キャンプ開催に向ける準備の進行状況を報告したいと思います。

 

5月半ばに入りまして、キャンプの施設の予約も完全に確認できて、アーティストの募集も終わりました。今週からアーティストを紹介していきたいと思いますが、その前に、キャンプ用の施設である未来館大明をご紹介します。

 

未来館大明は、池袋駅から徒歩約10分のところにあり、ボランティアの方達からも通いやすい場所だと思います。また、廃校であるために細かい教室に分かれていて、3階部分を丸ごと借りるので、児童養護施設の子供達も周りの人達を気にせずにキャンプに参加できます。3年生から高校3年生という、幅広い年齢の子供達が参加するため、ボランティア達にとっても目が行き届きやすいように3階全てを予約しました。今回、この施設の利用料金は、115万円となります。

 

午前は、子供達を4つの学年別のグループに分けて、絵画、陶器、作曲・編曲・作詞、及びフォトグラフィーとビデオ編集のワークショップを開催します。これらを、下記の教室で行います。

午後は、子供達が自分の好きなワークショップを選択することができるため、色々な学年の子供達が各グループに混ざって参加することになります。ワークショップの種類は、壁画、ダンス、カップケーキの飾り付け、宝石づくり、Tシャツのデザイン、年賀状作り(この年賀状を、一万円以上を寄付していただいた皆様にプレゼントさせていただきます)、及び、ITプログラミングを利用してアートを作るワークショップも二つ開催します。

 

では、今後、アーティストとワークショップの内容を掲載していきますので、どうぞ宜しくお願いします。

 

 

新着情報一覧へ