TO
⑤インターン募集(有料)
⑥企業広告(有料)

 

 

★引換券の紹介★


①サンクスメール


②完成した情報誌1部


③完成した情報誌へのお名前の掲載

 

④京都名物「鹿の生ふりかけ」山椒・生姜セット


⑤無農薬の旬の京野菜セット
 ※セット内容は収穫状況によって異なります


⑥情報誌「TRInanto」広告掲載1/2枠