プロジェクト概要

プロジェクトの終了が報告されました

アフリカで8年間夢を追い続けた

補欠の野球少年も日本に招きたい!

 

多くの皆さまのご支援をいただき、目標金額を達成できました。11人の野球少年を日本に招くことができます。本当にありがとうございます!実は僕にはあと2人、日本に呼んであげたい野球少年がいます。

 

それは補欠選手のボンクンゴ・アメッド(16歳)、サンホ・ムサ(16歳)です。8歳の時に野球と出会い、1日100円未満で生活しながらも、プロ野球選手の夢を追い続けてきました。志もポテンシャルもあり、大きく成長すると確信しています。彼らにもチャンスを与えてあげたい。どうか引き続き応援をお願いします。(2016.03.26追記)

 

-----

日本ハムファイターズOB選手からのリターンを追加しました!(2016.03.07追記)

 

アフリカの裸足の野球少年団を日本に招き、

プロ野球選手になる夢を叶えたい!


はじめまして。出合祐太です。2008年に青年海外協力隊の野球指導員としてアフリカのブルキナファソに派遣されてから、今に至るまで現地の子どもたちに野球を教えてきました。ブルキナファソは、西アフリカに位置する人口1750万人ほどの国で世界の最貧国と呼ばれています。


2016年6月末~8月に西アフリカの野球少年11人を日本に呼び、北海道、高知、大阪、関東にて、北海道日本ハムファイターズ、高知ファイティングドックスなどのプロチームや札幌大学や社会人アマチュアチームとの親善試合を行います。過去に日本に招いたサンホ・ラシィナくんは、今ではブルキナファソ初のプロ野球選手として、高知ファイティングドックスで活躍しています。


ブルキナファソは国民の年収が約13000円といわれる世界で最も貧しい国です。遠く離れた日本に来るには渡航費だけでも年収の20倍かかります。第2のラシィナくん輩出のため、どうか応援をお願いします。

 

2012年 日本全国から頂いた野球用具贈呈式の様子。
新たな野球用具を前に目を輝かせます

 

 

当時の競技人口はたったの30人。

野球を教えるべきなのか思い悩んだことも


2008年、僕はブルキナファソ初の野球指導員として派遣されました。当時、競技人口は首都ワガドゥグでたったの30人。貧しい国なこともあり、用具は不足していたし、球場もないのでサッカー場や空き地で練習しました。

 

初めて僕が野球を教えた日、9時からの練習に間に合った選手は1人もいませんでした。僕は一人でグランド整備をして、引き続き彼らを待っていましたが、9時半になっても誰も来ず、10時過ぎになってやっと少しずつ人数が増える有様でした。

 

練習が始まっても覇気がない、うまくいかないとすぐケンカ、楽しければ良い、という野球が繰り広げられるばかり。野球よりも、農業や教育分野など人々の生活に直接役立つ支援をするほうが必要とされているのではないかと悩んだこともあります。

 

選手一人一人と向き合って、教えていきました

 

 

一人の少年と出会い、僕は変わった

 

ある日、近所に住む10歳の男の子が僕の元にやってきました。「野球って何?見せてみてよ」と言われ、彼とキャッチボールをしました。それが面白かったようで、次の日に12人の子どもたちを連れてきてくれました。

 

野球を教えていた子どもたち

 

野球を何も知らない子どもたちに、投げ方、打ち方、ルールなど、まさに一から教えていきました。時には本気で怒りながら同じことを何度も何度も根気強く注意し、指導していきます。時間通りに集まろう、話している時は相手の目を見よう……、野球を教える以前に、コミュニケーションの基本から教えていくことになりました。

 

選手たちと向き合いながら、一つ一つ教えていきました

 

 

野球を通じて心の成長を見られること

それが何よりも嬉しかった

 

僕は子どもたちの可能性を決して否定せず、信じることに決め、要は「人を作ることから」という思いで、何度も約束を破られながらも野球を教えてきました。すると、夏休みの猛練習の成果もあり、指導し始めてわずか2カ月ながら、大会では、なんと準優勝を飾るまでになりました。

 

U-12西アフリカ大会で準優勝した時の様子

 

そうしているうちに、子どもたちは、投げて渡していたグローブやバットを手渡すようになり、集合に1時間遅れていたのが30分遅れになり、やがて時間前に集まって練習を始めるようになりました。相手を思いやること、感謝の気持ちを持つことなど、気持ちの上での成長も見られ、それが何よりも嬉しかったのを覚えています。

 

子どもたちの成長を記録した動画

 

 

「国際試合は裸足」「傷んだボールを手で縫う」

そんな環境でも夢を追い続けて欲しかった

 

野球に打ち込む子どもたちを見て「この国で野球を広める人材になってほしい」と願いました。しかし子どもたちは「親から金にならないことは辞めろと言われる。家の手伝いもあるから、野球ばかりやっているわけにはいかないんだ」と言います。

 

ブルキナファソは1日100円未満で暮らすと言われるほどに貧しい国で、国際試合でも子どもたちは靴がなく裸足でプレイしました。行方不明になったボールをみんなで30分かけて探したこともあります。傷んだボールやグローブは僕が縫って直し、何度も使いました。

 

ボロボロになったボールも何度も使い続けました

 

 

「必ず戻って来る。それまで野球を続けていてくれ」

子どもたちと交わした2年越しの約束

 

「野球を続けたいなら、プロの世界を目指してみようよ」青年海外協力隊の任期終了が迫っていたころ、僕は野球を教えていた子どもたちにこんな提案をしました。そして「2年後に戻ってくる時まで、モチベーションを下げずに野球を続けていてほしい」と約束し、2010年3月、僕はブルキナファソを離れました。

 

子どもたちは約束を守り、2年間野球を続けてくれました

 

 

僕は約束を背負い、現地に戻った。

日本でプロ野球に挑む選手を見つけるために

 

2012年11月、僕は約束を守り、再び現地に戻りました。日本のプロ野球に挑む選手を選ぶためです。そこで選ばれたサンホ・ラシィナくんは今、2年間の訓練を経て、高知ファイティングドックスの登録選手となりました。

 

高知ファイティングドックスで活躍するサンホ・ラシィナ選手

 

ラシィナくんの渡日が決まった時、彼のチームメイトはこう言いました。「うらやましいと思う。でもラシィナが日本に行くのは僕たちのチャンスでもある。彼が日本で野球を頑張って、また戻ってきたら、その経験は僕たちの経験にもなる。彼がいない間、僕もここで野球を頑張りたい。」その時「僕もいつか日本に行きたいけどね」と加えることも忘れませんでした。

 

子どもたちはラシィナくんに続く、
プロ野球選手になりたいと思うようになりました

 

 

野球のプロモデルがある日本で学び

西アフリカ大会の頂点に!

 

彼らに夢を追い続けることの大切さを知ってほしくて、過去に何度か子どもたちを日本に招き、野球の世界観を知るためのプロやアマとの交流を行ないました。日本には野球のプロモデルがあるために、野球を行なう上で必要な技術や練習方法、無駄のない体の使い方などを学ぶことができました。日本に招いた一人であるザブレ・ジニオくんは2011年に西アフリカ大会で最優秀選手賞を受賞しました。

 

帰国後、子どもたちはグラウンド整備を進んで引き受けるようになり、練習に関しても子どもたちのほうから自ら進んで取り組んでいきました。練習開始時と終了時にはグラウンドに礼をするまでになりました。僕は彼らの姿から「自発的でなければ、人は成長しないんだ」と気づきました。

 

2014年 北海道日本ハムファイターズの公式戦での始球式を
させていただいた時の様子。選手はとっても嬉しそうです。

 

 

アフリカ野球の未来を担う

子どもたちを応援してください

 

野球指導は後任の協力隊員に引き継がれ、当初30人だった競技人口も今では400人になりました。「日本から支援はできるけれど、発展させるのは、現地の人々」そう考え、物資の支援ではなく、あえて人々の成長につなげる支援を選んできました。

 

教え子の一人は「野球を知って、新しいことに挑戦することが面白くなった。学校でも、勉強で新しいことに取り組むのが楽しい。挑戦するっていいね」と話してくれました。

 

まだ、生まれて間もないブルキナファソ野球。根付くのには10年、20年かかるでしょう。そのころ、主軸となって引っ張っているのは今の子どもたちです。ラシィナくんに続く選手を輩出するために、どうか応援をお願いいたします。

 

夢を追求することの素晴らしさを知った彼ら

 

 

 参加選手について

 

ブルキナファソ~BurkinaFaso~

 

1)Kafando Hamidou 

カファンド・アミドウ (18歳) 投手・内野手 

 

 

2)Ouedoraogo Nombamba Moussa

ウエドラオゴ・ノンバンバ・ムサ (18歳) 内野手

 

 

3)Bonkoungou Aboubakar Kader 

ボンコング・アブバカル・カデル (18歳) 外野手

 

 

4)Sanon Hamidou

サノン・アミドウ (19歳) 内野手・捕手

 

 

5)Dao Moustapha

ダオ・ムスタファ (21歳) 内外野手

 

 

6)Sanou farice Ussene

サヌー・ファリス・ユセンヌ (18歳) 外野手・投手

 

 

7)Sanfo Lassina

サンホ・ラシィナ (18歳) 内野手

四国アイランドリーグplus 高知ファイティングドッグス

 

コートジボアール~Côte-d'Ivoire~

8)Messanh Yao Raphaël

メッサン・ヤオ・ラファエル (17歳) 外野手

 

 

9)Konkpe Gogoua Juste

コンペ・ゴゴウア・ジュスティ (14歳) 外野手

 

 

ガーナ~Ghana~

10)Michael Aklesi

マイケル・アクレシ (18歳) 捕手

 

 

11)Henry Kotei Nikoi

ヘンリー・コティ・ニコイ (17歳) 投手

 

コーチ(ブルキナファソ)

12)Sawadogo Boukare

サワドゴ・ブッカレ

 

 

 

スケジュールについて

 

プロジェクトのダイジェスト動画

 

6月27日  日本来日

6月27日~7月8日

北海道芦別市の合宿所にて練習、市民交流、親善試合など予定。

 

7月2日 旭川市において 大学、社会人との親善試合(予定)

7月3日 芦別、富良野市の社会人チームとの親善試合(予定)

7月9日 札幌大学の学生との交流 野球部との親善試合

7月9日~7月18日

北海道洞爺湖町にて滞在。練習、市民交流、親善試合などを予定。

 

7月17日

日本ハムファイターズOBチームVS西アフリカ選抜  室蘭市 新日鉄球場

 

7月19日~7月25日 高知県越知町滞在

市民交流、高知ファイティングドッグスとの親善試合

 

7月25日~7月末まで

関西滞在 大学、社会人との親善試合を予定

 

8月1日~9日まで 関東滞在 大学、社会人との親善試合を予定

8月10日 帰国

 

2016年1月に行われた西アフリカ選抜セレクションの様子

 

 

資金の内訳について

 

■ 来日選手らの渡航費:約240万  
→ 日本ーブルキナファソ往復渡航費は1人あたり20万円かかります。12人分の渡航費を集めるため、240万円が必要になります。


■ 滞在費:約60万

1人あたり5万円として計算しています(食費、国内移動費など約1ヶ月半滞在予定)


■ 野球用具購入費:約50万

→ 選抜チームユニフォーム作成費、バットやボールなどの購入費となります。彼らは貧しく野球用具を購入する資金がありません。

 

ブルキナファソ初のプロ野球選手 サンホ ラシィナ選手(高知ファイティングドッグス)

 

 

リターンについて

 

2015年 北海道日本ハムファイターズとの交流

 

【プロジェクト参加者として楽しみながら支援できるコース】【いただいたご支援が全て野球少年のために使われるコース】を用意しています。

 

【いただいたご支援が全て野球少年のために使われるコース】

3,000円、10,000円、30,000円、50,000円、100,000円

■ サンクスメール(野球少年たちの写真付き)

 

【プロジェクト参加者として楽しみながら支援できるコース】

10,000円

■ サンクスメール(野球少年たちの写真付き)

■ プロジェクトの様子を収めたフォトブック

■ 西アフリカ選抜チーム限定バッジ

■ ブルキナファソ野球オリジナルTシャツ(Lサイズ)

 

30,000円

10,000円に加え、

■ 選手の寄せ書き入り ユニフォーム

■ 選手サインボール

 

50,000円

30,000円に加え、

■ 球団とのコラボグッズお土産

 

100,000円

50,000円に加え、

■ 野球少年の試合見学

 

500,000円

100,000円に加え、

■ 選手が使用するユニフォームにお名前or企業名(ロゴも可)を記載

■ 選手との交流権

 

1,000,000円

500,000円に加え、

■ 選手が試合時に使う横断幕にお名前or企業名(ロゴも可)を記載

■ 選手の渡航期間中、ご自宅、オフィス、イベント会場等全国

どこでも選手がご挨拶に伺います!


最新の新着情報