みなさん、こんにちは。

早速ご支援いただいたみなさま、ありがとうございます。またそれ以外の方たちも、ぜひともご検討ください。また、ご友人や知人の方たちにも、ぜひともお伝えいただければと思います。

 とはいえ、広島の上下町といっても、ご存じない方たちが多いと思います。上下町は、江戸時代には幕府の天領として栄え、石見銀山から瀬戸内への中継地としても大いに賑わった町です。今ではかつての賑わいはないとはいえ、当時の面影を至る所に漂わせています。また、弓神楽を筆頭に、古くからのお祭りや古い建築、伝統、さまざまなものが残されています。

 年にいくつもの地域のお祭りがありますが、そういうときには、提灯行列が行われ、神社に集まってお参りが行われます。若い人たちがほとんどいないこともあり、多くは高齢の方たちによって維持されていますが、それでもだれもが協力し合って、古くからの伝統を受け継いでいます。

 こういった地域の特色も併せてみたときに、この地に弓神楽が残っていることも納得がいくなあと思えてきます。

 ぜひ多くの人に、この地を訪れていただき、これらの伝統を体感してもらえたらと思っていますし、そのためにも、弓神楽という大切な伝統を絶えることなく伝承していくことに、ご理解いただき、それを続けていくことにも、ぜひご支援いただければと思っています。

 

新着情報一覧へ