ここが本当に横浜市内なのでしょうか? お恥ずかしながら、横浜に生まれ、半世紀ほど横浜に住んでいながら、初めて知った驚きがありました。今日撮って来たばかりの大岡川水源地の半水面写真(半分水中、半分陸上)です。

横浜のみなとみらいに流れ出す大岡川。下流域は濁り、かつてはドブ川とも呼ばれるほど汚かった川。最近は少しは水はキレイになったものの、上流からプラスチックゴミなどが大量に流れ、海に流出しています。

私は、この川を子どもたちと一緒にキレイにして、ここをモデルパターンとして、全国各地で子どもたちと一緒に里海・里川をキレイにしていくプロジェクトを打ち立てています。

そこでこの川をもっと知るために、最上流部の調査に出かけました。大岡川の源流は、市内磯子区の氷取沢(ひとりざわ)奥地にありました。円海山(えんかいざん)の途中から滲み出した水が集まり、大岡川の源流となっています。この辺りには、夏になるとホタルが舞うとの話も聴きました。

子どもたちと、ゴミ拾いをして、夏には源流まで登り、ホタルも観てくる。水源地から河口までの環境を守る。こんな水の学びを通じて、環境問題に子どもたちと真っ向から立ち向かいます。

みなさまご支援のほど、なにとぞよろしくお願いいたします! 

新着情報一覧へ