READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
さがす
ログインログイン・登録

保護猫の猫伝染性腹膜炎(FIP)投薬治療を助けてください!

GRADY CLAREELIZABETH

GRADY CLAREELIZABETH

保護猫の猫伝染性腹膜炎(FIP)投薬治療を助けてください!
目標金額を達成した場合のみ、実行者は集まった支援金を受け取ることができます(All-or-Nothing方式)。支援募集は5月21日(金)午後11:00までです。

支援総額

84,500

目標金額 500,000円

16%
支援者
39人
残り
38日

応援コメント
河野 麻子
河野 麻子11時間前掛け替え無い命を大事になさってください🐈️掛け替え無い命を大事になさってください🐈️
プロジェクトの支援にすすむ(※ログインが必要です)
21お気に入り登録
21人がお気に入りしています
目標金額を達成した場合のみ、実行者は集まった支援金を受け取ることができます(All-or-Nothing方式)。支援募集は5月21日(金)午後11:00までです。

21お気に入り登録
21人がお気に入りしています

プロジェクト本文

愛猫の急な呼吸困難

 

2020年5月に保護した子猫のクラダちゃんが、

2021年2月24日に、呼吸困難が見られました。

 

レントゲンを見たら、胸水が溜まっていました。

 

血液検査を見たら、「総タンパク量」と「グロブリン」の数値が高かったです。

 

これで、FIP(猫伝染性腹膜炎)を疑いました。

 

早速クラダちゃんと入院させて、酸素室に入りながら胸水を抜いてもらいました。

 

そして家に帰って、パートナーと色々調べました。

 

FIPの診断

 

かかりつけの病院だと、「FIPの治療がない」とか、「死亡率100%」とか言われましたので、

FIPの治療に詳しい協力病院を探しました。

 

早速姫路動物病院と予約を取って、2月26日にクラダちゃんを診てもらいました。

 

こちらの血液検査で、

・AGPが「1,970μg/mL」

・FCoVの抗体が「15,200倍」→(「FIPの可能性がある抗体価です」)

・FCoVの遺伝子が「陽性」*

 

*FCoVはFIPの原因のウイルスです。

 

・SAAが「114.2μg/mL」(基準は0.0~5.5)

 

・アルブミンが低い

・γ-グロブリンが高い

・A/G比が低い → この数値でFIPの「中期」だと分かりました。

・TPが高い

 

エコー検査も含めて、姫路動物病院の検査によると、

クラダちゃんは「FIPウェットタイプ中期」だと診断されました。

 

治療の計画

 

姫路動物病院からFIPの新薬が処方されました。

・注射液の5mL x3本

・100mgのカプセル x10個

・200mgのカプセル x10個

(計:25日分)

 

クラダは、「ウェット中期」に対し、体重がほぼ3㌔であるため、

注射だと一日に1ミリ、カプセルだと一日に300mgです。

注射の方が効くので、症状が落ち着くまでは注射、

落ち着いたらカプセルに変えることにしました。

 

ただいま25日分しか処方されていないが、

最低84日間が掛かる治療計画です。

残りの59日分は様子を見てから後ほど処方してもらう予定です。

 

ちなみにそのFIP新薬の値段ですが、

 

この領収書・請求書を見れば分かるんですが、

・注射液 → 5mL = ¥60,000

・カプセル → 100mg = ¥2,640

・カプセル → 200mg = ¥5,280

 

つまり、注射だと一日にかかる値段は、¥12,000(注射液1mL)

カプセルだと一日にかかる値段は、¥7920(計300mg)

 

今のところは、注射を15日、カプセルを69日間に投薬しようと思っております。

そうしたら:

(¥12000 x 15日)+(¥7920 x 69日)=¥180,000 +¥546,480 =¥726,480

 

FIP新薬の薬(消化機器を良くする薬、食欲を増やす薬、貧血を良くする薬)も

クラダに飲ましますし、定期検査も最初の入院もお金かかりますが、

一番大きい金額はFIP新薬の注射液とカプセルです。

 

延長・中止となった場合

 

治療計画は84日間ですが、猫の症状により、2週間の延長もたまにあります。

もし延長になった場合には、早速支援者にご報告をさせていただきます。

ちなみに、FIP新薬は「治療延長保証」がありますので、無料で処方されます。

 

万が一クラダちゃんが途中亡くなった場合、このプロジェクトはもちろん中止になります。

その場合は、集まった資金をほかの「FIP治療」のプロジェクトの支援に使わせていただきたいと思っております。

 

お願い

 

クラダちゃんがうちの娘のように愛しているし、

妹のマーフィーちゃんともすごく仲がいいので、

どうしても助けたいです。

 

クラダの治療の支援、

よろしくお願いいたします!

 

 

プロジェクトの終了要項

 

・治療・手術対象    
クラダ(メス、10ヶ月、雑種、野良出身)

・治療・手術内容    
猫伝染性腹膜炎(FIP)の治療方法は、84日間(12週間)の投薬を行います。

・治療・手術完了予定日    
2021年5月20日(投薬最終日)

・その他    
高額の薬に加えて、入院と定期検査などを含めて、
想定800,000~900,000円がかかる見立てです。不足の金額は自腹で払います。

 

プロフィール

GRADY CLAREELIZABETH

GRADY CLAREELIZABETH

クラダちゃん(♀)という保護猫の飼い主です。 ほかに2匹の保護猫もいますが、 クラダちゃんが「猫伝染性腹膜炎」(FIP)と診断され、 ただいま治療中です。 よろしくお願いいたします。

リターン

500

alt

感謝のメッセージ

・感謝のメッセージを送ります。
・クラダの治療中と治療後の姿を画像で報告します。

支援者
39人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年5月
このリターンを購入する

プロフィール

クラダちゃん(♀)という保護猫の飼い主です。 ほかに2匹の保護猫もいますが、 クラダちゃんが「猫伝染性腹膜炎」(FIP)と診断され、 ただいま治療中です。 よろしくお願いいたします。

あなたにおすすめのプロジェクト

地域に恩返ししたい。 子どもの成長を支えるスクールを目指すために!

一般社団法人 BraveBeeswith( ブレイブビーズ ウィズ)一般社団法人 BraveBeeswith( ブレイブビーズ...

#子ども・教育

88%
現在
1,765,000円
支援者
132人
残り
21時間

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの支援にすすむ
プロジェクトの相談をする