アメリカンフットボール×アニメーション

"Atsushi Wada meets Amefoot" 日本のアメフト振興プロジェクト」


先に行った和田淳さんへのインタビューの動画は、おって編集した後、ご紹介をさせていただきます。しばらくの間、お待ちください。

 

本編よりひと足お先に、まずは和田淳さんから皆さまへのメッセージをお届けします。

和田淳さんは、11月3日(土・祝)より兵庫県立美術館で開催される個展「私の沼」が控えており、同じく11月の2日からは新千歳空港国際アニメーション映画祭2018のインターナショナルコンペティションで作品『秋 アントニオ・ヴィヴァルディ「四季」より』がノミネート上映されるなど、アニメーション作家としての活動の真っ只中です。くわえて、大学で行う授業で学生と向き合うなど大忙しの毎日ですが、『アメフト振興CM』の制作に向けて熱い気持ちをお持ちです。こちらも揺さぶられる思いをしています。

 

暑かった夏の終わりに開始したクラウドファンディングも残りわずか13日となりました。第4クォーターがすでにはじまっていて、あと何シリーズで何プレーできるか、どのスキームで挑むか、その他、フットボールのゲームにも似た感覚になってます。

 

これまでに多くの皆さまから、ご支援をいただき、また、様々なかたちでご協力やご声援をいただいております。心より感謝申し上げます。クラウドファンディングは10月31日(水)、ハロウィンの夜、23時までです。良い活動ができますよう頑張ります。引き続き皆さまからのご支援をお待ち申し上げます。いつもありがとうございます。

新着情報一覧へ