昨日、スタートいたしました「たらちね」によるREADYFORからの【日本初「民間の放射能測定室兼検診センター」を作りたい!】と題したクラウドファイングは、みなさまお一人お一人の子どもたちを支えたいというお気持ちで、順調に進んでおります。

誠にありがとうございます。

 

今日は311日です。

東日本大震災から5年が経ちました。

 

あの日の地震・津波の記憶は、時間の経過をまったく感じないほど私たちの脳裏に強くやきついています。

そして、起こった原子力発電所の事故は、今も現在進行形で、いつ、どうなるか、予断を許さない状況が続いています。

 

5年前、まだ、あどけなく幼かった子どもたちが少しずつ大人になり、原発の収束作業を担う立場になっている現状を見つめながら、私たちは「たらちね」の活動を続けています。

子どもたちに背負わせてしまった大きな荷物を下ろすこともできず、とりかえしのつかない犠牲の上に立って日々の暮らしがあることに、自分たち大人の無力を感じながら、それでも、今の私たちにできることをやるという気持ちで前に進みたいと思います。

 

子どもたちの未来が少しでも明るく、健康に過ごせるように、この度のプロジェクトを通じて、どうか、みなさまのお力添えをいただきますよう、お願いを申し上げます。

 

たらちね 

事務局長 鈴木薫

新着情報一覧へ