READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
ログインログイン・登録
成立

「マスマス元肥(ゲンピ)を使って富士宮をマスマス元気に!!」

時田定則

時田定則

「マスマス元肥(ゲンピ)を使って富士宮をマスマス元気に!!」

支援総額

543,000

目標金額 500,000円

支援者
136人
募集終了日
2021年7月15日
プロジェクトは成立しました!

終了報告を読む


プロジェクト本文

▼自己紹介

 富士宮高校会議所は、富士宮市内の高校生が連携し、高校生の視点で地域振興・ビジネスの手法を実践から学び、進学や就職に向けての学習意欲の増進と共に、地域における人材の育成を目的に2016年2月に設立しました。

 毎年、参加高校生を募集し、富士宮の活性化に向けて活動しています。

▼プロジェクトを立ち上げたきっかけ

静岡県富士宮市は、日本一のニジマスの養殖量を誇っています。富士宮高校会議所は、SDGs実践として、廃棄していたニジマスの残渣を朝霧牛の糞尿とコラボして作成した堆肥を「マスマス元肥(ゲンピ)」として開発しました。マスマス元肥(ゲンピ)を活用して、富士宮を持続可能な社会作りを実践してさらにマスマス元気にしたいと思っています。

▼プロジェクトの内容

 具体的には、マスマス元肥(ゲンピ)を使った農作物の普及、その農作物を使ったスィーツの作成、耕作放棄地をマスマス元肥(ゲンピ)を使っての有効活用等実現したい。

▼プロジェクトの展望・ビジョン

 クラウドファンディングによる資金をもとに、マスマス元肥(ゲンピ)の普及、及びマスマス元肥(ゲンピ)を使って栽培した野菜等の広がり、その野菜等を使ってスィーツ創りを通してビジネスを考えた持続可能なSDGS実践活動、持続可能な社会作りを実践持続させる。

 

本プロジェクトのリターンを履行するためには、菓子製造業許可が必要ですが、資格を取得しているお菓子の家 もちのき、貴幸・華月、チョコレート専門店 Concheより直接発送します。

 

 

 

 

▼プロジェクト終了要項

運営期間    
2021年5月から2022年3月

運営場所    
静岡県富士宮市

運営主体    
富士宮高校会議所

運営内容詳細    
富士宮高校会議所で、開発したSDGs 実践「マスマス元肥(ゲンピ)」を活用した農作物の普及、その野菜を使ったスィーツ等の作成を行う。

プロフィール

リターン

1,000


富士宮高校会議所の本部である西町レトロ館(静岡県富士宮市西町16-18)にて、コーヒー5杯飲める権利

富士宮高校会議所の本部である西町レトロ館(静岡県富士宮市西町16-18)にて、コーヒー5杯飲める権利

西町レトロ館で、コーヒー5杯飲める権利(水は、富士山天然湧水バナジウム入りです。)をメールで送ります。期限は、1年以内です。西町レトロ館では、平日は、スタディルーム、土曜日の午1前中、将棋と折り紙に親しんでいます。

支援者
33人
在庫数
59
発送完了予定月
2022年3月

1,000


富士宮高校会議所で開発したSDGs実践マスマス元肥(ゲンピ)5kg富士バイオテック株式会社製造を1袋お渡しします。

富士宮高校会議所で開発したSDGs実践マスマス元肥(ゲンピ)5kg富士バイオテック株式会社製造を1袋お渡しします。

富士バイオテック株式会社(静岡県富士宮市根原27)に、直接来られる方にお渡しします。

支援者
28人
在庫数
166
発送完了予定月
2022年3月

1,000


心を込めた感謝のメールを過去の富士宮高校会議所の主催した宮フォトコンテストの優秀作品データ1つとともに送ります。

心を込めた感謝のメールを過去の富士宮高校会議所の主催した宮フォトコンテストの優秀作品データ1つとともに送ります。

心を込めた感謝のメールと富士宮高校会議所プレゼンツ宮フォトコンテストの過去の表彰作品データ1つ送ります。例 この作品は、令和2年度 宮フォトコンテストシルバーグランプリ作品「神秘の輝き」室伏敦史さん作品です。 こちらで選んだ作品を送ります。

支援者
30人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年3月

1,000


富士宮高校会議所が開発した「にこにこ富士山 缶バッチ」望月美那さん作を1つ送ります。

富士宮高校会議所が開発した「にこにこ富士山 缶バッチ」望月美那さん作を1つ送ります。

富士宮高校会議所が制作した、望月美那さん作品の「にこにこ富士山」缶バッチ1つを送ります。(こちらで、選んで送ります。)
こちらのリターンを3口支援して頂いた場合は、3種類送ります。

支援者
10人
在庫数
90
発送完了予定月
2022年3月

1,000


富士宮高校会議所が開発した「にこにこ富士山」マグネット望月美那さん作を1つ送ります。

富士宮高校会議所が開発した「にこにこ富士山」マグネット望月美那さん作を1つ送ります。

富士宮高校会議所が制作した、望月美那さん作品の「にこにこ富士山」マグネット1つを送ります。こちらで、選んで送ります。こちらのリターンを3口支援して頂いた場合は、3種類送ります。

支援者
15人
在庫数
83
発送完了予定月
2022年3月

1,000


富士宮高校会議所が開発した「にこにこ富士山」キーホルダー望月美那さん作を1つ送ります。

富士宮高校会議所が開発した「にこにこ富士山」キーホルダー望月美那さん作を1つ送ります。

富士宮高校会議所が制作した、望月美那さん作品の「にこにこ富士山」キーホルダー1つを送ります。こちらで、選んで送ります。こちらのリターンを3口支援して頂いた場合は、3種類送ります。

支援者
13人
在庫数
85
発送完了予定月
2022年3月

1,000


心を込めた感謝のメールを送ります。

心を込めた感謝のメールを送ります。

心を込めた感謝のメールと「マスマス元肥(ゲンピ)を使って富士宮を元気に!!」の活動報告をメールで送ります。

支援者
40人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年3月

3,000


富士宮高校会議所作成の絵葉書3枚送ります。

富士宮高校会議所作成の絵葉書3枚送ります。

富士宮高校会議所が行っているフォトコンテスト「あなたの思う富士宮」の過去優秀作品の絵葉書3枚を送ります。例 この作品は、令和2年度ゴールドグランプリ作品 「素敵な里の朝」 宮崎泰一さん作品です。こちらで選んだ3枚セットを選んで送ります。

支援者
10人
在庫数
90
発送完了予定月
2022年3月

3,000


SDGs実践マスマス元肥(ゲンピ)から栽培した野菜から作ったお菓子を1種類送ります。

SDGs実践マスマス元肥(ゲンピ)から栽培した野菜から作ったお菓子を1種類送ります。

マスマス元肥(ゲンピ)から栽培した野菜等から作ったお菓子を送ります。富士宮市の「もちのき」「貴幸・華月」静岡市の「Conche」のお菓子です。送料込み2000円相当です。こちらで、お菓子を選んで送ります。いずれも菓子製造業許可を得ている製造・販売店です。直接各お店から発送します。

支援者
6人
在庫数
94
発送完了予定月
2022年3月

5,000


SDGs実践マスマス元肥(ゲンピ)を使って栽培した安全安心な美味しい富士山麓元気野菜を送ります。

SDGs実践マスマス元肥(ゲンピ)を使って栽培した安全安心な美味しい富士山麓元気野菜を送ります。

マスマス元肥(ゲンピ)を使って栽培した安全・安心な美味しい富士山麓元気野菜(農薬:栽培期間中不使用)を送ります。(送料込み3000円相当):栽培農家は、川島泰一郎さん、田邉友章さん、ホールアース農場平野達也さんです。各農家より直接発送します。
送る野菜・作物等は、こちらで選びます。画像は、マスマス元肥(ゲンピ)を農場に散布している様子です。

支援者
14人
在庫数
86
発送完了予定月
2022年3月

10,000


SDGs実践マスマス元肥(ゲンピ)を使って育てた安全安心な美味しい富士山麓元気野菜を2回送ります。

SDGs実践マスマス元肥(ゲンピ)を使って育てた安全安心な美味しい富士山麓元気野菜を2回送ります。

マスマス元肥(ゲンピ)を使って栽培した安全・安心な美味しい富士山麓元気野菜(農薬:栽培期間中不使用)を2回送ります。(送料込み3000円相当):栽培農家は、川島泰一郎さん、田邉友章さん、ホールアース農場平野達也さんです。各農家より直接発送します。
送る野菜・作物等は、こちら選びます。画像は、マスマス元肥(ゲンピ)を散布してサツマイモ栽培の準備をした様子です。

支援者
6人
在庫数
44
発送完了予定月
2022年3月

100,000


富士宮高校会議所の本部である西町レトロ館での3か月ギャラリー開催権利、富士宮高校会議所プレゼンツのイベント優先参加権利

富士宮高校会議所の本部である西町レトロ館での3か月ギャラリー開催権利、富士宮高校会議所プレゼンツのイベント優先参加権利

西町レトロ館での3か月ギャラリー開催権利、富士宮高校会議所プレゼンツのイベント優先参加権利(西町小劇場、高校生パフォーマンス大会、おはなし会、SDGSコンテスト・宮フォトPVコンテスト表彰式、定例会等)への参加権利を1年間有効で贈呈します。メールで送ります。例 画像は、令和2年度開催した西町小劇場の様子です。

支援者
1人
在庫数
完売
発送完了予定月
2022年3月

プロフィール

あなたにおすすめのプロジェクト

駒場農学レガシー,ケルネル水田を未来に継承するために のトップ画像

駒場農学レガシー,ケルネル水田を未来に継承するために

筑波大学附属駒場中高等学校筑波大学附属駒場中高等学校

#地域文化

76%
現在
21,429,000円
寄付者
665人
残り
35日
食から始まる子どもたちの成長サポート★地域で子ども達を支えてたい のトップ画像

食から始まる子どもたちの成長サポート★地域で子ども達を支えてたい

ララソーシャルララソーシャル

#まちづくり

継続寄付
総計
2人

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの実施相談をする
プロジェクトの相談をする