プロジェクト概要

苦しい闘病中の子ども達に笑顔を!

玩具福祉士がロボット・セラピーを届けます!

 

はじめまして!こんにちは!名古屋で玩具福祉士として活動している鈴木善幸と申します。「玩具福祉士」とは、玩具を用いて行う福祉活動の実践及び研究を通して、現代の福祉がめざす生活の質の向上と、共に生きる社会づくりに努め、福祉活動の拡充を図ることを目的として活動しています。

 

名古屋大学病院で闘病中の小児と出会い、玩具やコミュニケーションロボットを通じて、心のケア、笑顔を作る活動ができればと思い「ケアトイ care-toy」という活動を立ち上げました。

 

今回は、衛生面から制限の多いアニマルセラピーに変わる「ロボット・セラピー」用のロボットを購入して、プレイルームのある施設を訪問、子供達に新しい遊び体験をしてほしいと考えています!

 

おもちゃを通して心のケアを

 

苦しい闘病の中、子供達が笑顔になる場所。

それが、プレイルームなんです!

 

私自身、昔子供が長期入院を経験し、付き添いで入院したことがありました。免疫の関係で病棟から出られず、ベットの上での生活でした。苦しい闘病の中で、子供が楽しみにしていたのがプレイルームでの遊びです。

 

「プレイルームにいきたい!」と同じく闘病中の小児の友達も集まり、苦しい治療を少しでも忘れられる大切な時間をつくってくれました。

 

子供の闘病体験がきっかけでした

 

調子が良い日はここでおもちゃで遊んだり、折り紙などで遊んでくれるケア担当の方が来てくれたりしていました。たかがおもちゃですが、こども達にとっては心のケアをしてくれる薬になったはずです。

 

入院中の子どもにとって「遊び」は心の薬

 

遊び体験に「セラピー効果」をプラスできる。

それが「ロボットセラピー」

 

近年、コミュニケーションロボットなどによる玩具療法が注目を浴びており、その中で、玩具福祉学会の存在を知り玩具福祉士の勉強を始めました。今回は、玩具福祉学会の福祉士である私が、コミュニケーションロボットや知育玩具を使って、プレイルームのある施設(病院など)を訪問し、一緒に新しい遊び体験をしてもらう活動をします。

 

もちろん一般的な知育玩具はすばらしい効果があり「遊び」体験が可能です。今回の活動では、その「遊び」体験に「セラピー効果」をプラスした体験をしてもらうのが目的です。同様の体験としてアニマルセラピーが有名ですが、動物と触れ合うことから、病院では衛生面の問題で開催が困難な場合が多いです。

 

そうした状況で、アニマル・セラピーと同じく、元気づけ・ストレス軽減・話題づくりやコミニケーションの活性化などを目的とした、「ロボット・セラピー」のためのロボットとして研究・開発されたのが、メンタルコミットロボット「パロ」です。

 

画像の利用許可は、販売元の大和ハウス工業 ロボット事業推進室様に本件での承諾済

 

 

メンタルコミットロボット「パロ」とは?

 

メンタルコミットロボット「パロ」は、ギネスブック(2002年)にも認定されている「世界でもっともセラピー効果があるロボット」です。姿はタテゴトアザラシの赤ちゃんで、多数のセンサーや人工知能の働きによって、人間の呼びかけに反応し、抱きかかえると喜んだりするほか、人間の五感を刺激する豊かな感情表現や動物らしい行動をし、人を和ませ、心を癒します。


アニマル・セラピーと同様のセラピー効果を備えるほかロボットだからこその多くの利点があり、アメリカではFDA(食品医薬品局)より医療機器として承認されており、多くの医療施設や介護福祉施設などに採用、自閉症の子どもたちや認知症の高齢者などのセラピーに効果を上げ、高い評価を得ています。日本でもパロのセラピー効果が注目され、現在、介護福祉分野での導入が進んでいます(大和ハウス工業株式会社様HPより引用)。

 

 

多くの福祉現場で導入されています

 

病気療養中の小児と保護者様に、衛生上安全なケアロボットを中心とした玩具療法で

心のケアを行うことで闘病のストレス軽減などを目指していきます。玩具の力で笑顔を少しでも増やしていけると信じて、このプロジェクトを継続的に進めていく想いです。皆様のご支援をどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

◆◇◆ご支援金の用途◆◇◆

 

・コミュニケーションロボット「パロ」の購入にかかる費用:38万円


◆◇◆リターン内容◆◇◆

 

3000円

①サンクスレター
②活動報告(ホームページ)への掲載(ご希望の方のみ)

 

5000円

①②に加えて、
③活動日の写真集(保護者など関係者の了解のうえ問題のない写真のみ)

 

10000円

①~③に加えて、
④小児のアクティビティで作成した作品写真集(保護者など関係者の了解のうえ)

 

30000円

①~④に加えて、
⑤CSR活動報告への掲載 (ご希望の方のみ)
⑥ロボットセラピーのセミナーにご招待

 

50000円

①~⑥に加えて、
⑦パロ体験 1週間貸出 (ご希望の方のみ)